手取り16万円的☆ヘアアイロンの選び方&節約術

ヘアアイロンにはお金をかけない

手取り16万円的☆ヘアアイロンの選び方。
アイロンにはお金をかけません。

選ぶときの基準は3つだけ。マイナスイオンなどの機能は無視します。

  • 目的
  • サイズ
  • 温度

なぜヘアアイロンは安く済ませる?

アイロンの目的は、髪をセットすることですよね。

ストレートアイロンなら”温度”さえ高ければセットできるし、巻き髪のコテなら”サイズ(太さ)”が合っているだけでセットできます。

「ナノイー」機能は髪を守るためのオマケです。

髪へのダメージを抑えたいなら、アイロンの回数や使い方を改善すればいいので、アイロンにはお金をかけません。

ヘアアイロンの種類と違い

ヘアアイロンは主に5つの種類があります。

真っ直巻くクセ付け
ストレートアイロン
髪の傷み:多
××
カールアイロン
髪の傷み:多
×
ストレート&カール
髪の傷み:多
ブラシアイロン
髪の傷み:少
ロールブラシ
髪の傷み:少
×

髪へのダメージを最小限にしたい人
→ブラシ系のアイロン

セット力が欲しい人
→ストレートまたはカールアイロン

※ヘアアイロンとコテの違い……どちらも同じものです。呼び方が違うだけです。

ストレートアイロンを選ぶ基準

髪を真っ直ぐにしたいならストレートアイロンを使います。

選ぶときの基準はアイロンの最高温度です。

最高温度160度の製品
→髪型をセットして整えるのに適した温度です。髪をまっすぐにする用途には向きません。

最高温度180度の製品
→セットにもストレート化にも使えるバランスのいい温度です。髪をストレートに出来るのは180度以上からと言われていますので、ストレートヘアを作りたい時は180度以上を選びます。

最高温度200度以上の製品
→ストレートにする「スピード」や「キープ力」が高いです。髪質が硬くて180度では足りない人や、どうしても長くストレートを維持したい時に使います。
髪へのダメージが大きいのがデメリットです。

プレートの素材

また、値段が高くなるとプレートの素材が良くなって、アイロン使用時の滑りがよくなります。

  1. フッ素加工【おすすめ】
  2. チタンコート
  3. アルマイト加工
  4. テフロン加工
  5. セラミック加工

メンズ用ならアレティ一択

男性用のアイロンを買うならアレティ「ストレートカール両用極細ヘアアイロン」がおすすめです。

男性は女性と比べて髪が短い人が多く、女性向けのアイロンでは上手くセットできないことがあります。

メンズ用ヘアアイロンとレディース用ヘアアイロンの違い
→アイロンプレートの幅

アレティのアイロンは幅が15ミリしかなく、ショートヘアでもセットできる仕様になっています。プレートはチタン加工で滑りが良く、温度設定は200度まであるので髪型セットにもストレート用にも利用可能です。

カールアイロンを選ぶ基準

選ぶ基準は、どれくらいカールさせるかの度合いです。カールアイロンは太さでカール量が変わります。

ゆるくカールしたい
→32ミリ以上を使う

ゆるくカールしたい時は32ミリ以上の太めのヘアアイロンを使います。
髪が長い人は太いアイロンを使ったほうが綺麗に仕上がります。

くるくるカールしたい
→26ミリを使う

くるくるとした巻き髪には26ミリの細めのアイロンを使います。

おすすめカールアイロン

シャンプーでも有名なイギリスのブランド「ヴィダルサスーン」のアイロンです。

温度は180度まで設定できるので幅広くセットできます。上記のページにはアレンジ前→アレンジ後の様子を見られる画像も載っています。