スマートウォッチの種類【そもそもよくわからない人へ】

「スマートウォッチ」や「ウェアラブルデバイス」という単語はよく聞くけれど、イマイチよくわからない……。
そんな人向けに、スマートウォッチの種類をまとめました。

  • スマートウォッチと活動量計の違い
  • アップルウォッチとAndroidウォッチの違い
  • スマートグラスって何?

というような基本的な知識がわかる構成になっています。

ウェアラブル端末の種類

ウェアラブル端末の種類

ウェアラブル端末にはリストバンド型、ウォッチ型、メガネ型などがあり、どれも体に身につけて使います。

時計をつけるだけで、電子マネーを使った支払いやメール受信ができます。

ウェアラブルというのは英語のWearable(身につけられる)という意味。スマートフォンのように手に持って使うのではなく、肌に身に着けて使う端末のことをウェアラブル端末(またはウェアラブルデバイス)と呼びます。

【スマートウォッチ 】

スマートウォッチは、時計の中にスマホ機能が埋め込まれているデバイスです。デジタル時計とアナログ時計の両タイプがあります。

向いてる人

スマートウォッチに向いているのは、ハイテク&高機能を求めている人や、時計型のデザインを重視する人です。

  • スマホ連携でデータ管理、分析したい
  • 電子マネーを使って、財布なし生活をしたい
  • 普通の時計と同じ見た目がいい

ただし、多機能なスマートウォッチほど充電が早く減ります。

充電が長く持つことを優先するのであれば、下のほうで紹介する活動量計タイプのほうが合っています。

主な特徴

加速度センサやジャイロセンサなどを内蔵し、腕の動きによって運動を検知します。
iPhoneやAndroidスマホと連携することで、運動データをグラフ化したり、スマホ内に保存することができます。

iPhoneの人はアップルウォッチ、Androidの人はスマートウォッチを選ぶのが基本です。

スマートウォッチの相場

  • 最安値 6000円
  • コスパ価格 2万円
  • 最高値 18万円(AppleWatch)

Misfit Wearablesが販売するフェイズシリーズや、カシオのG-SHOCKシリーズは1万円以下が相場です。

コスパが良い機種を選ぶなら2万円前後の製品です。機能と値段のバランスがいいです。安いApple Watchも2万円前後の価格となります。

スマートウォッチの、さらに詳しい選び方は次のページを見てください。

【活動量計】

活動量計はスマートウォッチと違い、運動や睡眠を記録する機能がメインです。 腕に巻くリストバンド型と、ズボンにつけるクリップ型があります。

向いてる人

  • ずっと付けっぱなしで使いたい
  • 職場が腕時計禁止(クリップ型なら使える)
  • 運動や睡眠のトラッキング(記録)ができればいい

活動量計に向いているのは、運動データをトラッキング(記録)したい人です。

基本的に、活動量計には電子マネー決済の機能がありません。運動や睡眠をデータ化して、健康管理やダイエットに役立てる使い方が中心になります。

主な特徴

基本的な機能はスマートウォッチと同じです。搭載したセンサーで運動を感知したり、心拍数を計測して睡眠の質などをデータ化できます。

私が使っている活動量計はリストバンド型です。ウェアラブル端末は1日中つけっぱなしにするので、スマートウォッチでは大きくて邪魔になることがあります。

リストバンド型は細い!

長い間つけておいても邪魔になりません。

活動量計の相場

  • 最安値 1200円
  • コスパ価格 1万円
  • 最高値 5万円

スマートウォッチと比べて、全体的に価格が安くなっています。機能的には1万円前後の製品でも十分満足できるレベルです。
低予算で選ぶなら、スマートウォッチよりも活動量計が候補になります。

【スマートグラス】

スマートフォン的な機能を持ったメガネ型のデバイスです。レンズ部分がディスプレイになっているので、空間に情報が映し出される感覚を体験できます。

Recon Jet ホワイトモデル 000640

Recon Jet ホワイトモデル 000640

29,800円(11/12 11:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

向いてる人

  • 新しいものを試してみたい
  • メガネに動画を映して楽しみたい
  • メガネで写真や動画を撮影したい

スマートウォッチや活動量計と同じように、スマートグラスにもセンサーが内蔵されていて、運動をトラッキングできます。

しかし、わざわざメガネ型でトラッキングする必要性がありません(特殊な状況を除いて)。

スマートグラスの使い道としては、メガネで動画を見たり、メガネで写真・動画撮影をすることがメインになるでしょう.

