仕事用タブレット活用術!Googleアプリで出来る13のこと

Googleアプリで全部できた

Androidタブレットを仕事で使っている人は、あらゆる仕事がGoogle製のアプリで完結します。

まずは、Googleアプリで出来ることを見ていきましょう。

アプリできること
Googleスプレッドシートエクセル
Googleドキュメントワード
Googleスライドパワーポイント
Googleドライブネット倉庫にデータ保存
Gメール複数メール管理
Googleマップ地図、カーナビ、電車時刻
Google Keepメモ、音声メモ、写真メモ
Googleカレンダースケジュール管理、リマインダー
Googleフォト写真管理とバックアップ
Googleハングアウト会議チャット、通話、ビデオ通話
Google翻訳音声自動翻訳、写真の文字翻訳
Googleニュース好みのニュース表示、オフライン対応
GoogleNow天気

たいていの作業はGoogleの13のアプリでこなせます。

ここからは具体的に、どうやってアプリを使うのかを紹介します。

具体的な使い方

たとえば、8月1日の15時。顧客訪問の予定があったとします。
この予定を「Googleカレンダー」登録します。

出発時刻に通知が届く

「Google Now」の機能によって出発時刻になると、スマホやタブレットに通知が届きます。

さらに「Google Now」には以下の情報が表示されます。

  • 電車乗り換え
  • 経路
  • 到着までの時間
  • 現地の天気

地図を一発表示

最寄り駅についたらGoogleカレンダーで予定をタップ。
わざわざ住所を入力せずとも、一発で目的地の地図を開けます。

訪問の帰りに

「Google Keep」で報告書を作成するためのメモを残します。

メモはGoogleドライブ(クラウドストレージ(ネット上の保管庫))に保存されます。

カフェで報告書づくり

先程書いたメモを「Googleドキュメント」を使って報告書にします。

ワード形式で保存できます。

メール送信

Googleドライブに保存されているデータは、Gメールから簡単に送信できます。

訪問から報告書の作成まで、Googleアプリだけで完了できました。

スマホと連携しよう

スマホに同じアプリを入れておけば、スマホとタブレットの両方から同じデータを閲覧・編集できるようになります。

写メはスマホで撮影し、長文を打つ時だけタブレットにキーボードを繋ぐといった使い分けができます。

ケースを使おう

以下のように、タブレットを立てて使えるケースがあると便利です。
キーボードを繋げばノートPC感覚で使えます。

mediapadのケース

キーボードで業務効率アップ

mediapadへのBluetoothキーボード接続

タブレットの入力を素早くするためには、無線キーボードおすすめです。
私が使っているのはK380というモバイルキーボードです。Bluetooth接続なので、スマホとタブレットの両方に繋がります。

キー同士が離れているので誤タップが少なく、乾電池で動くので途中で電池が切れてもコンビニで買えます。

サイズは8インチタブレットより少し大きいくらい。カバンに入るので持ち運びやすいです。

タブレット用キーボードについては、次のページで詳しく紹介しています。

関連記事

私がK380を買ったワケは……。 タブレットを使いこなすための必須グッズ「タブレット用キーボード」の違いや買い方についてまとめました。 タブレット用キーボードは3種類あるニャ! タブレットで使えるキーボードには大きく3種類あります。 まず[…]