ヒーター・ストーブの選び方~全種類をわかりやすく

「どのストーブをどこに置くのがいいの?」「ファンヒーターとセラミックの違いは何?」「パネルヒーターとオイルヒーターの違いは?」といったかた向けに暖房器具の選び方についてまとめました。

ヒーター・ストーブの種類ニャ!

種類 燃料 温め方
ファンヒーター 灯油 温風が出る
セラミックファンヒーター 電気 温風が出る
石油ストーブ 灯油 灯油の燃焼
ハロゲンヒーター 電気 ランプの熱
遠赤外線ヒーター 電気 カーボンの熱
パネルヒーター 電気 パネルの熱
オイルヒーター 電気 オイルの熱

ファンヒーターと石油ストーブはどっちが温かい?

どちらも灯油を燃やして熱を得るので、同じ量の灯油を燃やせばエネルギー量は同じです。

2つの違いは部屋の温まり方です。

ファンヒーター
→温風を放出するので、暖かさが部屋を循環する

石油ストーブ
→熱がストーブの上(天井)に溜まりやすい

長時間つけるなら石油ストーブも部屋全体に熱が伝わっていきます。

ヒーター・ストーブの特徴ニャ!

ファンヒーター

灯油を燃やして温かい空気をファンで放出する暖房です。

メリット

  • 温風が広がる範囲を素早く温められる
  • 部屋全体を集める暖房力もあり

デメリット

  • 灯油が燃えるので換気が必要
  • 燃焼の臭いがする
  • 灯油代と電気代の両方がかかる

詳しくはこちら。

セラミックファンヒーター

セラミックヒーターや電気ファンヒーターとも呼ばれます。

電気を使ってアルミを熱して温風を放出します。

メリット

  • 燃焼がないので空気が汚れない
  • 燃焼がないので換気が少なくてもよい
  • スイッチを入れてから短時間で温風が出る
  • 価格が安い

デメリット

  • 空気が乾燥する
  • 部屋全体を温める力が弱い
  • 電気代が高い

詳しくはこちら。

石油ストーブ

灯油を燃やした熱で部屋を温める暖房です。

メリット

  • 暖房能力が高い
  • ストーブの上でお湯を沸かせる
  • 電気代が殆どかからない

デメリット

  • 灯油が燃えるので換気が必要
  • 温風タイプと比べて火事の可能性が高い

詳しくはこちら。

電気ストーブ

ハロゲンヒーター

ハロゲンランプから発生する熱で部屋を温める暖房です。電気を使って動かします。

メリット

  • 火を使わず安全性が高い
  • 頻繁な換気が必要ない

デメリット

  • 部屋全体を温めるのには向かない

詳しくはこちら。

遠赤外線ヒーター

カーボンヒーターとも呼ばれます。電気を使って温める仕組みはハロゲンヒーターと同じです。

メリット

  • ハロゲンより暖房能力が高い
  • 電気代が安い
  • 火を使わず安全性が高い
  • 頻繁な換気が必要ない

デメリット

  • 部屋全体を温めるのには向かない

詳しくはこちら。

パネルヒーター

電気を使って薄いパネルを温め、間接的に周囲を温める暖房です。

メリット

  • 空気が汚れず頻繁な換気がいらない
  • 火を使わないので安全性が高い
  • 薄いので狭い部屋にも置ける

デメリット

  • パネルの周囲しか温かくならない

詳しくはこちら。

オイルヒーター

電気の力で、暖房器具の中に入ったオイルを温め、間接的に周囲を温める暖房です。

メリット

  • パネルヒーターより暖房力が高い
  • 空気が汚れず頻繁な換気がいらない
  • 火を使わないので安全性が高い

デメリット

  • パネルヒーターより厚みがある
  • 電気代はパネルヒーターの1.2倍程度

詳しくはこちら。