主な特徴

メガネ型の魅力は、近未来的な体験ができることです。
ただし、フレーム部分にコンピュータが内蔵されているため、普通のメガネよりもやや重いです。

メガネ型は仮想現実(拡張現実)に対応。メガネから見えている風景の上に重ねて画像を表示できます。重ねて表示すると、地図のナビゲーションが便利です。

安全面やプライバシーの問題

2012年に発表された、メガネ型のグーグルグラスは2015年に販売停止。2017年になってプロジェクトが再開されましたが、グーグルグラスのブームは来ていません。

販売中止の理由
グーグルはなぜグーグルグラスの販売中止を決めたのでしょうか。
既に製品としての開発が進み、一般の認知も広がった製品の販売を中止するという大きな決断の背後には様々な理由があったと思いますが、中でも安全性の問題とプライバシーの問題が大きな要因と言われています。

https://pantograph.co.jp/blog/wearable/smartglass-survey.html

メガネ型は、これから流行っていくデバイスです。成熟していないので使い勝手もよくありません。そのため、ウェアラブル端末を使って生活を便利にしたい人はスマートウォッチやリストバンド型を選んだほうがいいでしょう。

スマートグラスの相場

  • 最安値 15,000円
  • コスパ価格 65,000円
  • 最高値 16万円

スマートグラスで安く買えるのは眼鏡屋さんのJINSが販売しているJINS MEMEシリーズです。トラッキングがメインです。

シリーズです。トラッキングがメインです。

写真・動画撮影をするなら6万円台のものが基本になります。

スマートウォッチの種類

スマートウォッチはスマホの機能を持った腕時計です。

時計でメールを受信、時計で通話。

ポケットからスマホを取り出さなくても、ネットを使ったコミュニケーションが可能です。

アップルウォッチ

iPhoneでお馴染み。アップルの開発しているスマートウォッチです。

向いてる人

  • 買うからには高性能なものがいい
  • 携帯電話にiPhoneを使っている
  • 電子マネーで買い物をしたい(財布を持たない)

やはり、iPhoneユーザーであることが1番の条件です。iPhoneと組み合わせて使うことにより、アップルウォッチの魅力を最大限に引き出せます。

主な特徴

  • 電話の発着信
  • 音楽再生
  • 健康データのトラッキング

アップルウォッチの特徴は、基本的な機能を網羅していることです。
さらに、アップル製品ならではの魅力として、どの製品を選んでも高品質が保証されています。

品質が高くて不具合が少ない!

アップル製品はソフト・ハードの規格が統一されているため、安定して動きます。

規格統一についてはスマホでも同じことが言えます。Android端末は規格がバラバラです。スマホによって搭載しているOSバージョンが違うため、動くアプリがあったり、動かないアプリがあったりします。iPhoneはソフトとハードの両方をアップルが作っているため、バージョンが統一されていて、機種ごとのバラツキがありません。

アップルウォッチの相場

  • 最安値 2万円
  • コスパ価格 5万円
  • 最高値 18万円

アップルウォッチは最安の機種でも2万円前後です。スマートウォッチとしては全体的に高めの値段設定ですね。

Wear OS(Androidウォッチ)

Googleが開発しているのがWear OSです。もともとはAndroid Wearを呼ばれていましたが、現在は「Wear OS by Google」という名前に改名されました。

向いてる人

  • Googleのサービスをよく使う
  • iPhoneとAndroidスマホの両方で使いたい

Wear OS搭載のスマートウォッチに向いている人は、Googleのサービスをよく使う人。

とにかく、これです。

スマートウォッチから、Googleマップ、Google Music、Googleスケジュール、Google Fit、Gmailなどを使う人はWear OSが合っています。
時計の液晶にGoogleマップを映して、見ながら移動できるのは便利です。

主な特徴

Wear OSの1つ目のメリットは、AndroidスマホとiPhoneの両方に対応していることです。Androidスマホだけでなく、iPhoneに届いたメールの通知なども時計に転送することができます。

残念ながら、連携できるのは1つのウォッチにつき、1台のスマホだけです。アプリを使った裏技で複数台に対応できますが、通常の使い方ではスマホの2台持ちは非対応です。

Wear OS を搭載するスマートウォッチは以下の会社が販売しています。

  • カシオ
  • ASUS
  • タグ・ホイヤー
  • マイケル・コース
  • モンブラン

Wear OSの相場

  • 最安値 3万円
  • コスパ価格 5万円
  • 最高値 25万円

アップルウォッチと同じく、そこまで安い製品はありません。タグ・ホイヤーの「コネクテッド モジュラー」であれば25万円前後の値段になります。

Tizen(サムスンウォッチ)

Tizen(サムスンウォッチ)はその名の通り、サムスンだけが搭載しているOSです。製品名では「Galaxy Watch」が有名です。

向いてる人

  • GooglePlayが使えない点を我慢できる
  • 見た目が気に入った

サムスンウォッチのTizenは独自OSなので、GooglePlayが使えません。一般的なandroid用アプリが使えないため、カスタマイズの幅が狭くなります。
そのため、サムスンウォッチに向いているのは上記の2点を満たす人です。

