[LINEモバイル]データSIMを音声通話SIMに変更【写真付き】

LINEモバイルでは、データSIMを音声通話SIMに切り替えるときに3,000円の手数料がかかります。

この記事では、手数料0円で通話SIMに切り替える方法を解説します。

LINEモバイルのデータSIMを音声通話SIMに変更

LINEモバイルUSIMカード

新規契約して切り替える

データSIMから音声通話SIMに移行する方法はありません。切り替えは、新規契約扱いになります。

  1. データSIMを解約
  2. 音声通話SIMを新規契約する
  3. 完了!
データSIM→音声SIMは必ず新規契約の扱いです。データSIMから別のサイズのデータSIMに移行したり、通信容量プランの切り替えなら、解約せずに移行できます。

2回線目を契約して手数料を無料に

LINEモバイル手数料

出典:mobile.line.me

データSIMを解約する前に、2回線目として音声SIMの追加申し込みをします。
音声SIMが届いてからデータSIMを解約します。

すると、新規契約手数料の3,000円が無料になります。

追加申し込みのやり方

LINEモバイルにログイン

LINEモバイルの公式ページにログインします。

左のメニューボタンを押して[マイページ]を選びます。

下にスクロールして、[各種手続き]をタップ。

メニューから[追加申込]を選びます。

[申し込む]ボタンを押します。

契約に必要なもの

必要なものが表示されます。
データSIM→音声通話SIMへの切り替えなので、新たに用意するものはありません。

本人確認書類いらない
クレジットカード今と同じ
メールアドレス今と同じ
MNP予約番号いらない
[申し込む]ボタンをタップします。

回線の選択

3種類から回線を選びます。
今使っているデータSIMと同じ回線で大丈夫です。

  • ソフトバンク回線
  • ドコモ回線
  • au回線
ソフトバンクドコモau
留守番電話無料月300円月300円
迷惑電話
ストップ
月100円無料月100円
転送無料無料無料
国際電話無料無料無料
国際ローミングなし無料なし
データ追加購入最大10GB最大9GB最大10GB
LINEモバイルでは「ソフトバンク回線」が1番速いです。LINEはソフトバンクの子会社なので力を入れています。私はソフトバンク回線を契約してますが、問題なく使えています。

プランの選択

データ容量に応じてプランを選びます。

料金データ容量
LINEフリー1200円1GBのみ
コミュニ
ケーションフリー
1690円~3~10GBで選べる
MUSIC+2390円~3~10GBで選べる

NTTのデータによると、90.6%の人は3GBあれば足りるそうです。私は3GBを契約してますが、月によっては2GBくらい余ってます。

サービスタイプ選択

「データSIM」と「音声通話SIM」があるので音声のほうを選びます。

かけ放題

かけ放題が不要なら[いつでも電話のみ]を選びます。

申し込み区分

[新規番号での申し込み]を選びます。

申し込み内容

[SIMカードのみ]を選びます。

SIMサイズを選ぶ

自分のスマホに合うSIMサイズを選びます。
わからないときは、自分の使っている「スマホ名 SIM サイズ」でGoogle検索すると調べられます。

その他のオプション

[端末保証]がオンになってるので、いらなければ外します。

料金を確認

問題なければ[次に進む]をタップします。

お客様情報の入力

ほとんどの項目が最初から入力されています。

利用者の設定

自分で使うなら、[利用者と契約者が同じです]を選びます。

契約内容の確認方法

[電子交付]を選びます。

メール送信

規約に同意したら[次へ進む(メール送信)]ボタンをタップします。

メールが届く

メールのURLをタップします。

支払い方法の選択

以下の3つから支払い方法を選んで、情報を入力します。

  • クレジットカード
  • LINE Payカード
  • LINE Pay

ログインID設定

新たにIDとパスワードを設定します。

※今使ってるIDとパスワードは使えません

[登録して最終確認へ進む]をタップします。
最終確認をしてOKなら[申し込む]ボタンを押します。

このあとやること

メールが届く

3通のメールが来るのを何もせずに待ちます。

  • LINEモバイルお申込み受付完了のご連絡
  • LINEモバイル契約成立のお知らせ
  • LINEモバイル商品発送のお知らせ

4日くらいでSIMが届く

LINEモバイル封筒

発送から2~3日すると、自宅にSIMカードが届きます。

新IDでログイン

2枚目を契約するときに設定した、ログインIDとパスワードでマイページにログインします。
[利用開始手続きをする]のボタンを押します。

[次へ進む]ボタンを押し、[利用開始手続きをする]を押します。
これで完了です。

新しいSIMをスマホに挿す

新たに届いたSIMカードをスマホにセットします。

LINEモバイルSIMカード

スマホを再起動する

再起動して1分くらいすると、以下のメッセージが届きます。

電源を入れなおし、電話番号が表示されるかご確認ください。電話番号の確認が終わりましたら、本メールは削除してください。

このメッセージが届いたらネット接続完了です。

ネット接続されないとき

接続されないときは、手動でAPNの設定をします。

設定>ネットワーク(モバイルネットワーク)>APN(アクセスポイント)

設定方法は、SIMカードと一緒に送られてきた説明書に書いてあります。

古いSIMを解約する

あとは古いSIM(データSIMのほう)を解約すればOKです。

よくあるトラブル

プロビジョニングされていない

「SIM1がプロビジョニングされていません」や「プロビジョニングされていないSIMです」と表示されるトラブルです。

利用開始手続きをしていないときに起こります。

新しいIDでLINEモバイルにログインし、利用開始ボタンを押してください。

変なメッセージが来た

電源を入れなおし、電話番号が表示されるかご確認ください。電話番号の確認が終わりましたら、本メールは削除してください。

スマホを再起動して、ネット接続できてれば問題ありません。メールも別に削除しなくて大丈夫です。

4G接続できない

スマホ上部のネットワークアイコンが「H+」や「3G」になっていて、4G接続できないトラブルです。
H+や3Gはネットが遅くて途切れやすいです。

解決法はいくつかあります。

  • 機内モードをON→OFFにする
  • モバイルネットワークをON→OFFにする
  • スマホを再起動して1分放置する
  • 設定のAPNを削除して手動で設定し直す

私が4G接続できなかったときは、スマホを再起動して放置したら直りました。

忘れがちな設定

データSIMのときに「LINEアプリ」で契約者連携していた人は、新しいSIMカードでも連携設定が必要です。
やり方は、データSIMでやったときと同じです。

余ったデータの繰り越し

データSIMで余っているデータは、音声通話SIMのほうに繰り越せません。データSIMを解約した時点で消えてしまいます。

LINEモバイルは、1日に解約しても、月末に解約しても、同じ料金がかかります。データSIMを使い切ってから音声SIMに乗り換えると無駄がありません。

以上、LINEモバイルのデータSIMを、音声通話SIMに切り替える方法でした。