カテゴリー
家電の選び方

手取り16万円的☆プリンターの選び方と節約術

節約するならプリンターを買うな

手取り16万円的☆プリンターの選び方は「プリンターを買わない」です。

その理由は、コンビニプリントと写真屋プリントの進化です。

今は無料アプリを入れるだけで、登録なしでコンビニプリントが使えます。スマホに入っている写真や文章を簡単に印刷できます。

パソコンで編集した資料も、Googleドライブを経由すれば、すぐにスマホに移動できます。

写真プリントのも進化しました。
カメラのキタムラなどの写真屋さんに行くと、プリント機が置いてあって写真プリントができます。
コンビニよりもキレイに写真化できます。

ちょっとした印刷をするなら、もはやプリンターは不要です。

プリンターはインクビジネス

インクを高く買わせるのが、プリンターのビジネスモデルです。

最近はカラーインクの色数が増えており、インク代も高くなっています。昔は4色だったものが5色、6色と増えています。

「Canon インクタンクBCI-326」を見ると、6色で5000円以上します。インク代を考えるとプリンターを持つことは大きな出費です。

プリンターは特別な用途のときに買う

手取り16万円的☆選び方としては、以下のような理由があるときだけプリンターを買います。

  • 年賀状を大量に印刷する
  • 写真を大量に印刷する
  • 頻繁に文書を印刷する

詳しいプリンターの選び方

プリンターには「インクジェット」「レーザープリンター」などいくつかの種類があります。

  • インクジェット★
  • フォトプリンタ★
  • ドットインパクト
  • レーザープリンタ

家庭で使うのは★のついている2つだけです。

ドットインパクトやレーザープリンタは業務用で使われることが殆どなので、このページでは無視します。

インクジェットとフォトプリンターの違い

インクジェットとフォトプリンターの違いは、印刷サイズです。

フォトプリンタは写真サイズ限定です。
インクジェットは写真~A4など、幅広いサイズで印刷できます。

その他の違いは以下の通り。

比較インク
ジェット
フォト
プリンタ
方式インク昇華型
綺麗さ
色あせ普通長持ち
印刷
速度
普通速い
用紙選べる専用の
用紙のみ
サイズ選べる写真専用
コスパ

インクジェットの特徴

家庭用プリンターと言えばインクジェットプリンターのことです。

仕組み

  1. プリンターにカートリッジをセットして使う
  2. 紙にインクを噴きつけてプリントする

※カートリッジとは、インクが入った容器のこと

インクジェットのメリット

インクジェットのメリットは、大きな用紙に印刷できることです。複数色のインクを噴きつけて、とても小さな色の違いを表現します。

  • 印刷サイズが大きい
  • 本体の価格が安い

インクジェットのデメリット

インクジェットのデメリットは、インクのカートリッジが高いということです。本体価格が安い代わりにインクが高く売られています。

  • インクの減りが早い
  • インクの値段が高い

フォトプリンターの特徴

フォトプリンターは写真サイズに特化した小型プリンターです。

過去には、

  • インクジェット方式
  • 昇華型熱転写方式
  • Printpix(TA)方式

というようにいくつかの方式がありましたが、現在は小型化にともなって昇華型が主流です(一部の機種はインクジェット方式)。

フォトプリンターのメリット

写真を綺麗に印刷できる点です。プリンター本体が小さいので置き場所にも困りません。

フォトプリンターのデメリット

写真サイズしか印刷できないことがデメリットです。大きめの資料を作るといった用途では使えません。

  • 印刷サイズが限られる
  • 専用の用紙にしか印刷できない

インクジェットプリンタの選び方

用途に応じてインクを選ぶ

インクジェットのインクは2種類。

  • 顔料インク
  • 染料インク

何を印刷するかによって最適なインクが決まります。

顔料って何?

顔料は、簡単に言うと文字用インクです。

  • ○ 文字の印刷でにじまない
  • × 写真の印刷が苦手
  • × 光沢紙を使っても光沢が弱い
  • × インクが詰まりやすい

染料インクって何?

写真やイラスト向けのインクです。

  • ○ 写真のグラデーション表現が精細
  • × 文字がにじみやすい
  • × 光沢紙以外に印刷すると色が薄い

フォトプリンタの選び方

最初にも書きましたが、フォトプリンターとは「写真サイズを印刷するための小型プリンタのこと」です。大きな印刷ができない代わりに、コンパクトで場所を取らないというメリットがあります。

メリット

  • 場所を取らない
  • 機能が少ないのでシンプルで使いやすい
  • スマホから簡単に写真に出来る
  • 年賀状やハガキに印刷できる機種もある

デメリット

  • 写真しか印刷できない機種もある
  • スキャナやコピーの機能がない

印刷方式の種類

昇華型熱転写方式

熱によってインクを転写する方式です。フォトプリンターの主流です。

インクジェットと昇華型熱転写方式の違い

インクジェットの特徴は、

  • 写真がすぐに色褪せる
  • 昇華型と比べて画質が悪い
  • 印刷に時間がかかる

と言われていました。

昇華型は写真が長持ちし、素早く綺麗に印刷できるのが特徴です。

※現在はインクジェットの進化によりほとんど違いがありません

昇華型の注意点

昇華型熱転写方式の1番のデメリットは、専用の用紙にしか印刷できないことです。写真専用に使うなら問題ありませんが、年賀状の作成(官製ハガキへの印刷)はできません。

フォトプリンタのインクは1種類

インクジェットのインクは「顔料インク」「染料インク」の2種類がありますが、フォトプリンターのインクは1種類のみです。

フォトプリンターは写真用なので、どのメーカーでも染料インクが使われています。

インクの色数でキレイさが変わる

むかしは3色のインクを混ぜあわせて色を表現していましたが、最近は4色~8色にインクを増やしたタイプも発売されています。

インクを増やしたことで細かな色の表現が可能になっています。

3色インクの特徴

  • 印刷の質はそこそこ
  • 印刷コストが安い

4色以上インクの特徴

  • 印刷の質が高い
  • インク数が多いので印刷コストが高い

年賀状が汚くプリントされる理由

年賀状が汚くプリントされる原因の多くは、印刷物のdpiが低いことです。

『印刷した画像が拡大コピーしたようにザラザラしてる!!!』

ということはないでしょうか。

画像データは点(ドット)の集合です。この点の数が少ないことがザラザラの原因です。

よくわからない!

↓こんな風にイメージするとわかりやすいです。

A3サイズのデータをギュッと縮めてハガキサイズに印刷する
→綺麗

名刺サイズのデータを拡大してハガキサイズに印刷する
→ザラザラ

解決方法

もとのデータサイズが大きければOKです。

スマホで写真を撮るときは、以下のような解像度の設定を選べます。

  • 640×480
  • 1920×1080
  • 3920×2204

印刷するときは1番大きいサイズで撮影します。サイズの大きい写真データを使えばキレイに年賀状印刷ができます。