自宅でカーテンを洗う方法!洗濯機を使わず1秒でキレイに

この記事の所要時間: 247
みんながカーテンを洗濯している回数○回!!
カーテンを自宅で洗う方法とカーテンをキレイに掃除する方法を紹介します。

カーテンを洗う頻度

カーテンを洗う頻度は家庭によって大きく差があります。まったく洗わない家庭から頻繁に洗う家庭まで様々。だいたいこの4つのタイプに分類できます。

  • カーテンを洗ったことがない
  • 年に1回カーテンを洗う
  • 半年に1回カーテンを洗う
  • 1~3ヶ月に1回カーテンを洗う

カーテンに関しては洗ったことがない人が多数派です。

理想は半年に1回

カーテンは宙に舞ったホコリを吸着だけでなく焼肉や焼き魚の煙も吸着しています。目には見えないだけで毎日汚れていくんです。

洗うなら半年に1回程度のペースが理想です。

あまりにも頻繁にカーテンを洗うと生地を傷めてしまいます。カーテンを長持ちさせるためにも半年に1回がバランスの取れたペースと言えるでしょう。

カーテンを洗わないデメリット

カーテンに汚れが溜まって匂いの発生源になることがあります。自分では慣れてしまって気づかなくてもお客さんが来た時に不快感を与えてしまうかもしれません。

また、カーテンはダニのすみかとしても使われます。厚手のカーテンは要注意。中にダニが繁殖してしまうと少しの掃除では退治できなくなります。

カーテンの掃除方法

カーテンは洗濯するだけでなく掃除することもできます。

掃除機の微弱モードを使ってカーテンに直接掃除機をかければホコリを吸い出せるので、半年に1回の洗濯でもカーテンをキレイな状態に保てます。

カーテンの洗い方

カーテンは自宅の洗濯機でも洗うことができます。

洗えるカーテンの見分け方

洗濯機に対応しているかどうかを調べるにはカーテンのタグをチェックします。

  • 洗濯オケのマーク
  • 洗濯機のマーク

このどちらかが書いてあれば自宅でも洗濯が可能です。逆に、×マークがついている時は自宅では洗えません。

洗えるカーテンの素材

洗えるカーテンの素材はポリエステルであることが多いです。

麻や絹を使った特殊なカーテンの場合はクリーニング屋さんに頼みましょう。

カーテンを洗う洗剤

基本的には普通の洗濯洗剤を少なめに入れればOKです。デリケートそうな生地だった場合はエマールやアクロンといったおしゃれ着用の洗剤がおすすめです。

レースカーテン

レースカーテンは引っかかりやすいので洗濯ネットに入れてから洗濯します。

白のカーテンが黒ずんでいるなら酸素系の漂白剤を加えて洗うと白さを取り戻します(強い生地のカーテン限定)。

カーテンの干し方

濡れたままのカーテンは重いのでカーテンレールで干すのはNGです。最悪壊れてしまうこともあります。

カーテンを干すときは物干し竿を使いましょう。

カーテンを1秒で綺麗にする方法

半年に1度の洗濯がカーテンをキレイに保つコツです。

そうは言ってもカーテンの洗濯って面倒ですよね。

そんな時に使えるのが瞬間お洗濯。ファブリーズの布用スプレーです。

スプレーするだけで消臭と除菌が両方できるので時間がなくても簡単に使えます。

最初に書いた通り、カーテンは洗わない人が多数派です。洗わない代わりにファブリーズで済ませるのが一番ラクに快適なお部屋を作るコツかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする