楽天Rポイントカードのお得な作り方

この記事の所要時間: 619

Rポイントカードとは、楽天が展開している共通ポイントカードです。この記事では、そんな楽天Rポイントカードをお得に作る方法を紹介します。

共通ポイントカードって何?

共通ポイントカードとは、PontaカードやTカードのように色々な店舗で共通して使えるポイントカードのことです。有名な共通ポイントカードは以下の4種類です。

  • Pontaカード
  • Tカード
  • 楽天Rポイントカード
  • dポイントカード

Rポイントカードを使うと?

Rポイントカードの加盟店で買い物をすると、楽天スーパーポイントが貯まります。基本的には100円で1P貯まり、1Pを1円で使えます。

Rポイントカードの使えるお店

コンビニ
サンクス、サークルK、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイト

ショップ
大丸、松坂屋、玉光堂、バンダレコード、田村書店、ブックランドとおの、テニススタジオViva-T、半田モータース、靴専門店Parade、都丸洋服店

食べ物
ミスタードーナツ

そのほか
スタジオパレット、葬儀会館ティア、スパネイル

引っ越し
日通(100円2P)、アリさんマーク(100円8P)、サカイ引っ越しセンター(100円3P)

※ポイント支払い不可

ガソリン(リットル1P)
出光、SOLATO太陽石油、伊藤忠エネクス

※太陽石油のみポイント支払い不可

Rポイントカードは2種類ある

通常RポイントカードとEdy付きカードの2種類があります。どちらも登録料や年会費は無料です。

通常カード
カード自体も無料

Edyカード
カード自体は100円で購入

2つのカードの違い

通常のRポイントカード

  • 完全に無料で作れる
  • レジでポイントカードを見せるとポイントがつく
  • ポイントが貯まるだけのシンプルなカード

既に別のEdy付きカードを持っている人や、Edyを使わない人には通常Rポイントカードがおすすめです。

Edy付きカード

  • カード購入に100円がかかる
  • カードにEdyをチャージすると支払いもできる
  • カードを提示+Edyの支払いで2重にポイントが貯まる

Edyを使いたい人はこちら。カード価格は送料無料の税込み100円です。
楽天市場:Edy-Rポイントカード

お店によって絵柄が違う

カードを作る場所によってカードの絵柄が変わります。

ミスタードーナツ
rpoint_mr

ガソリンスタンド出光
rpoint_idemitu

サークルKサンクス
rpoint_sankusu

どこでカードを作るとお得?

間違いなく、サークルKサンクスのRポイントカードがお得です。
rpointthanks

サンクスでカードを作ると、同時に+K会員になることができます。+K会員とは、サンクス独自の無料会員制度。加入していると会員限定のボーナスを受けられます。

プラスK会員4つのメリット

火曜日はポイントが2倍貯まる

サンクスで買い物をするとRポイントが2倍貯まります。

※ポイント2倍デーにEdy支払いしても3倍にはならず最大で2倍です。

お試しクーポンが発券できる

サンクスに置いてある機械からお試しクーポンという割引券を発券できます。画面のクーポン発券ボタンをタッチすると、割引券の一覧が表示されます。

ボーナスポイントが貰える

対象商品を買うと、購入時のポイントとは別にボーナスポイントがつきます。商品の棚を見ると、この商品はプラス20Pつきますと書いてあります。

抽選でポイントが当たる

初回登録時、抽選で1,000ポイントが貰えます。また、定期的に●●円購入すると抽選で1111ポイントが当たる! といったキャンペーンに参加することができます。

Rポイントのお得な使い方

お試しクーポンと交換するのが最もお得な使い方です。
たとえば、定価200円のコーヒー無料券をRポイント(60P)で交換できます。

交換の流れ
1.サンクスに行く
2.置いてある機械で、交換したいクーポンを選ぶ
3.60ポイントを使ってコーヒー無料券をゲット
4.機械から券が出てくる
5.レジで券を渡すと、定価200円のコーヒーを無料で貰える

60円で200円の商品を買えたことになります。

クーポン対象の商品

  • お菓子
  • アイスクリーム
  • ジュース
  • コーヒー
  • ビール
  • ガム
  • 栄養ドリンク

Rポイントが貯まるタイミング

買い物した直後にはポイントが増えません。お店や営業日などによって異なりますが、基本的には買い物から数日後にポイントが反映されます。

Rポイントカードのデメリット

年会費が無料なので、特にデメリットはありません。
以前は50ポイント以上じゃないとポイントが使えなかったのですが、今は1ポイントから使えます。

強いてデメリットを挙げれば、財布のカードスペースが1つ埋まってしまうくらいです。

プラスKのRポイントカードの作り方

サンクスでRポイントカードを作る方法を説明します。
Rポイントカード本体

1.カードを貰う

サークルKサンクスに行ったらまず、レジの店員さんに「Rポイントカードをください」と言います。上記のカードが貰えるので、そのまま帰宅します。店舗では何もしません。
Rポイントカード台紙

2.プラスケイのサイトを見る

家に帰ったらスマホかPCで、プラスケイのサイトを表示します。

画面をスクロールして以下のボタンをタップします。
プラスKに登録

3.空メールかアカウントを登録する

完全に新規で登録する場合は、登録したいメールアドレスに空メールを送ります。
メールアドレス入力

既に持っているアカウント(Facebook、Twitter、グーグル、ヤフーのどれか)があるなら、そのボタンをタップします。
SNSアカウント

4.メールアドレスを入力

今回は空メールで登録します。
プラスKメール
入力したアドレスに上記のメールが届くので、記載されたURLをクリックします。

5.登録情報の入力

会員登録
パスワードなどを設定します。ログインIDにメールアドレスを利用するにチェックしておけば、メールアドレスでログインできるようになります。

6.Rポイントカードの番号を入力

カード番号
カードの裏にある番号を入力します。
ボーナス応募コードを持っている場合は、下のほうに入力する欄があるので忘れないようにしましょう。

入力後、登録ボタンをタップします。

7.楽天IDとカードを紐付ける

サークルK会員に登録完了です。
楽天ポイントに紐付ける

既に楽天会員なので、楽天会員情報に~~のほうをタップします。

※この作業をしないとポイントを貯めても1年で消えてしまいます

8.楽天サイトに飛ぶ

上記の7の手順が終わると、自動的に楽天サイトが表示されます。
楽天サイト

Rポイントカードの利用登録をタップします。

9.番号の入力

Rポイント認証
Rポイントカードの裏にある番号を再度入力して、登録ボタンを押します。

10.登録完了

Rポイントの作り方終了
これで、Rポイントカードの登録が完了しました。

登録したらどうなったの?

お店で買い物をするとき、手元のカードを提示して楽天ポイントを貯められるようになります。

貯まったポイントは、お店でも使えるし楽天通販でも使えます。逆に楽天通販で貯めたポイントも、お店で使えるようになります。

楽天Rポイントカード作り方/まとめ

Rポイントカードが欲しいときはサンクスに行ってカードを貰えば、そのあとスマホやPCから登録ができます。Edy機能のないカードならサンクスで無料で貰えます。

既に楽天ポイントを持っている人は、通販だけでなくお店でもポイントが使えるようになります。サークルKサンクスのお試しクーポンと交換するのが一番お得なポイントの使い方です。

Rポイント持つことで、楽天ポイントの使い道が広がったとも言えますね。