かんたん予約タイマー!ラジオ録音機器の選び方と比較

2018年7月13日

目的に合わせて選ぼう!!
ラジオ放送を録音する家電の選び方を、目的に応じて紹介しています。

録音できるラジオの選び方ニャ!

ラジオを録音する目的って、大きく2つに分けられると思うんです。

語学勉強用に繰り返し聞いたり、好きなラジオ番組を録音しておいて散歩中に聞くことが目的なんだ。しばらくしたら過去放送は消してもいいし、そこまで高音質は期待してないよ。

という人と、

録音したラジオをコレクションでずっと保管しておきたいな。出来るだけ高音質で残したいし、簡単にパソコンに移動してバックアップも取りたい。外部録音などの多機能を重視したい。

という人です。

簡単に言うと、

  • 気軽に録音したい人
  • こだわって録音したい人

の違いですね。

まず、気軽に録音したい人の選び方から紹介します。

気軽に録音できるラジオの選び方ニャ!

タイマー機能がある

指定した時間になると、自動的に起動して録音を開始する機能です。

予約できる番組数や、繰り返し予約に対応しているかもポイントになります。

A-Bリピート機能がある

指定した部分だけを繰り返し再生する機能です。

語学勉強をしたい時や、音楽番組の曲部分だけを何度も聞きたい時に役立ちます。

ポータブル性

録音したラジオをそのまま持ち出せるので、ポケットタイプが便利です。

ポータブルのラジオ録音機器なら

  • オーム電機
  • 東芝
  • ソニー

の3種類から選ぶことになります。

※オリンパスのラジオサーバーは高くて除外(4年前に発売したものが6万円する)
※山善のラジオレコーダーも除外(評価の半分が星1の最低評価

一覧表で比較

比較 オーム 東芝 ソニー
タイマー ×
予約数 20件 20件
繰り返し
予約
1回のみ
毎日
毎週
1回のみ
毎日
毎週
AB
リピート
×
ワンセグ × ×
内蔵
メモリー
× × 8GB
SDカード micro
SD
micro
SD
micro
SD
外部
マイク端子
マイク内蔵 マイク内蔵
外部端子

オーム電機のRAD-F830Z

RAD-F830Zは、とにかく値段の安いポータブル録音機です。

OHM 録音機能付ラジオ RAD-F830Z-K

OHM 録音機能付ラジオ RAD-F830Z-K

2,194円(09/22 03:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

タイマー機能がないですが、ラジオAM・FM放送を聞いたり、録音することはできます。

低予算でも買える、簡易的なラジオ録音機という感じですね。

東芝のTY-RPR1

TY-RPR1は、安価で多機能なポータブル型のラジオ録音機です。

東芝 ラジオ TY-RPR1

東芝 ラジオ TY-RPR1

17,610円(09/22 03:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

8ギガバイトのmicroSDカードがついてくるので、届いたらすぐに使い始めることができます。

RPR1のデメリットが電池の消耗が激しいこと!

タイマー録音する機器としては致命的な弱点です。

充電乾電池を頻繁に交換する運用なら問題ありませんが、アルカリ乾電池を入れて使うのには向いていません。

ソニーのICZ-R100

ICZ-R100はポータブルラジオレコーダーでありながら、付属のスピーカークレードルにセットすることで、据え置きとしても使えるラジオサーバーです。

クレードルに置いておけば常に充電状態となるので、ポータブルのラジオ録音機器にありがちな電池切れでタイマー録音に失敗するということがありません。

電池は内蔵タイプ。乾電池の交換は不要です。

普段はクレードルに接続してタイマー録音をさせておき、散歩の時だけ外して持っていくといった使い方が出来ます。

この3機種の中では1番おすすめです。

こだわって録音できるラジオの選び方ニャ!

ワイドFMの対応をチェック

ワイドFMとは、FMの周波数でAM放送を聞ける機能です。

ワイドFMを使うと、

  • ビルが多い場所でも放送を受信しやすい
  • 山が多い場所でも受信しやすい
  • 外国放送の混信を防ぐ

といったメリットがあります。

キレイな音で録音するためには、ワイドFM対応の機種を選ぶのがいいでしょう。

タイマー録音

時間になったら自動で番組を録音する機能です。

予約可能な件数が機種によって違うので、録音したい番組数に合わせて選びます。

スマートフォン連携

スマホに保存してある音楽を無線で飛ばし、ラジオから再生する機能です。

一覧表で比較

高機能なラジオ録音機として、5つの据え置きラジオサーバーを比較します。

  • ソニーのICZ-R250TV
  • ソニーのZS-RS80BT
  • パナソニックのRF-DR100
  • ケンウッドのCLX-30
  • 東芝のTY-AH1000
比較 ソニー
R250
ソニー
RS80
パナ
RF
ケン
CLX
東芝
TY
タイマー
予約数 20件 1件 20件 5件 1件
繰り返し
予約
1回
毎日
毎週
1回 1回
毎日
毎週
1回
毎日
毎週
1回
AB
リピート
×
ワンセグ × × × ×
内蔵
メモリー
8GB 4GB
SD
カード
SD SD SD
mini
micro
SD
[USB
メモリ]

録音重視なら

録音機能を重視するならソニーのR250TVパナソニックのRF-DR100が向いています。

どちらも20件のタイマー予約が可能で、録音性能が高い機種です。

ソニーは内蔵メモリが8ギガ、パナソニックは半分の4ギガなので、大量に録音するならソニー。

4ギガで足りそうならパナソニックのほうが安く済みます。

録音できるラジカセなら

ソニーのCFD-S401は、カセットテープにタイマー録音することができます。

ラジオだけでなくCDもカセットテープに録音可能です。

ボタンがラジオ本体の上部に集まっているので操作がわかりやすく、年配としてのプレゼントとしても喜ばれる製品だと思います。

CD+ラジオ録音なら

ケンウッドのCLX-30です。

CLXはラジカセではなくパーソナルオーディオシステムという扱いなので、カセットテープは使えません。

CDやラジオを、USBメモリーやSDカードに簡単に録音できます。

スマホ連携と音質重視なら

タイマー予約が1件しか出来ない代わりに、高音質なのが東芝のTY-AH1000です。

東芝 コンポ Aurex TY-AH1000

東芝 コンポ Aurex TY-AH1000

22,572円(09/22 03:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

Bluetooth(無線)接続をすることで、スマホやMP3プレイヤーの音楽を聞くことができます。

ただし、ラジオの録音機能という面で見ると、予約を1件しか登録できないのは不便ですね。

ハイレゾ音源の再生に対応し、高出力アンプで大音量の再生ができるので、音響機器としてラジオを買いたい人に向いています。