都市ガスの契約費(工事費用と初期費用)はいくら?【プロパン乗り換え】

プロパンガスから都市ガスに乗り換えるときには引き込み費用というものが発生します。

引き込み費用というのは、いわゆる工事費用のことです。

都市ガスは地下のガス管からガスを送る仕組みになっていますが、そのガス管を自分の家まで引き込む工事が必要となります。

工事費はいくら?

一般的に、都市ガスの引き込み工事の相場は10万円~20万円と言われています。

実際の値段は見積もりをしなければわからないですが、平均して15万円ほどが目安となります。

値段が高くなる条件

家の立地によっては工事費用が30万円以上になることもあります。

工事費が高くなるのは家とガス管の位置が離れている場合です。

道路に埋まっているガスの本管(太いパイプ)が家から遠いときは、30万超えの費用が発生する可能性があります。

かかる費用を判断する

道路から敷地内までの工事

家の前の道路にガス管が通っている場合
→敷地内までの費用はガス会社が払ってくれる

家の前の道路にガス管が通っていない
→道路のガス管を増やす工事費が発生する

敷地内から自宅までの工事

基本的に
→自分で工事費を払う

敷地内から自宅までの工事費は自分で払います。

その他の費用

プロパンガスで使っていたガス機器(コンロや給湯器)を都市ガスに対応させる費用が発生します。

部品交換で対応できる
→交換費用かかかる

部品交換で対応できない
→機器を新しく買い替えなければいけない

初期費用は工事から部品交換までをあわせ平均15万円です。

対応の内訳目安は以下の通りです。

  • ガスコンロ 約1万円
  • 給湯器 約3万円
  • 作業費 約1万円

乗り換えて15万円以上の節約になるか

毎月のガス代が安くなったとしても、初期費用の15万円を取り返せなければ損してしまいます。

損しないボーダーラインを考えてみましょう。

毎月のガス代

プロパンガスの料金は都市ガスの2~4倍かかります。

プロパンで毎月1万円払っているなら、都市ガスに乗り換えることで半額の5,000円に抑えることができます。

毎月5,000円ずつ得をするので1年間で6万円の節約。

3年間で18万円の節約。

つまり、3年あれば初期費用の15万円を取り返せることになります。

この先も10年、20年とガスを使っていくのであれば早いうちに都市ガスに乗り換えておくと大きな節約になります。

乗り換えの流れ

プロパンから都市ガスに乗り換えるときは以下のような流れになります。

  1. サイトで申し込み
  2. 電話で相談
  3. 現場を見て見積もり
  4. 契約
  5. 工事

都市ガスは工事が必要な関係上、現場を見ての見積もりとなります。

見積もり金額は上記でも説明したように、「ガス管と家の距離」や「ガス機器の対応状況」によって決まります。

初期費用を払いたくないとき

見積もりをしたら「初期費用で30万円かかる」と言われた……。

最終的には取り返せるかもしれないですが、最初に30万円を払うのはリスクが高いように感じる人もいるでしょう。

また、立地によっては50万円の工事費がかかることもあるようです。

都市ガスの初期費用が払えない・払いたくないという人には、乗り換えを辞めるという選択肢もあります。

プロパンのまま料金を安くする

乗り換えを辞めてプロパンガスを継続します。

プロパン会社を変更することで料金を節約できます。

しっかり見積もりを取って比較すれば約30%のガス代節約に期待できます。

安くするコツ

安くするコツは引っ越し業者を選ぶときと同じ。

複数の会社から見積もりを取って比較することです。

プロパンのガス会社変更については次のページで解説しています。

関連記事

ガスの販売は一部の企業が独占して権利を持っていることが多かったのですが、ガスの自由化によって都市ガス・プロパンガスともに透明化の動きが見られます。 ガス会社の変更タイミングと言えば以下の3点が一般的。 引っ越しでガスを新規契約[…]

ガス乗り換えサポート一覧
料金の適正化やガス会社切り替えのサービス一覧です。

名前内容
エネピ
プロパンガスの無料見積もりができるサイト。1分くらいの入力内容で安いガス会社を探せる。
切り替え手続きのサポートもあり。
エネピのサイトを見てみる
ガス屋の窓口
住んでいる地域で一番安いガス会社を教えて貰えるサイト。ガスが不当値上げされた時の返金制度あり。
【ガス屋の窓口】を見てみる