楽天ポイント現金化方法の「すべて」

この記事の所要時間: 724
最高の換金方法……終わる。
貯まった楽天スーパーポイントや、楽天の期間限定ポイントを効率良く現金化する方法を紹介します。

楽天ポイントの種類による現金化の違い

楽天ポイントを整理してみた

楽天のポイントは呼び方が沢山あってわかりづらいので整理してみました。

  • 楽天ポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • Rポイントカード(楽天ポイントカード)
  • 楽天カード

まず、楽天で貯まるポイントの名前は「楽天スーパーポイント」です。

これを省略して「楽天ポイント」や「Rポイント」と呼んでいます。

楽天カードとRポイントカードの違い

楽天カードはクレジットカードです。

どこで支払っても1%分の楽天スーパーポイントが貯まります。

Rポイントカードは、PontaカードやTカードと同じ、ポイントカードです。

クレジットカードと違って使える店が限定されます。

マクドナルド、ミスタードーナツ、サークルKなどで提示すると、1%分の楽天スーパーポイントが貯まります。

まとめ

  • 楽天市場
  • 楽天カード
  • Rポイントカード

どんな方法を使ったとしても、結局貯まるのは「楽天スーパーポイント」です。

通常ポイントと期間限定ポイントの違い

楽天スーパーポイントには「通常ポイント」と「期間限定ポイント」があります。

通常ポイントは、最後に獲得した日から1年間有効です。

通常ポイント

たとえば……。

2017年1月1日に100ポイントをゲットしました。

100ポイントの有効期限は2018年の1月1日まで。

2017年の6月1日に、さらに100ポイントを獲得したとしましょう。

今貯まっている200ポイントの有効期限は、2018年の6月1日までに延長されます。

簡単に言ってしまうと、通常ポイントは獲得し続ける限り無期限に貯まっていきます。

期間限定ポイント

期間限定ポイントは、楽天市場のキャンペーンなどで入手したポイントです。

キャンペーンごとに期限が決められていて、延長されることはありません。

期限が過ぎると失効してしまいます。

通常ポイントを現金化する方法まとめ

マイルへ移行する

楽天の通常ポイントをANAマイルに交換出来ます。

楽天2ポイント=1マイルです。

出張費用をマイルで支払えば、領収書分のポイントを現金化できますね。

楽天Edyへ移行する

電子マネーの楽天Edyに移行することで、普段の買い物でポイントを消化することが出来ます。

Edyは、コンビニで買い物するときに1P=1円で使えます。

  • 1P=1円で換金率の損失なし
  • 手数料なし
  • 手間がかからない
  • ポイントが無期限になる
  • 期間限定ポイント不可

楽天の専用ページから交換の申し込みができます。

Edyが使える店は以下の通りです。

  • コンビニ全般
  • イトーヨーカドーなどのスーパー67種
  • ツルハ、マツモトキヨシなど薬局39種
  • 書店、家電店、百貨店

楽天ポイントをAmazonで使う方法

楽天Edyリーダーもしくは、

これをパソコンに使うとAmazonの買い物で楽天Edyを使えるようになります。

期間限定ポイントも現金化出来る方法まとめ

通常ポイントと期間限定ポイントの両方を現金化する方法です。

JCBギフト券で現金化する

楽天市場では、楽天ポイントを使ってギフト券を買えます。

ギフト券は有効期限がないので、そのまま持っていることも出来ますし、ここから現金化することも出来ます。

換金の手順

かんたんに説明すると次の手順です。

1.楽天ポイントでギフト券を買う
2.ギフト券を金券ショップで売る
3.現金化に成功

購入編

楽天のサイトに行き、全国で使えるギフト券をポイントで購入します。

  • JCBギフト券
  • Visa/VJAギフトカード
  • 図書カード

など、1,000円のギフト券を1,100ポイントで購入できます。

買取編

金券ショップにギフト券を持っていくと、額面の95%ほどで買取してくれます。

楽天スーパーポイント1,100ポイントを現金950円に交換できました。

換金率は86%です。

たとえば、10,500ポイントだったら現金9,500円になります。

売り切れに注意

