都市ガス自由化でガス代を節約できる?本当に品質は悪くならないの?

自由化のデメリットも。

2016年に電力自由化があり、2017年には都市ガスの自由化がありました。

ガスの自由化とはどんな内容なのか、ガス代はどう変わっていくのか。よくわからない人も多いのではないでしょうか。

節約で重要となるガスの自由化で毎月のガス料金を安くできるかを中心に、ガスの自由化についてまとめました。

ガスの自由化とは

自由化って何が変わったの?
自由化の仕組みを説明するニャ!

ガスは3種類

ガスには大きく分けて都市ガスLPガス(プロパンガス)の2種類があります。さらに特殊な例として、簡易ガス(団地ガス)というものもあります。

プロパンガス
→もともと自由化されている

自由化というのは、利用者がガス会社を選べるということです。

プロパンは好きな会社を選べます。

都市ガス
→自分では選べない

都市ガスは自分で選べません。地域ごとに使える都市ガスが決まっているため、住んでいる場所によってガス会社が決まります。

ガスを選ぶとは?

一戸建ての場合は家主が、賃貸の場合は大家さんがガス会社を選びます。

たとえば私が、自己所有の一戸建てでガス契約をしたいとします。

私は最初に、

  • 都市ガスと契約
  • プロパンガスと契約する

このどちらかを選びます。

都市ガス

都市ガスは地下のガス管を通してガスが送られてきます。料金が安いという特徴があります。

プロパン

プロパンは家の外にガスタンクを置き、定期的に業者がガスを運んできてます。

料金は高いですが、災害があってガス供給が止まっても、タンクが無事ならガスが使えます。

選んだあと

プロパンを選んだ場合、私は数あるプロパン会社の中から好きな会社と契約をします。料金やサービスなどを比較して選ぶことができます。

都市ガスを選んだ場合、契約する会社は決まっています。その地域に固定された会社と契約します。

自由化になって何が変わる?

都市ガスが自由化になったことで、都市ガスでも好きな会社と契約できるようになりました。

これがガスの自由化です。

都市ガスを提供する会社

住んでいる場所によって都市ガスを提供する会社は違います。

たとえば東京地区であれば、

  • 東京ガス
  • ニチガス
  • レモンガス

といった会社がガスを提供しています。

ガス管を新たに工事するの?

今まで東京ガスだった人が、レモンガスに乗り換えたとします。

この場合もガス管はそのまま使えます。

レモンガスが使うガス管は東京ガスと共通です。東京ガスがガス管を貸し出しているため、ガス管を新たに作る必要はありません。

自由化のメリット

自由化のメリットは3つあります。

  • ガス会社を自由に選べる
  • 毎月のガス代を安くできる
  • ガス会社同士で競争が起こる

1つ目はガス会社を選べることです。これは上にも書いた通り、シンプルなメリットですね。

次はガス代を安くできることです。

料金の安い会社と契約すれば、今よりもガス料金を節約できます。

そして最後の「競争」です。

普通、会社はサービスや価格で競争をしています。

コンビニなら、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートが常に新しいサービスを提供していますよね。ライバルに負けられないからです。

しかしこれがセブンイレブンの1社だけだったらどうでしょう。価格を高くしても、サービスが古くても問題ありません。ライバルがいないからです。

都市ガスは地域で会社が決まっていました。つまり、ライバルがいませんでした。競争が起きないのでサービスが向上しないというデメリットがあったのです。

都市ガスの自由化により、この問題がなくなります。

自由化のデメリット

自由化のデメリットは、地方の状況はあまり変わらない可能性があるというものです。

他の企業がガス事業に参入しないと
→会社を選べる状況にならない

自由化になってもガスを提供する会社が増えなければ意味がありません。そして、地方ではガス事業への参入は少ないと予想されています。

自由化の不安なところ

ガス会社の変更は安全?
ガスの品質は同じニャ!

緊急時に対応してくれる?

ガス会社を変更しても緊急時の対応は同じように受けられます。

ガスの品質が悪くなるんじゃ?

会社を変更しても、提供されるガスは同じです。従来の都市ガスがレンタルで貸し出しているからです。

会社が変わってもガスの品質は変わりません。

コンロはそのまま使える?

ガス会社を変えたらコンロが使えなくなって買い直し……なんてことになったらガス会社を変更する意味がありませんよね。

都市ガスの切り替えをしてもコンロはそのまま使えます。

契約した会社が倒産したら?

いきなりガスが止まるようなことはありません。事前に連絡があるので、そのときに新たなガス会社と契約するだけです。

契約した会社が夜逃げしたら?

そんなことはありえませんが、もしも事前連絡なしにガスの供給をストップしたら?

この場合も大丈夫です。

ガス管を貸し出している従来の都市ガス会社がガスを提供するルール(法律)になっています。ガスや水道は生活インフラなので国に守られています。

住んでいる場所で契約できるガス会社

どこのガス会社と契約できるかは経済産業省のサイトで公開されています。

自由化でいくら安くなる?

1番気になるポイントは、自由化によってガス料金を節約できるかどうかです。

ガス料金が本当に安くなるかをシミュレーションしてみましょう。

東京ガスで毎月のガス料金が平均5,000円だったとします。

ここから別の会社の乗り換えると……。

毎月280円~400円程度の節約!

毎月280円だったとしても、10年使えばかなりの節約を見込めます。

セット契約でさらに安い

スマホを契約するときに、オプションをつけると割引が増えたり、家にひかり回線をつけると割引が増えたりしますよね。

ガスにもセット割があります。

ガスと一緒に電力の契約もすることで、ガスの金額をさらに下げることが可能です。

ガス乗り換えサポート一覧

料金の適正化やガス会社切り替えのサービス一覧です。
名前内容
エネピ
プロパンガスの無料見積もりができるサイト。1分くらいの入力内容で安いガス会社を探せる。
切り替え手続きのサポートもあり。
エネピのサイトを見てみる
ガス屋の窓口
住んでいる地域で一番安いガス会社を教えて貰えるサイト。ガスが不当値上げされた時の返金制度あり。
【ガス屋の窓口】を見てみる