パネルヒーターの選び方!部屋用、デスクワーク用、ペット用で選ぶ

パネルヒーターを選びの基準は?
→部屋の広さにあったパワーがあるかどうか

パネルは大きな部屋に効果がない?
→パネルは暖房力が弱い。広い部屋ならオイルヒータが良い

コスパの高いメーカーは?
→安いのは山善。コスパならデロンギ

パネルヒーターを比較しました。

パネルヒーターの基礎知識ニャ!

パネルヒーターって何?

電気を使ってパネルを温め、間接的に周囲の空気を暖める暖房器具です。

メリット

  • 空気が汚れない
  • 頻繁な換気が不要で、乾燥しにくい
  • 火を使わないため安全性が高い
  • 省スペースで、置き場所を確保しやすい

デメリット

  • パネルの周囲しか温かくならない
  • 部屋が暖まるまでに時間がかかる

選び方のコツを紹介ニャ!

暖房力で選ぶ

パネルヒーターは、どれくらいの出力があるかによってパワーが決まります。

性能の高いものであれば、弱450w、強900wといったようにパワーの切り替え機能がついています。

  • 限定スペースの暖房なら400w程度
  • 部屋を暖めるなら最低600w以上
  • メイン暖房にするなら900w以上が推奨

タイマーで選ぶ

時間になると自動で電源を消してくれる機能です。

  • 寝る前の利用に最適
  • 寝室を1時間だけ暖めるなど
  • 自動オフ搭載機種なら消し忘れにも対応

おすすめのパネルヒーターニャ!

安さ重視なら

山善のDP-B165です。

温度調整機能がないシンプルな設計で、スイッチのオン・オフだけでかんたんに使えます。

  • 暖房能力は低め
  • やけどしにくい
  • オフィスでのデスクワークに最適
  • 足元をあたためるのに便利

さらに安いのは

グリーンウッドのパネルヒーターです。山善よりもパワーが少し弱いです。部屋を温めるというより、足元を温める用途に向いています。

グリーンウッド 2WAY暖房機 パネルヒーター&足温器 GMP-154

グリーンウッド 2WAY暖房機 パネルヒーター&足温器 GMP-154

5,378円(09/23 11:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

消費電力が低いため、ペット用の補助暖房が欲しい人にも人気です。

コスパの高い機能重視なら

デロンギのHMP900Jです。

デロンギ マイカパネルヒーター 2~6畳 ブラック HMP900J-B

デロンギ マイカパネルヒーター 2~6畳 ブラック HMP900J-B

13,512円(09/23 11:23時点)
Amazonの情報を掲載しています
  • パネル全体から効率的に暖める
  • 450wと900wのパワー切り替えが可能
  • サーモスタット機能により、設定した温度を保ってくれる

足元を暖めるだけでなく、適用畳数2~6畳の暖房としても使えます。

HMP900Jの評価

60件中、45人が星4以上の高評価をしています。

高性能で選ぶなら

アラジンのAJ-P10DCです。

アラジン 加湿機能付きパネルヒーター ブラック AJ-P10DC

アラジン 加湿機能付きパネルヒーター ブラック AJ-P10DC

30,800円(09/23 11:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

最大1,000wの暖房能力がありハイパワーの機種です。

  • 500w、1,000wのパワー2段階切り替え
  • オフタイマーあり
  • チャイルドロックあり
  • 消し忘れ時の自動停止機能あり

加湿暖房があるので空気が乾燥しません。

AJ-P100AKの評価

15件中、11人が星4以上の高評価をしています。

1,000wでは熱すぎるという意見と、暖房力が足りないという2つの意見があります。

この製品は石油ストーブほどの暖房力はありません。あくまでパネルヒーターの中でのハイパワーです。