つもり貯金は意味ない?収入が減る理由と、成功させる1つのコツ

2018年7月29日

貯金すると収入が減る!?
貯金を増やす方法の1つ、つもり貯金のデメリットと注意点、成功させるコツを紹介します。

つもり貯金って何?

つもり貯金とは、●●したつもりになって、その金額を貯金することです。

たとえば、外で800円のラーメンが食べたいとき。

ラーメンを食べたつもりで800円を貯金します。ラーメンは食べずに、ラーメンを食べたつもりになって終わります。

ただの我慢

「つもり貯金」というキーワードに騙されそうですが、よく考えるとただの我慢ですね。

ラーメンが食べたい。我慢する。800円を貯金する。

やっていることはこれだけです。

つもり貯金2つのデメリット

1.無意識で我慢してしまう

つもり貯金=ただの我慢とわかっている人はいいのですが、中にはなんとなくつもり貯金している人もいます。

実はこれが危険です。

頭では「つもり貯金したぞ!」と思ってるのに、無意識では我慢しているわけです。

我慢が溜まってストレスになり、買い物をしてストレス発散したくなったり、病気につながったりもします。

我慢は意識的にする

我慢をするなら意識的にしたほうが効果的です。

たとえば、「この前も外食したからラーメンは我慢しよう。また来月にしよう」と考えます。

これは意識的な我慢ですね。

これなら無意識にストレスが溜まることはありませんし、頑張って我慢した自分を褒めてあげられるんです。

「自分は我慢強い」と思えたり、「ちゃんと自分の意思で節約できてる」と思えたり、節約をポジティブに考えられます。

我慢をするときは意識的にやるのがおすすめです。

2.収入が増えにくい

買ったつもりで我慢しよう……というのも適度にやる分にはいいかもしれません。

しかし、やり過ぎると収入が増えにくくなります。

欲しくなくなる

最近の若い世代のことをさとり世代といって、物を欲しがらない世代だと言う人がいますよね。

でも実際は、物を欲しがらないのではなく、お金がなくて買えないだけです。

だから欲しくないように振る舞って、我慢するしかないんです。

この我慢を続けていると、一部の人は本当に物が欲しくなくなるんです。

お金を増やす気になれない

我慢しすぎて物欲がなくなると、これ以上頑張っても意味がないと思うようになり、収入をアップしようという努力もしづらくなります。

人は欲求があるから頑張れます。

  • ●●が欲しい
  • ●●を買いたい
  • ●●を食べたい
  • ●●を守りたい。

欲求がなくなるほど我慢してしまうとやる気が低下し、本当なら未来に増えるはずだった収入が減ってしまいます。

つもり貯金をするときは、我慢しすぎないように気をつけるのがポイントです。

つもり貯金を成功させる1つのコツ

つもり貯金を成功させるコツは……。

貯めたお金を見える化すること!

我慢してストレスがかかっても、それ以上のメリットを感じられるなら頑張れますよね。

見える化する2つの方法

1.専用の貯金口座を作る

つもり貯金専用の口座をつくり、そこに毎月の貯金を貯めていきます。

自分の頑張りが数字として反映され、どんどん増えていく金額が楽しみになってきます。

必ずコンビニATMでも入金手数料が無料の銀行を使いましょう。入金手数料がかかると大きなマイナスになってしまいます。

2.貯金箱に貯める

見える化のおすすめはこっち。

つもり貯金したお金をいちいち銀行に預けるのは面倒なので、途中で挫折しやすくなります。

手軽に貯められる貯金箱のほうが成功率が高まります。

貯金箱の選び方

開ける時のワクワクを優先
中が見えない貯金箱
貯める喜びを優先
中が見える貯金箱

中が見えないのはメタルバンクのように、外からはいくら入っているかわかりません。

メタルバンク10マンエン シルバー

メタルバンク10マンエン シルバー

412円(12/16 20:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

「いくら貯まったかな?」と想像する楽しみがあります。

30万円貯まるクリスタルバンク(ピンク)

30万円貯まるクリスタルバンク(ピンク)

810円(12/16 20:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

私のおすすめは中が見える大きめの貯金箱を、いつも確認できる場所に置くというやり方です。

ただし……。

中が見える貯金箱は序盤に弱いんです。

最初のうちは数枚、数十枚しか入っていないのでやる気が出ません。

でもそこを乗り越えて20%くらい埋まってくると、貯まっている実感が一気に湧いてきます。

長期的に貯金のモチベーションを上げるなら見える貯金箱がおすすめです。