ギフトカード系は売り切れる場合もあるので、在庫がある時に買っておくのが安心です。

低価格でギフト券を買う方法

以前は楽天オークションを使う方法が使えたのですが、現在は楽天オークションのサービスが終了してしまったので使えません。

楽天のフリマアプリ、ラクマでも検索しましたがJCBギフトカードはヒット件数0でした。

換金率を最高値にしたい

ギフト券を安く買う方法は使えなくなりましたが、出来るだけ高く買い取って貰う方法は有効です。

最高値で金券を買い取って貰うなら、【大黒屋】や【チケットマン】などを回って査定額の高いお店で売りましょう。買取額は店舗によって違います。

買取ショップが近くにない

買い取りが近くにない場合はネット買取を利用します。

【買取専門店daikichi】のように、査定が気に入らなければキャンセルできるショップを選びます。daikichiはキャンセル料も配送料もかからないので安心です。

ジェフグルメカードで現金化する

次の手順で現金化が出来ます。

1.楽天ポイントでジェフグルメカードを買う
2.お店でグルメカードを使い、おつりを現金で受け取る
3.現金化に成功

購入編

ギフトカードと同様に楽天市場から購入します。

ジェフグルメカードは、全国35,000店舗で使えるおつりの出るグルメカードです。

ランチ代などをジェフカードで支払いして、おつりをゲットをすれば無駄がありません。

現金化編

以下にジェフカードが使えるお店をピックアップしました。

  • ガスト
  • 魚民
  • 白木屋
  • 千年の宴
  • ピザハット
  • CoCo壱番屋
  • ヴィクトリアステーション
  • すたみな太郎
  • ケンタッキー
  • モスバーガー
  • 吉野家
  • ラーメン山岡家
  • 魚べい

換金率を最も高くするには?

モスバーガーでは、バーベキューソースが40円で買えます。

500円のジェフグルメカードで支払えば460円のおつりが貰えます。

または、501円の買い物をして500円券を2枚出せば499円のおつりが受け取れます。

楽天ペイで使う

楽天ペイって何?

スマホ用のおサイフケータイみたいなサービスです。

1.対応するお店で「楽天ペイで支払います」と言う
2.バーコードを見せてくれる
3.それをスマホのカメラでスキャン
4.スマホで支払いボタンを押す
5.事前に登録したクレカで支払い処理が行われる

この流れで支払いを行う方法です。

クレカ払いではなく、楽天ポイント消化として使うこともできます。

対応店舗が少ない

現在は対応店舗が少ないので、あまり使い道がありません。

クレカ払いの還元に加えて0.5%のポイントが貯まるので、楽天カードを指定しておけば1.5%還元の支払い方法になります。

今後に期待です。

楽天ふるさと納税を使う

楽天のふるさと納税は、全額を楽天ポイントで支払うことができます。

ポイントで支払ったとしても、ちゃんと特産品が貰えます。

また、ふるさと納税をすると「寄付金控除」に該当し、所得税や住民税が少し安くなります。

お米を貰うパターン

1万円の納税をすると15キロのお米が貰えます。

お米はスーパーだと5キロで2,000円なので、安いわけではないですが、特産品のお米が食べられるのは嬉しいですね。

ふるさと納税を活用している人にはアリな換金方法だと思います。

楽天市場のふるさと納税へ

楽天市場で使う

通常ポイント、期間限定ポイントの両方対応。

私がおすすめする一番お得な方法がこれです。

やり方

楽天市場で安く買える+絶対に日常で使うもの

この条件を満たす、ティッシュ、トイレットペーパー、電池などを楽天市場で買います。本当は使うはずだった現金を使わないで済むので、実質、手数料ゼロで現金化したことになります。

日用品ではないですが、普段買っている本や雑誌を買うのもおすすめです。

換金率は100%以上

楽天はポイントで購入したものにもポイントがつきます。

たとえば1万ポイントで還元10%の商品を買うと、1,000円分のポイントが貰えます。
また1,000円の買い物をすると、さらにその買い物にもポイントがつきます。

楽天グループもOK

  • 楽天トラベルでホテル予約
  • 楽天ブックスでコミックを買う

ホテル予約は直接申し込むより安くなりますし、本はどこで買っても値段が同じなのでポイント消化に最適です。

スポンサーリンク

シェアする