仕事用タブレットで使えるアプリ9選!活用方法・使い道まとめ

「Androidおすすめアプリ」と検索しても出てこない「私のおすすめアプリ」
仕事でタブレットを使う方法をまとめました。仕事によって適用できる部分とそうでない部分があるので、使えそうなところだけ参考にしてください。

タブレットの使い道がないニャ!?

タブレットを買ったはいいものの、使い道がなかったという人が多いようです。

確かにタブレットはスマホと似ている部分が多く、スマホを持っていれば十分なこともあります。

じゃあタブレットに意味はないのか……というとそんなことはありません。

このページでは仕事用タブレットの使い道を紹介していきます。

仕事用タブレットの6つの使い道

資料を作成する

タブレットにBluetoothキーボード(無線キーボード)を接続することで、パソコンと同じような感覚で資料作成ができるようになります。

タブレットで資料が作れるようになれば、カフェや車内で資料を作成するなど、空き時間を有効活用できますね。

地図やカーナビとして使う

カーナビの利用はスマホでも出来ますが、タブレットのほうが広くマップを表示できてわかりやすいです。

出張で行ったことのない土地へ行く時、地図の代わりとして使うことができます。

地図を全体把握するメリット

電車に乗るか、タクシーに乗るか、どういった経路を辿るかといった移動計画が素早く立てられます。

スマホ画面だと地図の表示領域を移動させたり、拡大縮小しながら見るので時間がかかってしまいます。

写真でメモを取る

たとえば資料をタブレットで写真撮影し、いつでもチェック出来るように保管しておけます。

いわゆるスキャナ代わりです。

スマホの写メとの違い

写メを使ってただ画像化するだけならスマホでも出来ますが、画像化したものを原寸サイズで紙のように読めるのはタブレットの大きさがあってこそ。

電子書籍を読む

技術書、専門書は厚いものが多く持ち運びに向きませんが、電子書籍なら何百冊のデータをタブレットの中に入れておくことができます。

電子書籍の充実

以前に比べて電子書籍の普及が進んでいるので、流行りのビジネス書をタブレットに入れておき、通勤途中に読むこともできます。

「Kindle」や「kobo」といった専門端末じゃないタブレットでも、主流の電子書籍に対応しています。

  • 楽天ブックス
  • Amazon
  • honto

スマホとの違い

スマホで読む時との違いは文字の大きさです。

特に、雑誌を読むときは違いがハッキリ出ます。

電子辞書の代わり

英語や中国語など、あらゆる言語に対応した辞書の代わりになります。

意味を調べるだけでなく発音を聞くことも出来ます。

スマホでもOK

これはスマホでも同じことができます。ポケットから出してすぐに調べられるという点では、スマホのほうが便利かもしれません。

ワードやエクセルを使う

タブレットの強みはオフィスを編集できることです。

スマホでは画面が小さすぎてエクセルの編集は困難ですから、Office系ファイルを扱いたい時にはタブレットが向いています。

メールに添付されたOfficeのファイルを外出先でもチェックできます。

検索にヒットしないおすすめアプリニャ!

「Android おすすめ アプリ」と検索すると、

おすすめアプリ15選!

みたいなページが沢山ヒットしますが、そこではヒットしないアプリを紹介します。

ヒットしない理由は……灯台下暗し。

ビジネスでも使える環境構築

タブレットには、

  • Android
  • iPad
  • Windowsタブ

の3種類ありますが、ここでは私が仕事用に使っているAndroidタブレットを基準にして書きます。

仕事はGoogleで統一せよ

タブレットを活用する上で重要なのは、あらゆることをGoogle系アプリで済ませることです。

統一のメリットはアプリ間でのデータ連携!

