セントラル浄水器の選び方!価格を10分の1にする方法

浄水を節約するなら……。
水道管に直接取り付けるセントラル浄水器の選び方についてまとめました。

セントラル型が向いている人は誰ニャ?

そもそもセントラル浄水器って?

水道管の根本に取り付けることで、家全体の蛇口から浄水された水が出ます。元栓直結型とも呼ばれます。

他の浄水器と違って、シャワーやお風呂から塩素を取り除けるのがメリットです。

メリット

  • 浄水を意識しなくていい
  • お風呂から塩素を除去でき、入浴時の塩素のニオイが軽減
  • ケトルやヤカンに水アカがつきにくくなる

デメリット

  • 20万~50万円の費用がかかる
  • 取り付けると水圧が弱くなる製品がある
自動的に浄水してくれるので便利ですね。では、セントラル型はどんな人に向いているのでしょうか。

向いている人は?

アレルギーがあるなどの理由で、家で使うすべての水を浄水したい人です。

飲み水だけ浄水できればいいなら別の種類を選んだほうがいいでしょう。

セントラル浄水器選びのポイントニャ!

セントラル型は浄水器の中でも高価です。工事費を含めて50万~100万円ほどです。高い買い物なので、資料請求やメーカーへの電話問い合わせも活用したいところですね。

基本的な知識として選び方のポイントを3つ紹介します。

浄水性能で選ぶ

製品によって浄水性能が異なります。フィルターの形状や、何枚のフィルターを通すかで差が出ます。

とにかくフィルターが多ければいいんだ!と考えるのはNGです。

フィルターが厚いほど、そして枚数が多いほど水圧が弱くなってしまいます。

浄水と水圧のバランスを見て選ぶのがコツですね。

水圧の強さで選ぶ

水圧の強さは、1分あたりに「ろ過」できるリッター数でわかります。L/分と表記されています。

水道を全開にした時の水量は12~20リットルです。そのため、ろ過流量は20L/分以上のものを選ぶと快適に使えます。

自宅によって水圧は違うので、自分で1分あたりの水量を測っておけば安心です。

値段で選ぶ

セントラル浄水器の費用は3つあります。

  • 本体代金
  • 工事費
  • フィルター交換の維持費

1年~数年に1度はフィルター交換が必要になります。

その他のポイント

自宅にセントラル浄水器を取り付ける場所があるかをチェックします。マンションでも取り付けは可能ですが、物件によっては取り付けられないこともあります。

フィルター交換の手順も重要です。業者が交換してくれるのかどうかをチェックしましょう。

活水器と浄水器の買い間違いにも注意です。活水器というのは磁石を使って水質を変えようとする機械のことです。フィルターを通さないので浄水効果はありません。フィルター交換不要の製品は、浄水器ではないと考えて良いでしょう。

製品8種の価格比較ニャ!

メーカー本体工事
ダステックス
光水CR500MS
195,000円54,000円
スローヴィレッジ
ソリューヴ
235,000円55,000円
アクアス総研
アクアス5
250,000円54,000円
ユービー
ウェルライブ
432,000円
ビューター260,000円36,000円
見聞堂
シーガルフォー
324,000円
Suiro
スイロSR
500,000円50,000円
サンシャインワン
ヒカリックス
198,000円30,000円

浄水器の体験談

セントラル浄水器を実際に導入しているかた、検討しているかたのページを集めました。

値段を10分の1にする方法ニャ!

セントラル型の利点は家中から浄水が出ることです。

家の中で水を使うのは、

  • キッチン
  • 洗面所
  • シャワー
  • お風呂の蛇口
  • 洗濯機
  • トイレ

の6箇所が基本です。

このうち、トイレと洗濯機は浄水しても意味ががありませんね。

つまり、残りの4箇所を浄水できれば家中の浄水ができるということになります。

キッチン、洗面所、お風呂蛇口に「蛇口直結型」を取り付け、シャワーを「浄水シャワーヘッド」に交換すれば、家中から浄水が出るようになります。

費用は4個×5,000円で2万円で、工事は不要です。この方法を使えば、セントラル型の20万円を10分の1に抑えられます。

もし蛇口直結の浄水器で代替できるなら費用を安くできますね。セントラル型を検討していたけど予算オーバーだった!という時に使える方法だと思います。

蛇口直結型とシャワーヘッドについては以下のページにまとめました。