音楽配信「KKBOX」のメリット!リアルタイムでアイドルと話せる

この記事の所要時間: 512
アーティストとチャットで話せる!!
au系の定額音楽配信サービスであるKKBOXについてメリットやデメリットをまとめました。

KKBOXって何?

定額の音楽配信サービス「KKBOX」はau系のサービスです。

auの聴き放題と言えば「LISMO(リスモ)」を想像する人もいると思いますが、中身はリスモもKKBOXも同じです。

2013年から名前だけが変わりました。

プランの種類

KKBOXには無料プランと有料プランの2つがあります。

無料プラン

無料プランでも好きな曲を再生できますが、1曲30秒間という制限があります。

Spotifyと違って広告の表示はありません。

有料プラン

月額980円のプレミアム会員になると、30秒の制限なく音楽が聴き放題になります。

有料プランのお試し

KKBOXには有料プランのお試しが用意されています。

お試し登録すると1ヶ月間の利用料が0円です。

お試し終了後は自動的に解約されるので、1ヶ月以内に本登録しない限り、料金は一切かかりません。

レコチョクBestの基本データ

A B C
曲数 2000万曲
月額料金 980円
無料お試し 30日間
最大音質 320kbps
スマホ再生 OK
PC再生 OK
タブレット再生 OK
オフライン再生 OK
歌詞表示 OK

KKBOXのメリット

ラジオ型と選曲型の両対応

KKBOXには曲ジャンルごとにチャンネルが用意されていて、ラジオのように曲を再生する機能と、自分で好きな曲を選んで再生する両方の機能がついています。

「うたパス」や「dヒッツ」はラジオ型の再生しか出来ないので、特定の曲を聴きたいときに不便を感じますが、KKBOXはその点をクリアしています。

自由にプレイリストを作れる

自分のお気に入りの曲だけを集めたプレイリストを作ることができます。

プレイリストは共有することが出来るので、好きな曲をおすすめしたり、逆に他の人のプレイリストから好みの曲を探すこともできます。

SNSとして使える

KKBOXにはTwitterやFacebookのようなフォロー機能があります。

アーティストをフォロー

好きなアーティストをフォローしておくと、その歌手が新曲を発表した時にお知らせが届くようになります。

ユーザーをフォロー

KKBOXを使っているユーザー同士でフォローすることも出来ます。

同じアーティストが好きな人を探したり、プレイリストを作っている人をチェックするのに使えます。

フォローしている人がプレイリストを更新すると、お知らせ通知が届くようになります。

一緒に聴く機能

好きな曲を選んで、フォロー仲間とリアルタイムで一緒に聴く機能があります。

チャットで話せる

フォローし合っている人とはチャットで会話することができます。

同じ曲を聞きながら、その曲について盛り上がれますね。

チャット機能の魅力は、

アーティストとチャットできる機会もあること!

知名度の高いアーティストで言うと、

  • 感覚ピエロ
  • ねごと
  • Mrs. GREEN APPLE
  • SUPER☆GiRLS
  • 平井 大
  • 森山直太朗
  • ケツメイシ
  • 湘南乃風
  • 秦 基博
  • 加藤ミリヤ
  • ハジ→
  • 山崎まさよし
  • でんぱ組.inc
  • AI
  • チャットモンチー
  • さかいゆう
  • ゆるめるモ!

さんたちが参加しています。

4000曲のオフライン再生

キャッシュ機能を使うと、曲データをスマホ内に保存しておくことができます。

一度キャッシュすれば、電波がない場合や、低速回線であっても音楽を再生することができます。

保存曲数が多い

保存できる最大曲数は4,000曲です。

CDアルバムに換算すると、だいたい400枚くらいになりますね。

保存数は選べる

保存するということは、スマホの保存容量を使うことになります。

あまり保存容量を使いたくない人のために、保存する曲数は以下から選べるようになっています。

  • 200曲
  • 500曲
  • 1000曲
  • 1500曲
  • 2000曲
  • 4000曲

イコライザーを内蔵

好みに合わせて、低音を強くしたり、高音の抜けを強くしたりできます。

イコライザーは、「ダンス」「Jazz」「ポップ」「ロック」などのカテゴリを選ぶ形式なので、細かい数値調整は必要ありません。

歌詞表示がある

再生している曲の歌詞が表示されるので、カラオケの練習にも使えます。

KKBOXの歌詞表示が他と違うのは、再生に合わせて歌詞が表示できること。

よりカラオケに近い感覚で歌詞を見ることができます。

KKBOXのデメリット

パソコンでもアプリ必須

スマホで聴く時はアプリを使ったほうが便利ですが、KKBOXはパソコンで聴く時もアプリをインストールしないといけません。

Amazonプライムやレコチョクはアプリ不要。

ブラウザから聴けるサービスに比べると、アプリ必須なのは不便と言えるでしょう。

料金が高い

他の定額サービスと比較すると、月額980円の料金は少し高めの価格設定です。

比べみましょう。

LINE MUSIC

音楽だけが聴き放題。

通常は月額960円だけど学割を使えば480円に値下げOK。

LINE MUSICのメリット7選!無料期間1ヶ月の人と、3ヶ月の人の違い
音楽をシェアできるのが最高!! アプリのLINEが運営している音楽聴き放題サービス「LINE MUSIC」のメリットやデメリット、お得...

Amazonプライム

月額325円で動画が見放題+音楽が聴き放題。

KKBOX

音楽だけが聴き放題で980円。学割なし。

使える端末数に制限がある

同時に使えるのは3台までとなります。

「スマホ」「タブレット」「自宅PC」を認証して3台を使い切ってしまうと、スマホを買い替えた時に面倒です。

この記事のまとめ

  • KKBOXは月額980円で2000万曲が聴き放題
  • SNS機能が充実
  • アーティストとのチャットも可能
  • 最新キャンペーンはKKBOXからチェック可能
定額制の音楽配信12種!曲数を比較「中身が違うじゃん」と思った話
10万曲なんて嘘!! 月額制、定額制の音楽聴き放題サービスの曲数や音質を比較して、音楽配信サイトのおすすめを厳選しました。使ってみた結...
スポンサーリンク

シェアする