月収9万円にこだわる私のライティングサイト一覧

私がなぜ月収9万円にこだわるのか。
在宅ワークができるクラウドソーシングのサイトを一覧にまとめました。実際に働いてみた感想も載せています。

ライティングサイトの一覧

ライティングサイトの基本を知りたい時はスクロールしてね。
基礎知識はこのページの下でまとめたニャ!

効率よく稼ぐコツ

ライティングを始める前に一通りのサイトに登録してしまいましょう。サイトによって取り扱っている案件も違いますし金額にも幅があります。

チェックする項目は自分の得意分野の案件があるかどうかです。

たとえばAサイトでは”家事の悩み”というテーマで800円の案件があり、Bサイトでは”ゴルフ”というテーマで800円の案件があったとします。

私はゴルフをやったことがないのでBサイトの案件は書けません。書こうと思ったら勉強しなきゃいけません。家事の悩みならすぐに書けるのでAサイトで応募します。

どのサイトにどんな案件があるかは登録しないとわからないので、まずは登録してみて案件を探すのが効率よく稼ぐコツになります。

サイト一覧

しのびライティング

1番初心者向けなのがしのびライティング(Shinobiライティング)です。

ライティング専門のサイトなので難しい契約などがなく、自由度の高い働き方ができます。

案件ごとのテーマや文字数が指定されているので好きなものを選んで文章を投稿していきます。カテゴリは健康、美容、ファッション、暮らし、旅行、恋愛、趣味、グルメなどがあるので自分の得意分野が見つけやすのも特徴の1つです。

クラウドワークス

クラウドワークスはクラウドソーシングの大手サイトです。

ノルマのないタスク形式依頼主と仕事内容を相談する報酬形式があります。

クラウドワークスの利点は依頼主とコミュニケーションが取れることです。いい記事を書けば継続して仕事を貰うことができますし文字単価もアップしていきます。

どんどん報酬を増やしてステップアップしていきたいならShinobiライティングよりもクラウドワークスがおすすめです。

サグーワークス

既に文章力があり、実力のある人におすすめなのがサグーワークスです。

サグーワークスにはプラチナライターテストというものがあり、これに合格することで高単価の案件が貰えるようになります。

プラチナライターになるためには文章力だけでなく表現力も問われますし、自分の知らない情報でも調査して書けるライティング力が必要になってきます。本格的にWebライターを目指す人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

ライティングサイトの基本

ライティングサイトって何?

ライティングサイトの前にクラウドソーシングについて紹介します。

クラウド?
直接会わずにネットで仕事を貰うことニャ!

ネットで仕事を受ける→自宅で作業をしてお金を貰う

これがクラウドソーシングという働き方です。クラウドソーシングだけで生活している人のことをフリーランスと呼んだりもしますね。

クラウドとライティングの違い

クラウドソーシングには文章作成のほか、プログラミングやデザイン、裁縫など幅広い仕事があります。

クラウドソーシングで仕事する人をクラウドワーカーと言います。その中でも文章作成をメインに活動するのがライティング(Webライター)です。

Webライティングのメリット

Webライティングのメリットは

すぐに始められる

雑誌のライターになるには求人に応募したり、何かで実績を残して自分を売り込むなど、いくつかのハードルを越えなければなりません。

いっぽうWebライターは未経験者でもその日から始められます。

いくつかあるクラウドソーシングサイトに登録してプロフィールを書けば仕事スタートです。

1投稿50円のようなタスク形式の仕事なら打ち合わせなしで投稿できますし、1文字1円以上の高単価な仕事も応募して承認されれば投稿できます。

働く時間を縛られない

投稿タイプの仕事を選べばノルマが発生しません。

自分のペースで仕事をして、やめたくなったら何も言わずに勝手にやめても怒られないというのが特徴です。

忙しい人が副業として始めるのにも向いています。

高収入を得られる

お小遣いサイト(ポイントサイト)と比べて高収入を得られるのもメリットです。

1週間に何本を納品する……というような案件に参加すれば比較的安定した収入源になります。

このような案件はノルマがある代わりに高単価なのでWebライティングだけで生計を立てることも可能です。

必ず報酬が貰える

ネットに文字を書くという意味ではブロガーとライターは似ていますよね。

この2つの違いは報酬が発生するかどうか!

ライターは案件ルールを守って文章を投稿すれば必ず報酬が発生します。ブログを始めたけどアクセスが集まらなかったという人でも気軽に始められます。

やってみた結果

いくつかのクラウドソーシングサイトに登録して仕事をしてみました。

片手間にやって稼げた金額は2週間で4万円

副業としては充分な金額ですね。夕刊のみの新聞配達と同じくらいです。

正直な感想

ライティングをやるなら1日3,000円を稼いで月収9万円にするのがベストというのが感想です。

完全に私の場合ですが……。

1日に3,000円以上やると飽きる!

ライティングに不慣れな人が副業としてやるなら3,000円分の仕事量がボーダーになる気がします。

飽きてしまうと文章の質が落ちてせっかく書いた文章が却下される可能性が出てきます。

そうなるともったいないので副業なら無理をしない目標で始めるのがおすすめです。

この記事のまとめ