赤ちゃんがいても安全!畳の掃除方法とダニ対策まとめ

この記事の所要時間: 36

畳の掃除方法を見たいかたは目次からリンクを選んでくださいね!

畳のお部屋の意外な真実

最近は床がフローリングになっている物件も増えています。しかし古い物件や和のテイストを取り入れたお部屋など、畳みを使った物件にも根強い人気があります。

畳みはダニが湧くの不衛生と思われがちですが新品の畳にダニはいません。

ダニはどこから入る?

新品の畳にダニが居ないなら一体どこから入ってくるのでしょうか。

実は家を立てている途中で既に入ってきています。

木材などに付着したダニが侵入しているので新築の家にもダニがいる可能性が高いのです。

ダニの繁殖が問題

問題となるのはダニがいることではなく、そのダニが繁殖してしまうことです。

ダニが繁殖すると布団などにも広がっていきます。寝ている間に噛まれて皮膚が痒くなります。種類によってはウィルスを持っているダニもいるので感染症の心配もあります。

増える前に対策しよう

1番いいのはダニが増えない環境を作ることです。

ダニが増える原因はダニのエサを残していること。

ダニを増やす原因

以下のものはダニのエサになります。

  • ホコリ
  • お菓子の食べかす
  • アカ
  • フケ
  • カビ
  • 畳のワラ

畳に溜め込んでしまう

フローリングなら隙間が少ないので大丈夫なのですが、畳は小さい隙間にホコリや食べかすが詰まってしまいます。

畳の材料であるワラを食べるダニもいるため畳部屋ではダニ対策が必須となります。

幸いこれらはしっかりと掃除することで対策できるものばかりです。

それでは畳の掃除方法を見ていきましょう。

畳の掃除方法

赤ちゃんも大丈夫!お酢を使った掃除

用意するものは100均ホコリ取りシート雑巾バケツコップ半分のお酢です。

100均シートって何?

こんな↓やつです。これはクイックルワイパーのドライシートですがこれでもOK!

拭き掃除をする前にドライシートでホコリを取っておきましょう。これはフローリングにも畳みにも共通する拭き掃除のコツですね。

お酢掃除のやり方

バケツに水とコップ半分のお酢を入れます。

あとは固く絞った雑巾で拭き掃除。水分が多いと湿気がこもるので雑巾は固く絞るのがポイントです。

あとは畳の目にそって拭いていきます。少し拭いたら濡れていない雑巾で乾拭きしましょう。湿気はNGです。

掃除のタイミング

掃除は晴れていてカラっとした天気の日に行いましょう。上にも湿気はNGと書いたとおり、雨の日などは掃除に向いていない日になります。

カビ掃除のやり方

畳にカビが生えてしまったら食器洗剤やバスマジックリンを使って掃除します。

原液を使うと畳を痛める原因になりますので薄めて使いましょう。洗剤の量は洗面器に数滴垂らすくらいで大丈夫です。

ダニ掃除と同じように固く絞った雑巾で拭き、すぐに乾いた雑巾で二度拭きします。

頻繁に掃除できない時は?

掃除したくても水拭きをする時間が取れない場合もありますよね。

そういう時はダニがいなくなるスプレーのようなスプレータイプの掃除ツールを活用しましょう。

キンチョー
ダニいなくなるスプレー
相場目安:780円

1ヶ月1度スプレーをかけるだけでダニの予防ができます。掃除と併用するとより効果がアップするのでダニが気になる場合はおすすめです。

この記事のまとめ

  • ダニは掃除で対策できる
  • 拭いたあとの湿気を残さないことが大切
  • お酢を使えば赤ちゃんがいても安心!
  • 掃除ができない時はスプレーで対策
スポンサーリンク

シェアする