シェアハウスの家賃は?共同生活で家賃を節約

この記事の所要時間: 151

シェアハウスって何?

どうして節約になるの?

駄目なところを知りたい!

シェアハウスとは

最近話題になっているシェアハウスとは、複数人が1つの家で共同生活をすることです。ハウスをシェア(共有)するというそのままの意味です。

シェアハウスの特徴

家の各部屋がそれぞれ入居者のプライベートルームになっています。部屋は自分専用の場所なので無断で誰かが入ってくることはありません。

部屋以外の場所はすべて共同のスペースです。

  • キッチン
  • リビング
  • トイレ
  • お風呂

などを皆で共有して使うことになります。

シェアハウスのメリット

家賃が安い

一軒家を借りる分の金額をシェアする全員で分割するため、1人あたりの家賃は低額です。4人で共同生活をするなら通常の4分の1の値段で済むことができるわけです。

話し相手が居る

リビングに行けば誰かが居るので話し相手には困りません。一人で住むのは寂しいというかたや、友達を増やしたいというかたにはメリットです。

シェアハウスのデメリット

共同で使う不便さ

トイレのタイミングが被って気まずかったり、好きな時間にお風呂に入れないという問題があります。お風呂は時間割が決まっているところもあれば、空いていたら早い者勝ちで使うところもあります。

共同で使う不快感

電車のつり革も触りたくないというような潔癖症のかたには辛い環境になります。

当番がある

当番制で食事を作るシェアハウスの場合、一人で全員分の食事を作らなければいけません。不味いものは作れないのでプレッシャーを感じてしまう人にはデメリットです。

セカオワ方式の友達シェアハウス

人気音楽グループセカイのオワリが続けている方式です。セカオワのメンバーは1つの家で共同生活をしています。

もともと友達同士なので、見ず知らずの人と暮らす不安感や不快感は生まれません。
気の合う友達同士で集まって共同生活をすると、

  • いつでも遊べる
  • 会うのに交通費がかからない
  • より深い関係を築ける

などのいいことが沢山あります。単純に家賃が分割されて安くなるので、お金に困っている友達が居たら共同生活を始めてみるのも一興です。