歯磨き粉を使い切る方法【103円の節約】

歯磨き粉の使用量(平均)は1年間で6.29本!

チューブに残ってしまう歯磨き粉を、最後まで使い切ると103円の節約になります。

歯磨き粉を使い切る方法

歯磨き

逆さま置きは逆効果になることもある

歯磨き粉がよく出るように、逆さま置き(キャップを下にして立てる)をしますよね。

歯磨き粉によっては逆効果です。

チューブを絞ったとき、水っぽい感じで出てくる歯磨き粉はダメです。

逆さま置くと、水分がキャップ側に集まってしまいます。

ケチャップも逆さまに置くと水分が溜まります。ちなみに、マヨネーズは逆さまにしてOKです。

チューブ絞り器を使う

歯磨き粉を最後まで使う方法と言えばコレ!

チューブを挟めば、限界まで歯磨き粉を絞ることができます。
ハンドクリームにも使えるので、ほかのチューブを絞るときにも便利です。

絞り器で12.9円の節約

絞り器を使うと、普通に使ったときより6回は多く歯磨き粉を使えます。
歯磨き粉は1回あたり2.15円!

6回分で12.9円の節約になります。

絞り器が使えるもの一覧

  • 歯磨き粉
  • ハンドクリーム
  • 洗顔フォーム
  • わさび
  • からし
  • しょうが
  • にんにく

絞り器は通販のほか、100円ショップ(ダイソー)やニトリにも売っています。

割り箸を使って絞る

割り箸

「絞り器を買わずに絞りたい!」というときに使える方法がこれ。

チューブを割り箸で挟んで、割り箸をくるくると回転させるだけ。
手を使うよりも綺麗にチューブを絞れます。

くるくるは、かっぱ巻きを作るときの感じです。

チューブをハサミで切る

ハサミ

絞りきったチューブをハサミで切れば、さらに歯磨き粉を残さず使えます。

ハサミで4.3円の節約

ハサミでカットすると2回は多く歯磨き粉を使えるので、4.3円の節約になります。

品質が落ちる点に注意

チューブをハサミで切ると、空気に触れる量が増えます。

ハサミを入れてから何日も放置すると、どんどん歯磨き粉が劣化していきます。

なので、最初は絞り器で限界まで絞って、最後にハサミで切る方法がおすすめです。

以上、歯磨き粉を使い切って節約する方法でした。
絞り+ハサミを使った方法で、合計103円の節約になります。節約の参考にしてください。

ちなみに、節約金額の細かい計算はこんな感じです。

全国平均では1年間に歯磨き粉を6.29本(1本140グラム)使ってます。365日、朝と夜の2回使ったとすると、1回あたり1.2グラムを使います。歯磨き粉1本250円とすると、年間の歯磨き粉代は1,572円。1回の歯磨きに2.15円がかかります。歯磨き粉のチューブをしっかり絞ると6回はプラスして使えますし、カットすればさらにプラス2回くらい使えます。1本を使い切ることで17.2円の節約。1年間で6本分なので合計103円の節約になります。

次のページでは、歯磨き粉の節約術を紹介しています。

関連記事

歯磨き粉の量を減らすだけで、年間1,048円節約する方法を紹介します。 歯磨き粉の節約 歯ブラシにつける歯磨き粉の量を3分の1に減らすだけで、年間1,048円の節約効果があります。 詳しく見ていきましょう。 […]

暮らしの節約