手取り16万円的☆テレビ録画機の選び方

使わない機能はバッサリ切る

手取り16万円的☆テレビ録画機の選び方の基準。
『最低限の録画デッキを買う!』

機能が多いほど値段が高いです。
使わない機能は無駄ですよね。

たとえば、スマホ連携です。連携しないのに、スマホ機能が充実していても意味がありません。

同時に録画できる番組数

普段見ている番組数に合わせて決めます。
個人的には2番組の録画で十分でした。お正月の特番のときに3番組録画したいタイミングがあるくらいです。

録画保存の容量は500GBあればいい

500GBで約250時間録画できます。

画質を最低にセットすると530時間くらい録れますが、キレイに録画するなら250時間です。

毎日1時間ずつ見ても250日かかる分量です。普通に使っていれば足りますね。

買うならブルーレイレコーダー

テレビ録画機は2種類あります。

  • ブルーレイレコーダー
  • ハードディスクレコーダー

2020年の主流はブルーレイレコーダーです。
ハードディスクのほうは殆ど売られていません。

ブルーレイレコーダーを選ぶのが安定です。

テレビ録画機の知識

録画機の種類

主な録画デッキは5種類ありますが現在の主流は1種類だけです。

  • ビデオデッキ
  • DVDレコーダー
  • BD(ブルーレイ)レコーダー
  • HDD(ハードディスク)レコーダー
  • BD+HDDレコーダー

いまはBD+HDDレコーダーが「ブルーレイレコーダー」と呼ばれています。
ブルーレイレコーダーを買えば2つのことができます。

  • DVDとブルーレイの再生ができる
  • 内蔵されたハードディスクにテレビを録画・再生できる

DVDとブルーレイの違い

DVDって何?

  • 円盤型の記録メディア
  • ビデオテープよりもキレイな映像を残せる
  • 長時間の録画はできない

BDって何?

  • ブルーレイは保存容量が多い
  • 録画できる番組はDVDの5倍
  • 1枚の値段はDVDより高い

BD(ブルーレイ・ディスク)も円盤の形をした記録メディアです。