GoogleKeenの使い方まとめ

Google Keenって何?

keenの使い方

Keenは、新しい情報収集サービス。

簡単に言うと、Naverまとめのようなページを、自動で作ってくれるものです。

  1. キーワードを設定する
  2. 関連する情報をオートで集めてくれる
  3. まとめて表示される

自分の興味のある情報だけを、1ページでチェックできます。

人工知能でページが拡張されていく

集まった情報一覧から、お気に入りを選んでいくと、自分の好みが反映されます。人工知能が学習し、好みのまとめに変わっていきます。

まとめページは、個人だけで見ることもできるし、シェアすることもできます。

Keenの使い方

Keenは、Webサイト版と、Androidアプリ版があります。

アプリ版の使い方(失敗)

スマホ(Zenfone 5Z)で試したところ、以下のダイアモンド画面から先に進めませんでした。

Keenのダイヤモンド

まだまだ対応していないスマホが多そうです。

おおまかな使い方の流れは同じなので、Webサイト版をベースに紹介していきます。

Webサイト版の使い方

サイトを開いたら「Sign in with Google」ボタンを押します。

Googleのアカウントを入力してログインしてください。
以下のような画面が出ます。

Keenログイン後

他の人が作ったテーマをフォローする

一覧の中から興味のあるテーマを選びます。
今回は、Paper art(折り紙)を選びました。

Keenのフォロー

折り紙のまとめが表示されます。

まとめ詳細

シェアボタンを押すと、このページのURLをシェアできます。

フォローすると、自分のマイページに、テーマ「折り紙」の情報が表示されるようになります。

自分でテーマを作る

KeenのTOPページにある+ボタンを押します。

Keenのテーマを作る

テーマを決めたら「NEXT」を押します。

Keenのテーマ作成

収集したい情報に関するキーワードを入力します。

Keenのキーワード登録

「Suggestions」のところで候補のワードが表示されるのですが、変なワードが並んでいます。まだ日本語対応が甘いようですね。

詳細を設定する

キーワードを入力したら「> MORE SETTINGS」を押します。
テーマを公開するかどうか選びます。

Keenの公開設定

設定が終わったら「CREATE(クリエイト)」ボタンを押します。
これでテーマ作成完了です。

Keenのテーマ完成

※Allow community suggestions(コミュニティの提案を許可する)の意味がわかりませんでした。分かり次第追記します。

テーマを育てる方法

先ほど作った「節約」のテーマを選ぶと、節約情報が一覧で表示されます。

育てる前は、英語の情報や、中国の情報が混ざっています。

keenの詳細情報一覧

お気に入りで育てる

気に入った情報のダイヤモンドマークを押すことで、テーマが最適化されていきます。

ダイヤモンドでお気に入り

Keenのお気に入りは「GEMS(ジェムズ)」という名前になっています。情報をGEMSに登録していくことで、まとめが改善します。

今回、日本語のページをGEMSに追加したところ……。

keenリストの改善

ページが節約に特化され、日本語のページが中心になりました。

以上が、GoogleKeenの簡単な使い方になります。
Keenの使えば、興味のあるコンテンツに絞って情報を得られます。