NURO光でIPv6は使える?IPv6対応させる方法

NURO光のIPv6対応についてまとめました。

デュアル方式によるIPv6のデメリット解消についてや、自分がいまIPv4なのかIPv6なのかを判定する方法も紹介します。

IPV6の基本

このサイトでは何度もIPv6のメリットについて紹介してきましたので、ここでは簡単に説明します。

  • IPv6は新しい通信方式
  • IPv6「IPoE」接続ならネットが高速

この2つのポイントを知っておけばOKです。

インターネットの接続には、IPv4とIPv6の2種類があって、IPv6は最新の通信方式となります。さらにIPv6にはPPPoEとIPoEの2つがあります。IPv6にするとネットが早くなるというのはIPoE方式を契約したときです。現在のネット環境がIPv6だったとしても、中身がPPPoEだったとしたらネット速度は早くなりません。

IPv6の申し込み方法

結論から言うと、IPv6の申込みは不要です。

NURO光ではIPv4とIPv6を自動的に切り替える機能がついており、両方の通信方式が使えるようになっています。

IPv6対応機器を使えばv6で接続してくれますし、未対応機器ならばv4で接続します。この自動切り替え機能により、IPv6を契約したら見れないサイトが増えたというデメリットを打ち消しています。

NURO光はIPoE?

先ほど、IPv6にはPPPoEとIPoEの2つがあるという話をしました。

フレッツ光や光コラボなどで、「IPv6対応!」と書いてあっても、中身がPPPoEであればネットはまったく高速化されません。

詳しくはこちらの記事にまとめてあります。

関連記事

プロバイダやネット回線について調べていると、IPv6にしたらネットが速くなったという情報を目にする機会があるかもしれません。 しかし! IPv6にはPPPoEとIPoEの2種類あり、光コラボに乗り換えて失敗したと言っている人の多くがPP[…]

気になるNUROの対応状況ですが、NURO光はIPoEを採用しています。

ネットが早くなるIPv6なので、フレッツ光や光コラボから乗り換えたときに高速化が期待できます。

自分のネット環境を知りたい

いまIPv4を使っている人は、IPv6のネット回線に乗り換えるだけでネットが急激にスピードアップする可能性があります。

私はIPv6に乗り換えたら184倍のスピードになりました。

自分がIPv4なのかIPv6なのかは、以下のページにアクセスすると確認できます。

アクセスすると、こんな風↓に接続方式が表示されます。

ここにIPv4で接続していると表示されている人は、NURO光への乗り換えでネットを早くできる可能性が高いです。

乗り換えを考えている人は次のページを参考にしてみてください。お得な申込み方法について解説しています。

関連記事

NURO光には種類が沢山あります。NURO光G2やNURO光G2V、それにNURO光forマンションのG2とG2V、そして最後にNURO光G2Vマンションミニです。 契約する条件も複雑で、人数を集めないとダメだったり、対応エリアでも設[…]