まずは「出来ること」と対応する「Googleアプリ(無料)」を表にしました。

出来ること アプリ
エクセル Googleスプレッドシート
ワード Googleドキュメント
パワーポイント Googleスライド
クラウド保存 Googleドライブ
メール Gメール
地図 Googleマップ
チェックリスト Google Keep
音声メモ Google Keep
写真メモ Google Keep
スケジュール管理 Googleカレンダー
リマインダー Googleカレンダー
簡易リマインダー Google Now
天気 Google Now
経路情報 Google Now

殆どの作業がGoogle製の9つのアプリで完結します。

連携のシチュエーション

たとえば、8月1日の15時に顧客訪問の予定があったとします。

これを「Googleカレンダー」に予定として登録すると……。

出発時刻に通知が届く

「Google Now」の機能によって出発時刻になるとタブレットに通知が届きます。

さらに、「Google Now」が、

  • 電車乗り換え
  • 経路
  • 到着までの時間
  • 現地の天気

を表示してくれます。

地図を一発表示

最寄り駅についたらGoogleカレンダーで予定をタップ。

一発で目的地の地図が表示されます。

訪問の帰りに

「Google Keep」で報告書を作成するためのメモを残します。

メモはGoogleドライブ(クラウドストレージ(ネット上の保管庫))に保存されます。

カフェで報告書づくり

先程書いたメモを「Googleドキュメント」を使って報告書にします。

ワード形式で保存できます。

メール送信

Googleドライブに保存されているデータは、簡単にGメールから送信できます。

必要な写真、書類を添付し、メール報告する。

……というのがGoogleアプリを使ったシチュエーションの一例です。

スマホとタブレットの連携

データはGoogleドライブ上にあるので、スマホからでもタブレットからでも同じように編集出来ます。

写メはスマホで撮って、長文を打つ時だけタブレットにキーボードを繋ぐといった使い分けも可能です。

誰もやっていない恐怖

Androidスマホ・Androidタブレットを使っている人はよく見かけますが、Googleアプリで統一している人はなかなか居ません。

私の知る中では誰一人やってません。

Androidの本当の使い方

もしこのGoogle連携の活用が、Google(エリート集団)の想定する本当のAndroidの使い方だと思うと怖いですね。

だって、誰もやってないのだから。

業務ルール縛り

  • 情報の扱い
  • セキュリティ

この2つがあるので、上記のシチュエーションを全てこなすのは厳しいのが現状ですね。

私は個人事業主なのでルールを自分で決められますが、自由に決められるといっても「顧客情報」は完全ローカルですし、Googleアプリの使える部分だけを活用しています。

業務用Gmail

富士フィルムやアシックスが導入しているビジネス用Googleアカウント「G Suite」というのもあります。

1ユーザーあたり年額6,000円。

Gmail.comではなく、会社名の入ったメールアドレスが使えます。

仕事用タブレットを安く買う方法ニャ!

仕事用タブレットの条件

古いタブレットや格安タブレットは動作が不安定で、作業中に突然電源が落ちてデータが消えてしまうことがあります。

これでは安心して仕事に使えません。

そのため、仕事用として使うなら価格だけを見るのではなく、安定性のある機種を選ぶのがいいでしょう。

コスパ最強のHUAWEI

仕事用としておすすめなのがHUAWEIのMediaPadです。安定性が高いことで有名ですね。

MediaPad8インチのパッケージ

基本

MediaPad(メディアパッド)はHuawei(ファーウェイ)が発売しているタブレットシリーズで、大きさによって次のような種類があります。

  • MediaPad M3
  • MediaPad M3 Lite 10
  • MediaPad T2 7.0 Pro
  • MediaPad T2 8 Pro
  • MediaPad T3 7
  • MediaPad T3 10

私が買ったのはMediaPad T2 8 Proなので、この記事では8 Proのレビューをしていきます。

WifiモデルとSIMフリーモデル

MediaPadにはWifiでしかネット接続出来ないWifiモデルと、格安SIMを挿してLTE回線が使えるSIMフリーモデルがあります。

Wifiモデルは値段が安い代わりに、自宅のWifi環境や無線LANスポット、もしくはモバイルルータを持っている人しかネット接続ができません。

Wifiモデルを購入

私は価格を抑えるためにWifiモデルを購入。

外出先でネットが出来ないと思いきや……。

スマホとテザリング出来るので、いつでもネット接続が出来ます!

