車のガソリン代を安くする方法

この記事の所要時間: 33

ガソリン代って安くできるの?

出光まいどプラスで得しない人がいるってホント?

車の燃費を良くしたい!

ガソリンの燃費を良くする6つのコツ

車を軽くしよう

車が重たいほど多くのガソリンを使います。
トランクや後部座席に乗せている荷物を減らせば車の燃費がアップします。

よくある乗せっぱなし

  • バーベキューの道具
  • 古いタイヤ(スペアではない)
  • ダンボールに入れた使わないもの

どれくらい変わる?

タイヤ1本10Kgを降ろした場合、燃費は0.5%アップします。
1リッターあたりの走れる距離に1.005を掛けると走行距離がわかります。

ガソリンを半分だけ給油

これも車を軽くする方法の1つです。ガソリン20リッターで12Kg程度なので、ガソリンを満タンにしないことで燃費を改善できます。

急発進をしない

徐々に加速する場合と比べ、急発進には多くのエネルギー(ガソリン)を使います。安全性の面からも少しずつ加速するほうがお得です。

スピードを調節する

市街を走るときは信号が多いため、少し走っては停止という状況が多くなります。次の信号で止まることがわかっている場合はスピードを出さず、惰性走行を増やすことでガソリン消費を抑えられます。

エアコンの温度設定

体が冷えるほど急激にエアコンをかけるのはガソリン消費が多くなります。寒く(暑く)なり過ぎないように温度設定をしたり、窓の開閉を使ってエアコン稼働時間を減らせば燃費を向上できます。

タイヤの空気を保つ

タイヤの空気圧が低い(空気が抜けている)と燃費が悪くなります。

パンクした自転車に乗ったことがある人は、空気がない=漕ぐのに力が必要というのを体験しているかもしれません。

車でもそれは同じ。スタンドで定期的に空気圧をチェックすれば無駄なパワー消費を防げます。

自分で空気圧チェック

空気圧のチェックにはエアゲージを使います。

使い方は以下の動画で紹介されています。

空気チェックの危険行為!

タイヤの空気圧チェックとしてエアーキャップバブルという製品があります。こちらはキャップを取り替えるとひと目で空気圧がチェックできるという商品ですが、つけていると空気がどんどん抜けていきます。

パンクの原因になるので使わないようにしましょう。

スタンドを変えるとこれだけ安くなる

ガソリンスタンドによってガソリンの値段は大きく変わります。
たとえば同じ札幌市内のスタンドで同日の価格は、

  • モダ石油はリッター100円
  • 出光リテールはリッター110円

とリッターあたり10円違うこともあります。
安いスタンドはe燃費のスタンド検索で探せます。

支払い方法を変えるだけの簡単節約

支払い方法をクレジットカードにするだけでポイント分の節約になります。

エネオスを使うなら

効率よくポイントが貯まるのは楽天カードです。
どんな支払でも1%のポイントがつきますが、エネオスで支払うときだけポイントが2倍になります。

出光を使うなら

出光カード、出光カードまいどプラスと言いたいところですが、実際は楽天カードのほうがポイントが貯まる可能性もあります。

なぜなのか

まず、出光カードのほうは年会費が1,250円かかるのでリスクがあります。

まいどプラスは年会費無料でガソリン1Lあたり2円の値引きです。出光のスタンドではお得ですが、別のスタンド利用時は0.5%しかポイントがつきません。

複数のスタンドで給油する人の場合、トータルで見ると最低1%以上のポイントが貯まる楽天カードのほうが向いています。

スポンサーリンク

シェアする