主な特徴

サムスンウォッチの特徴は洗練したデザインと、独特の操作性にあります。時計の外周を回すようにスライドさせることで、画面が切り替わります。

Tizenの相場

  • 最安値 25000円
  • コスパ価格 35000円
  • 最高値 45000円

価格にバラツキがないのがサムスンウォッチの特徴です。
ゴルフの飛距離計測アプリがついている「Galaxy Gear S3」であっても4万円前後の予算で買えます。

OS非搭載ウォッチ

スマートウォッチの中には、名前のあるOSを搭載していない機種もあります。

というか、販売数的に言えば、OS非搭載ウォッチがスマートウォッチの主流です。

向いてる人

  • 安い価格で、とりあえずスマートウォッチを使ってみたい
  • たくさんの製品からデザインを選びたい

「とりあえず、スマートウォッチを使ってみたい」という人に向いています。
OS非搭載ウォッチは価格が安くて、機能もそれなりに揃っています。

Appleサービス・Googleサービスとの連携には弱いですが、運動や睡眠の記録という面では十分な機能を持っています。

主な特徴

時計の中にセンサーを内蔵していて、運動や睡眠などの生活アクションを自動的に記録します。記録したデータをスマホに転送し、グラフやカレンダーで確認できます。

自転車、マラソン、スイミングなど、運動量や運動距離を計測したい人に向いています。もちろん、時計から電話の着信もできます。

OS非搭載ウォッチの相場

  • 最安値 5000円
  • コスパ価格 15000円
  • 最高値 16万円

1番安い製品なら5,000円前後で入手できます。この手軽さも、OS非搭載ウォッチの魅力ですね。

1万5千円も出せば、それなりの製品が手に入ります。コスパが最も優れているスマートウォッチのジャンルです。

私はOS非搭載ウォッチを使ってます。1万5千円前後の製品ですが、機能としては十分です。歩数カウント、消費カロリー、運動の種類の自動判定、睡眠時間の計測、防水でつけたままシャワーに入れるなど、使ってみての不満はとくにありません。

活動量計の種類

活動量計は、リストバンドやクリップ形状のデバイスを身につけることで、普段の運動量を自動的に計測(トラッキング)するアイテムです。

身につけて使うタイプの電子機器をウェアラブル端末と呼びますが、活動量計者その中の1つです。活動量計には時計がついているものも多く、スマートウォッチと呼ばれたりもします。

スマートウォッチは、時計を介してメールをしたり、通話をしたり、時計からスマホの機能を使うことがメインです。活動量計は、運動を記録したり、睡眠を記録したり、普段の生活データを記録することがメインの機能になります。

リストバンド型

リストバンド型の活動量計は、その名の通り腕に巻いて使います。盤面は時計よりも小さく、ベルトの幅も時計より細くなっています。

向いている人

仕事中にリストバンドをつけられる人なら、リストバンド型が向いています。活動量計のほとんどがリストバンド型なので、製品の選択肢も多く、自分に合った製品を見つけやすいです。

主な特徴

多機能スマートウォッチと比べて重量が軽いのが特徴です。運動量のトラッキングがメインなので、装着時のストレスを減らす工夫がしてあります。

製品によっては完全防水の機能がついていて、活動量計をつけたままプールで泳いだり、お風呂に入ったりすることができます。

防水タイプのリストバンド型ウェアラブル端末を買って、付けっぱなしで生活してみました。付けたままシャワーを浴びて1ヶ月過ごしましたが、まったく問題ありませんでした。

リストバンド型の相場

  • 最安値 5000円
  • 相場 13000円
  • 最高値 5万円

リストバンド型の活動量計は、安いものなら5,000円以下で買うこともできます。しかし、あまりにも低価格なものは機能も少なく、使い勝手がいいとは言えません。

長く使うなら、最初から1万円前後のものを選んだほうがいいですね。

クリップ型

クリップ型は、ズボンのベルトに挟んで使ったり、ズボンのポケットに入れて使うタイプの活動量計です。

向いてる人

クリップ型に向いてるのは次のような人です。

  • リストバンドをつけられない職場環境の人
  • 活動量計の利用を人に知られたくない人
  • 腕には普通の腕時計をつけたい人

主な特徴

クリップ型の特徴は、目立たずに活動量をトラッキングできること。

リストバンドに比べて、計測できる運動の種類が少なくなります。また、 心拍数の計測ができないので、 睡眠の判定が曖昧になります。

クリップ型の相場

  • 最安値 1200円
  • 相場 1600円
  • 最高値 13000円

クリップ型の候補は、Fitbitのクリップ型や、パナソニックの「デイカロリ」シリーズです。高機能ならFitbit。シンプルで安い製品ならデイカロリが候補になります。

以上、スマートウォッチの種類でした。ウェアラブル端末の購入を迷ってる人は参考にしてみてください。

関連するページ

  1. 電池が長持ちする活動量計
  2. 軽い活動量計
  3. ダイエットに強い活動量計
  4. 睡眠ログに強い活動量計