スマホを持っていればWifiモデルでも不便はなさそうです。

MediaPad T2 8 Proのスペック

スペック表

項目
高さ 209mm
123mm
厚さ 8.1mm
OS Android6.0
CPU MSM8939 オクタコア
4×A53@1.5GHz
+4×A53@1.2GHz
メモリ 2GB
保存容量 16GB
microSDカード 最大128GB
バッテリー 4800mAh
ディスプレイ 8インチ
解像度 1920×1200
カメラ 800万画素
インカメラ 200万画素

2

付属品

mediapadの付属品

本体のほかに、ACアダプタと充電ケーブル(USB)が入っていました。

サイズとデザイン

8インチのMediaPad Proはギリギリ片手で持てるサイズです。

文字入力

片手の文字入力は厳しいです。

左手で端末を持って、右手でフリック入力する形になります。

画面上にキーボードを表示してタイピングすることも出来ます。

色はホワイト

シンプルなデザインなので安っぽさもなく、使う人を選ばない印象です。

mediapadの液晶画面

表面の白はザ・ホワイトという感じですが、裏面はシルバーがかっているので高級感があります。

画面はキレイ

綺麗な発色です。

目に優しい設定も細かく調整できるので、ディスプレイに関しての不満はありません。

ギラギラ感なし

古いタブレットでありがちな、液晶がギラギラして目が痛くなるということがありません。

カメラ性能

スナップ撮影をするくらいなら十分な性能です。

画面が大きいのでブレずに撮影しやすいです。

充電の持ち

MediaPad T2 8Proには充電用ケーブルが付属しているので、それを使ってコンセントから充電します。

毎日少しずつ使った場合、5~7日ほどの電池持ちです。

ヘビーユーザーでも夜に充電して朝に持ち出すというサイクルを崩さなければ、電池の持ちに悩むことはないでしょう。

メリットとデメリット

サクサク動く

前に買ったASUSの10インチタブレットと比べると、体感で3倍くらい早く動くように思います。

ASUSのほうだと、操作をしてから1秒くらいかかる処理でもMediaPadだと一瞬です。

価格が安い

私が買ったときはYahooショッピングで16,300円の815ポイント還元でした。

実質15,485円!

この性能で2万円前後は良コスパです。

使いやすい

DocomoやAuで端末を買うと標準アプリがごちゃごちゃ入っていますが、MediaPadはシンプルな構成です。

使いたいアプリだけをダウンロードして入れればいいので、「なんか知らないアプリが入ってるけど何だろう……」と悩むこともありません。

仕事用に使える

mediapadへのBluetoothキーボード接続

Bluetoothキーボードを無線接続して使っています。

オフィス系のファイル編集やメール対応など、ビジネス用途として一通りのことが出来ました。

ゲームが出来る性能

MediaPad T2 8 Proは本当にサクサク動くか不安でしたが、タイミングがシビアなリズムゲームもプレイできるようです。

指紋認証がない

ロック解除の方法は、

  • 点と点を結ぶやつ
  • 数字を入力する
  • 文字を入力する

の3つから選べます。

指紋認証がないので必ず何かしら入力を求められます。

ロックまでの時間を決められない

別の端末では、画面をオフにしてから3分間はロックしないといった設定ができます。

MediaPadは画面を1回オフにしたら即ロック画面になります。

自宅でしか使わない人はロック自体をオフにしたほうが便利かもしれません。

口コミと評判

画面がすぐに消える

少し触らないと画面がすぐに消える。使いにくいです。いい評判を聞いていたのでガッカリ。ファーウェイは地雷。

ホーム画面の設定→画面→スリープの順に押すと、画面が消えるまでの時間を設定できます。

消灯までの時間を15秒、30秒、1分、2分、5分、10分から選べます。

画面が急に明るくなる

ベッドで寝転がって利用中。設定をいじってないのに画面が急に明るくなったり暗くなったりする。初期不良でハズレを引いた。

周囲の明るさに合わせて輝度を自動調整するモードになっています。

ホーム画面の設定→画面→画面の明るさの順に押し、「明るさを自動調整」をオフにすれば明るくなりません。

MediaPad用のケース

MediaPad T2 8.0 PRO用ケースでおすすめなのがマグネットで閉じられる三つ折りタイプです。

mediapadのケース

三つ折り部分がスタンドになるので、タブレットを立てかけて使っています。

mediapadのケースを開いたところ

マグネット式なのでカバーがパカパカすることもないですし、デザインにこだわらない人なら安いのでおすすめです。