米のとぎ汁でフローリング掃除するとザラザラになる床がある?

この記事の所要時間: 48
米ぬか使ったら床がザラザラになっちゃった!!
フローリングに「とぎ汁」は昔ながらの知恵ですが、最近はやらないほうがいい床が増えています。それでは、とぎ汁を使った床掃除について見ていきましょう。

米のとぎ汁で雑巾がけ

洗剤代がいらないエコな掃除術と言えば、とぎ汁を使った床磨きです。

捨てるはずのとぎ汁を再利用するので、洗剤を減らすことなく掃除ができます。

とぎ汁を使って雑巾がけすると、フローリングをツヤツヤにできるのでワックス代も節約できます。

とぎ汁を使うメリット

  • 洗剤代が無料になる
  • 床に残った洗剤が赤ちゃんに触れない
  • 安全性が高い
  • ペットが舐めても害が少ない
赤ちゃんのいる家庭やペットのいる家庭では嬉しいですね。洗剤だとしっかり拭き取れず、床に残ってしまう場合もあります。その点とぎ汁なら拭き残しがあっても、もともと食べ物なので安全性が高いです。

とぎ汁で掃除をする効果

米ぬか、米のとぎ汁にはオリザオイルという成分が入っています。このオイルにはワックス効果があり、床に浸透させることでフローリングがピカピカになります。

1週間に1度くらいのペースで定期的に拭いていくと、ワックスの重ねがけにより床のピカピカ度アップです。

乾いたら意味がないのでは?

フローリングは木なのでオイル成分が浸透します。中までワックスが効くので、表面が乾いてしまっても問題ありません。

とぎ汁を使った掃除のやり方

とぎ汁の準備

お米をといだ時のものを取っておきます。

この時に覚えておきたいポイントは、掃除用は1回目の濃いものだけということです。

2回目、3回目のとぎ汁はどんどん薄くなっていくので効果が半減してしまいます。

ホコリを取る

拭く前に、フローリングのホコリを取っておきましょう。

ホコリが残った状態では上手く掃除することができません。

掃除機とモップを組み合わせると、しっかりホコリを掃除できるのでおすすめです。

雑巾で拭く

ホコリ掃除が終わったら、とぎ汁をバケツに入れて雑巾を浸します。

あとは雑巾を絞って拭くだけです。

この時、フローリングの木目に沿って拭きましょう。

|||

↑こういう木目なら上下に拭きます。



↑これなら横に拭きます。

雑巾を洗う

拭いていると途中で雑巾が汚れますが、とぎ汁のバケツで洗ってはいけません。

とぎ汁を汚さないように、別のバケツで水洗いをします。

床を全て拭き終わったら、自然乾燥させて掃除完了です。

やり方は普通の雑巾がけと同じですね。途中で雑巾を洗うのが面倒な時は、2~3枚の雑巾を用意しておけば、途中で洗わずに掃除を続けられます。

とぎ汁掃除の注意点

ペットがいる家庭

ペットは別の場所で待っていて貰いましょう。

床が乾かないうちの米のとぎ汁の上を歩くと、足に米ぬかの成分が付着してしまいます。ペットは床が乾いてから部屋に入れるほうが安全です。

カビが生える?

カビは水分があるところで繁殖するので、床をしっかりと乾かせばカビは生えません。

梅雨時など乾きにくい時期は、乾いた雑巾で仕上げ拭きすることで早く乾かせます。

臭いがするのでは?

米をといでいる時の匂いがします。市販ワックスの薬品臭と比べれば無臭に近いですね。

米のとぎ汁は保存できる?

米のとぎ汁は24時間以内に使うようにします。保存しておくなら冷蔵庫に入れましょう。

掃除のタイミングが難しいですが、米をといですぐに使うのが理想です。

しっかり除菌できる?

とぎ汁は安全性は高いですが、それだけでは掃除が不十分になります。

米ぬか、とぎ汁だけで掃除するのではなく、除菌効果のある市販品と組み合わせるのがおすすめです。

毎週とぎ汁で拭いておいて、1ヶ月に1回は市販洗剤で除菌するというのがいいですね。こうすれば、安全と清潔のいいとこ取りができます。

逆効果になる床はコレ!

とぎ汁での床掃除は、床によって逆効果になります。

効果のあるフローリング

とぎ汁の掃除が効果的なのは無垢材の床です。

無垢材とは、本当に「木の板」感があるフローリングのことです。

古いお寺の廊下や、ログハウスの床は無垢材であることが多いですね。

逆効果のフローリング

元からツルツルしている床は逆効果になります。

床を見た時、表面が光っていたり、木の上に透明の膜がかかっているような感じがしたら無垢材ではありません。

そのようなフローリングはワックスで磨いたほうが綺麗になります。

最近の床はコーディングされてるのでワックスのほうが適しています。安全性が気になる時は、天然素材だけを使ったワックスや、ペットがいる家庭用のワックスが売っているのでそちらを使いましょう。

関連リンク

ワックスの評価リンクです。

スポンサーリンク

シェアする