NURO光の選び方!難しい条件を除外!簡単にわかるプランの特徴

NURO光には種類が沢山あります。NURO光G2やNURO光G2V、それにNURO光forマンションのG2とG2V、そして最後にNURO光G2Vマンションミニです。

契約する条件も複雑で、人数を集めないとダメだったり、対応エリアでも設備導入物件じゃないと契約できないなど、色々なパターンがあります。

わかりにくいですね……。

たとえば、forマンション。

こちらは同じマンションに住む人(4つの家庭)が一斉にNUROを契約しないと申し込めません。

条件が厳しいので、普通はforマンションプランを申し込めません。

こういった普通は使わないプランを全部除外!

このページでは、有効な2つのプランに絞って解説していきます。

1番最初に提供エリアを確認しよう

NURO光は、提供エリアでしか契約できません。auひかりやフレッツ光は日本全国でだいたい契約できますが、NURO光は特別なエリアに住んでいる人しか申し込めません。

申し込めないと、調べたことが無駄になってしまうので、まずは1番最初に提供エリアであるかを確認しましょう。

関東

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬に住んでいる人が対象です。

東海

愛知、静岡、岐阜、三重に住んでいる人が対象です。

関西

大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良に住んでいる人が対象です。

九州

福岡、佐賀に住んでいる人が対象です。

上記エリア以外の人は以下の記事を参考に、NURO光以外の回線を探してみてください。

関連記事

質問に答えると最適な回線がわかる!! ネット回線を選びたい人向けに回線の選び方をチャートにしました。  当てはまるリンクをタップしてね。  タップすると項目までスクロールするニャ! 回線を契約するのは一戸建てですか? →はい。[…]

NUROって何?

NURO光は新しい光回線のサービスです。家で契約できる主な光回線は次の3つがあります。

  • フレッツ光(光コラボ)
  • auひかり
  • NURO光

「あれ? ドコモ光やぷらら光がないよ?」と思うかもしれません。実はドコモ光の中身はフレッツ光と同じです。

フレッツ光を契約するときの玄関がドコモだと
→ドコモ光

フレッツ光を契約するときの玄関がぷららだと
→ぷらら光

このように、他の会社を玄関にしてフレッツ光を契約することを光コラボと呼びます。光コラボ回線の中身はすべてフレッツ光です。

NURO光を提供する会社

NURO光を提供するのはSo-net(ソニーネットワークコミュニケーションズ)の1社です。

「でも、NURO光はいろんなサイトから申し込めるよね?」という疑問がわくかもしれません。

NURO光の申し込みを受付けているサイトは「フルマークス」や「ライフサポート」などいくつかあり、サイトによって特典やキャッシュバック金額が違います。

これらの申込みサイトは代理店です。

どこの代理店から契約しても、中身はSo-netが提供するNURO光になります。

NURO光のプランの種類

NURO光の種類は4つに分かれています。

  • NURO光 G2
  • NURO光 G2V
  • NURO光 for マンション
  • NURO光 G2V マンションミニ

G2G2Vというアルファベットがわかりにくいですよね。

とりあえず、1番上の「NURO光 G2」は無視してOKです。NURO光は基本的に2年契約になっているのですが、「NURO光 G2」だけは契約期間フリーです。

「NURO光 G2」は2年縛りがない代わりに毎月の料金が高く設定されていて、月額7,124円もかかってしまいます。これではNURO光を契約するメリットがほとんどなくなってしまうため、G2は無視してもOKというわけです。

ではここから、「NURO光 G2」以外の3つについて詳しく見ていきましょう。

NURO光G2V

こちらはNURO光の戸建向けプランです。

NURO光の中でも最高速度が出るプランとなっていて、時間帯によるスピード低下も起こりにくくなっています。

条件を満たした一部のマンションでは戸建向けプランも申し込み可能です。速度を重視する人なら絶対にこれです。

NURO光 for マンション

NURO光 for マンションは、マンションに住んでいる人向けのプランです。

特徴はNURO回線をマンションに住んでいる複数の人で共有することです。

マンションタイプの利用条件は、同じマンションに4人以上の契約者がいることです。NURO光の契約者が多いほど料金が安くなっていきます。

  • 6人以下 月額2,500円
  • 10人以上 月額1,900円

フレッツ光の料金を比べることで安さがわかります。

フレッツ光は6人だろうが10人だろうが月額4,000円程度の料金がかかります。そのため、NURO光forマンションに入れる環境であれば、入ったほうがお得になります。

