料理術まとめ

安いお肉を柔らかくする方法

方法時間やり方
お肉を叩く3分スジを切って柔らかくする
マイタケ60分ミキサーしたマイタケを肉に塗る
冷蔵庫で60分放置
マイタケ260分ちぎったマイタケを肉にまぶす
冷蔵庫で60分放置
塩麹60分塩麹をお肉の両面に塗る
玉ねぎ60分すりおろした玉ねぎにお肉を漬ける
ヨーグルト60分ヨーグルトを両面に塗る
コーラ30分お肉を漬ける
炭酸水60分お肉を漬ける
牛乳60分お肉を漬ける
はちみつ30分お肉の両面に少しだけ塗る
ビール1分焼いている途中で
少量のビールを加える
お酢60分お酢にお肉を漬ける
砂糖5分砂糖で揉み込む
(水分の抜けを防ぐ)
小麦粉1分焼く前に小麦粉をまぶす
(水分の抜けを防ぐ)
パイナップル60分果汁にお肉を漬ける
キウイ60分果汁にお肉を漬ける

牛乳を柔らかくするなら玉ねぎがおすすめ。すりおろして1日漬け込みます。お肉と一緒にジップロックに入れて冷蔵庫に入れればOKです。

豚肉はヨーグルトがおすすめ。こちらもジップロックで1日置きます。

鶏肉は塩麹がおすすめ。下味にもなるので鶏肉のパサパサ感も軽減されます。

柔らかくなる理由

タンパク質分解酵素(プロアテーゼ)の働きです。パイナップル、ヨーグルト、ショウガ、塩麹、味噌、マイタケ、大根、玉ねぎ、にんにく等がプロアテーゼを含みます。

砂糖をサラサラに戻す方法

霧吹きで水をかける

固まった砂糖は湿気で元に戻ります。霧吹きで水をかけたあとフタをしめて密閉しておくことによって水分を全体に馴染ませます。

水の量が多すぎるとベトベトになるので少しずつ様子を見ながら入れるのがコツです。

キャベツを入れる

霧吹きがない時はちぎったキャベツの葉を1枚入れてもOKです。

食パンを入れる

1番簡単な方法です。砂糖ケースの中に半分に切った食パンを入れます。食パンの水分が砂糖に染み込んでサラサラに戻ります。

電子レンジで加熱する

今度は逆に砂糖の水分を蒸発させる方法です。レンジで1分加熱し、砂糖の隙間にある水分を蒸発させてサラサラにします。チンの時間が長いと焦げたり余計に固まります。

新しい砂糖を追加投入

残り少ない砂糖の上から新しく買ってきた砂糖を入れます。水分が均等になり、底にあった砂糖がサラサラに戻ります。

冷凍庫に入れる

固まった砂糖を容器ごと冷凍庫に2~3時間入れます。取り出して常温に戻すとサラサラになります。

砂糖が固まる原因は2つある

  1. 水分が少ないと乾燥して固まる
  2. 湿気が多いと溶けて固まる

砂糖を固めないためには湿度を一定に保つことが大切です。砂糖は袋のまま使わず、密閉度の高い容器に入れましょう。固まるのを防げます。

干ししいたけを早く戻す

やり方1

干ししいたけを水洗いしたあと耐熱容器に入れます。しいたけが隠れるくらい水を入れて電子レンジで3分チン。あとは15分ほど放置すれば素早くしいたけが戻ります。

やり方2

戻す時、水ではなくぬるま湯に漬けます。この時に砂糖を1つまみ加えましょう。水分を吸収しやすくなって通常よりも早く戻せます。

5分でドライパセリを作る

パセリを水洗いしたあとペーパータオルの上に並べます。あとはそのまま電子レンジに入れて20秒ほどチンするだけ。20秒ごとに様子を見て温め時間を調節するのがコツです。

かぼちゃを簡単に切る方法

電子レンジでまるごとチンします。温め時間は2分~3分。長くやり過ぎると食感が変わってしまうので最初は2分から試してみてください。

かぼちゃの皮を簡単に剥く方法

かぼちゃを大きい状態で剥くのがコツです。小さいかぼちゃなら半分に切った状態。大きいかぼちゃなら4つ切りにします。そのあとはピーラーを使って皮を剥けば時短になります。

トマトの皮を簡単に剥く方法

やり方1

トマトを洗ったあと下から十字に切れ目を入れます。トマトの形を残す料理の場合は皮の表面部分だけを切る感じにします。

あとは電子レンジで15秒チン。切れ目部分から皮が剥けるようになります。

やり方2

トマトをフォークでさしたあとコンロの火であぶってください。あぶったところの皮がピンとなってきます。全体がピンとなるようにまんべんなくあぶりましょう。

あぶっていて皮が破けたら完了。破けた部分から手で剥くことができます。

やり方3

トマトをジップロックに入れてまるごと冷凍します。冷凍時間はトマトがカチカチに固まるまで。

固まったトマトは冷水をかけながら撫でるとツルツルと皮が剥けるようになります。トマトを大量に使う料理に向いている方法です。

タイトルとURLをコピーしました