アクリルたわしって何?掃除での使い道はコレ!

この記事の所要時間: 419
手作りタワシがこんなに可愛い!!
可愛い見た目で掃除できるアクリルタワシの魅力を紹介していきます。

アクリルたわしって何?

アクリルタワシとは、アクリルの毛糸を編んで作ったタワシのことです。

食器洗いだけじゃなく、シンク磨き、排水口の掃除、お風呂掃除にも使えて、洗剤なしでも汚れを落とせるのがメリットです。

好きなアクリル糸を使って手作り可能なのが嬉しいですね。

アクリルタワシのメリット

見た目が可愛い

色々な見た目のアクリルタワシが売られています。

編み物が出来る人なら好きな見た目のものを自作できます。

色々な種類を作って頻繁に交換したり、キッチンとお風呂で色を使い分けるなど、見た目を工夫して使いやすくすることもできます。

洗剤を出来るだけ使わない

油分の少ない皿や、麺を茹でた鍋、炊飯ジャーの釜を洗剤なしで洗えます。

油を新聞紙で拭き取ってから使えば、多くの食器が洗えるようになります。

油でギトギトだと洗えないので注意してください。洗剤が一切不要というわけではなく、出来るだけ使いたくない人に便利なアイテムです。

茶渋が取れる

洗剤をつけたスポンジで擦るより、アクリルタワシのほうが湯飲みの茶渋を取りやすいです。

可愛いほうがテンションが上がるので、掃除道具は見た目も重要だと思います。アクリルで油を削ぎ取ることもできますが、それよりは磨き洗いに適しています。磨き洗いのときに使うと効果を実感できると思います。

アクリルタワシのデメリット

使い道がわからない

メリットで書いたように、油のない食器、シンク、お風呂掃除に使えますが、使い道がわからない人も多いようです。

食器にはだいたい油がついているので、どの食器を洗えばいいのかわかりづらいというのもマイナスです。

せっかく貰ったアクリルタワシなのに使い道がわからないんですよね。見た目が可愛いから使いたい!というかたは、この下で紹介するアクリルタワシの使い方から自分に合うものを探してみてください。

アクリルタワシの使い方

洗剤を一切使わない方法

紙で汚れを拭き取る、水につける、お湯で流す……といった予洗いをしてから洗剤を使わずにアクリルタワシを使う方法です。

アクリルタワシは使うたびに繊維が柔らかくなっていき洗浄力が落ちてきます。

洗剤をつけないのであれば頻繁に新しいモノに交換しましょう。

すすぎだけ使う方法

普通に洗剤をつけたスポンジで食器を1回だけサッと撫でておき、すすぎながらアクリルタワシで洗う方法です。

こうすることで油ものにも対処でき、アクリルタワシのピカピカに磨く力も発揮されます。

アクリル繊維が細かいのでミクロレベルの汚れをかき出してくれます。

洗剤をつけて洗う方法

ジュースを飲んだコップや、サラダの皿などは洗剤なしで洗い、油のついたその他の食器は洗剤をつけて洗う方法です。

どの食器をどうやって洗うか考えなきゃいけないのが難点です。

食器洗いに使わない方法

食器は洗わずシンクやお風呂掃除に使う方法です。

掃除道具として優秀なので、こちらのほうがアクリルタワシの良さを実感できます。

私の1番のおすすめがこれです。特にお風呂掃除は洗剤を使わなくても汚れをガンガン落とせます。浴槽、お風呂の床、洗面器も洗えます。その他には、玄関の床(石っぽいところ)や、スニーカーのゴムの側面にも使えます。

アクリルタワシのお手入れ方法

アクリルタワシは繊維で汚れを取るので、しっかり洗わないと汚れが蓄積してしまいます。

毎日洗ってローテーションするなら石鹸や洗剤、同じものを使い続けるなら定期的に除菌するのがいいでしょう。

毎日洗う場合の流れ

洗剤や石鹸をつけてもみ洗いする
干す(できれば太陽が当たるように)
干してある間は別のアクリルタワシを使う

通常の石鹸だけでなく、固形の洗濯石鹸を使っても洗えます。

ふきんを使ったあとに洗って干すような感覚ですね。頻繁に洗うことになるので細菌の繁殖を抑えられます。

除菌する場合

定期的に、次のどれかの方法で除菌します。

  • 洗ったあと熱湯で煮る
  • 酸素系漂白剤につける
  • 塩素系漂白剤につける

この他に、もとは毛糸なので洗濯機で洗う人もいるようです。洗濯機で洗うことはできますが、アクリルタワシに柔軟剤を使うのはNGです。繊維の硬さで汚れを落とすので、柔らかくしてしまっては掃除能力が激減してしまいます。

塩素系の漂白剤は色落ちします。色落ちしたくない時は”酸素系”を選ぶようにしましょう。

アクリルたわしの作り方

アクリルタワシ用の毛糸

アクリル100%の毛糸なら好きなものを選んでOKです。

↑カフェキッチンは、タワシ用の毛糸で、銀イオン(AG+)を配合しています。抗菌効果があるので食器洗い用を作るのに便利です。

編み方の動画

Warmy Crochetさんの編み方動画(37分)です。説明が丁寧なので、編み物自体が始めての人でも編めそうです。

関連リンク

スポンサーリンク

シェアする