4人集めるのは難しい

でも、同じマンションに住む人を6人集めるのは難しいですよね。

基本的には、大家さんが設備導入をして「NURO光導入物件」として売り出します。

そこで、役立つのが一人から申し込めるプラン「NURO光 G2V マンションミニ」です。

途中まとめ

NURO光G2……2年縛りがないけど料金がめっちゃ高い。無視してOK!
NURO光forマンション……複数での契約が必要。個人なら無視してOK!

4つのプランのうち、2つが候補から消えました。

NURO光を選ぶときは「NURO光 G2V」または「NURO光 G2V マンションミニ」のどちらかということになります。

それでは引き続き、マンションミニの詳細を見てみましょう。

NURO光 G2V マンションミニ

マンションミニは、賃貸物件に一人暮らしをしているパターンでも申し込みができます。

NURO光の対応エリアであれば、物件にNURO光の設備が未導入でも大丈夫です。

マンションミニのプランであれば月額4,743円でNURO光回線を利用できます。

2つのプランを比較

戸建向けのNURO光G2Vと、マンションミニを比べていきます。

2019年現在、マンションに住んでいる人も戸建向けプランを利用できるようになりました。

もともと、マンションに住んでいる人が戸建てプランを契約するには、建物が7階建て以下でないといけないという階数制限がありました。今までは、8階建て以上のマンションに住んでいる人は、4人以上の契約者を集めてNURO光forマンションを契約しないといけなかったんです。階数制限が撤廃されたことにより、マンションに住んでいる人にも選択肢が増え、よりNURO光を利用しやすくなりました。
項目 G2V ミニ
基本料金 月4743円 月4743円
最初の1年 月1980円 月1980円
契約期間 2年間 2年間

NURO光G2Vと、マンションミニを比較したとき、あることに気づくと思います。

この2つ、実は中身はまったく同じです。

回線の品質も同じです。

戸建ての人が申し込むときは「NURO光G2V」と呼び、マンションの人が申し込むときは「マンションミニ」と呼ぶ。

違うのは呼び方だけです。

あれ?マンションは遅いって聞いたけど

 
マンションは共有回線だから遅いよね?
 
マンションミニは共有しないニャ!

「forマンション」のプランは1つの回線を全員で共有します。回線が分割されるので、状況によってはネット速度が落ちる可能性もあります。

マンションミニは、1部屋に1つの回線が割り当てられるので、回線が共有されて遅くなることはありません。

そういう意味でも、戸建てプランと一緒ということになります。

NURO光の選び方はキャンペーンのみ

2つのプランはどちらも内容が同じでした。

結局のところ、NURO光を選ぶときの基準は、キャンペーンのキャッシュバック金額が多いかどうかに絞られます。

NURO光の場合、どのサイトから申し込むかによって受けられるキャンペーンが変わります。

  • 最初の1年1,980円
  • 工事費用が実質無料
  • ソフトバンクのスマホ割引
  • 25,000円キャッシュバック

などなど、色んなキャンペーンがあります。

今回はキャンペーンをやっているサイトをピックアップして調査し、確実性の高いサイトを紹介します。

以下のキャンペーンでは、

  • 有料オプションに入らなくてOK
  • 面倒な申請手続きなし
  • 現金振り込みで最短1ヶ月

という条件で3万円のキャッシュバックが受けられます。

公式特典との併用

NURO光の公式キャンペーンで、月額基本料金30ヵ月割引(約4万円)ソフトバンクのスマホ割引というのをやっていますが、キャッシュバックとこれらの割引は併用可能です。

私の知ってる限りだと、上記のサイトが騙し(わざと分かりづらくして、キャッシュバックを受け取らせない)もなく、簡単にキャッシュバック+割引を併用できるサイトだと思います。