[スマホ節約]イオンモバイル評判!損しない条件は

この記事の所要時間: 928
シェアで家族全員のスマホ維持費を節約!!
店舗からも契約することが出来る初心者向けのイオンモバイルSIMについてまとめました。

口コミと評判まとめ

良い口コミ

安いので不安でしたが快適に使えています。速度にも満足です。
料金プランが選べるので助かります。あまり容量を使わないので安く持てて助かります。

悪い口コミ

時間帯によっては動画がちゃんと読み込まれない。スピード早い時は早いんですが。
なんだかんだ言っても他SIMのほうが安い気がする。スマホとセット買いした時の料金で比べると微妙です。

イオンモバイルって何?

イオンモバイルとは、ショッピングモールのイオンが提供している格安SIMカードサービスです。

SIMカード単体だけでなく、格安スマホとのセット販売もしています。

初心者向けのサービス

実店舗があるので初心者でも使いやすいSIMカードだと思います。

店舗で契約できるSIMは少ないので、イオンモバイルが出る前は、格安SIM自体を知らなかったという人も多いのではないでしょうか。

イオンモバイルは格安SIMや格安スマホの普及に一躍かったとも言えますね。

セット販売が特徴的

イオンモバイルのセット販売も特徴的です。

スマホ本体とのセットだけでなく、タブレットとのセットや、Wifiルータとのセットも販売しています。

「ノートパソコンを繋ぐのにWifiルータを使ってみたいけど、よくわからない……」という人や、「スマホとは別に仕事用のタブレットを買いたい!」という人にも便利なサービスになっています。

買い方の種類

イオンモバイルには、SIMカード単体を契約する買い方と、端末とセットで契約する買い方があります。

  • SIMカード単体
  • スマホとSIMのセット
  • タブレットとSIMのセット
  • WifiルータとSIMのセット

どの買い方をしても、料金表に変化はありません。

それでは実際にイオンモバイルの料金について見ていきましょう。

イオンモバイルの料金表

料金は「データ」「音声」「音声シェア」のプランによって決まります。

通信容量
月単位
料金
データ
料金
音声
料金
シェア
500MB 1130円
1GB 480円 1280円
2GB 780円 1380円
4GB 980円 1580円 1780円
6GB 1480円 1980円 2280円
8GB 1980円 2680円 2980円
12GB 2680円 3280円 3580円
20GB 3980円 4680円 4980円
30GB 5380円 6080円 6380円
40GB 7480円 7980円 8280円
50GB 10300円 10800円 11100円

電話番号が貰える音声プランでも1,130円から持つことができます。

電話を受けるのが中心で、ネットをあまりやらない人であれば、安いプランでも実用性が高いです。

共通のスペック

容量の追加

イオンモバイルは1GBを追加するごとに480円の料金がかかります。

データSIMには、タイプ1とタイプ2があって、タイプ2のほうが月6回までしか追加ができません。

タイプ1は無制限で追加できますが、容量を使い切ったあと(200kbpsになった状態)で3日間366MBを超えると通信スピードが制限されます。

速度制限時のスピード

容量を使い切った状態では、一律で200kbpsに制限されます。

スピード制限は翌月に解除されます。

SMSオプション

SMSオプションは月額140円で利用できます。

オプションをつけられるのはデータプランを選んでいる人だけです。

データプラン詳細

最低480円から使えるプランで、電話番号が貰えないネット専用のプランです。

月に使う容量に応じて1GB~50GBまで選べるので、自分に合わせたプラン選択が可能です。

音声プラン

電話番号が貰える音声付きのプランです。

選べる容量はデータプランよりも多く、500MB~50GBまでです。

イオンモバイルは検討の価値あり

イオンモバイルのいいところは、イオンの店頭で申し込みができるところですよね。

やっぱり店員さんから直接説明を受けたほうがわかりやすいですし、不安なことを質問することもできます。

現在Docomoやau、ソフトバンクを使っている人が、最初に乗り換える格安スマホとしておすすめです。

違約金がない

なぜ最初の契約におすすめかというと、解約しても違約金がかからないからです。

気軽に乗り換えができるので、格安SIMに慣れてきたら別のSIMに切り替えるのもいいでしょう。

契約しないのもあり

店頭で説明を聞いたからといって、絶対にイオンモバイルにしなきゃいけないってことはないですよね。

とりあえず店頭で格安SIMの仕組みを聞いてみて、理解できたら別の会社と比較してみるのもいいと思います。

シェア音声プランの魅力

イオンモバイルの1番の魅力プランと言えば、シェア音声プランです。

シェア音声プランは、3枚のSIMカードを同時に契約するときに選べるプランです。

一人で複数の端末を使うときや、家族全員の携帯を格安SIMに乗り換えるときに使えます。

SIMの枚数は3枚~5枚の間で選べます。

データ容量を分け合える

シェアプランは、月のデータ容量を分け合えます。

30GBのプランを3枚のSIMで契約し、3人がそれぞれ10GBずつ使ったり、3人のうち1人が25GBを使い、残りの2人が余った容量を使ったりできます。

値段が安くなる

シェアプランは個別契約よりも値段が安くなるので、家族で一斉に変えると、大幅にスマホ維持費を節約できます。

シェアできるのは音声プランのみです。

データプランでのシェア契約はできません。

SIMの枚数

シェア音声プランの基本は3枚セットなので、4枚目と5枚目を追加するには別料金として200円がかかります。

4枚なら月額料に200円プラス、5枚なら400円プラスとなります。

SIMカードのタイプ

イオンモバイルのSIMカードには、「タイプ1」と「タイプ2」という種類があります。

シェアプランで使えるのは「タイプ1」のみです。

上のほうにも書きましたが、タイプによる違いが出るのは容量を使い切ったときです。

タイプ2は、月に6回までしか容量を追加購入できません。

ただ、6回も追加することはあまりないと思うので、一般的な使い方をする分には関係ありません。

プラン変更

普通の単体プランからシェアプランに変更はできません。

途中から変えたい時は、一旦解約して、再度申し込みをする形になります。

イオンモバイルのメリット

オプションが豊富

国際ローミング[標準付与]

イオンモバイルは国際ローミングに標準で対応しているので、海外旅行に行っても、スマホ代が異常に高くなるということがありません。

国際ローミングとは
日本の電波(Docomo、au、Softbankなど)が届かなくなった場合に、自動的に海外の回線を使う機能です。
たとえばDocomoを使っている人は、Docomoと提携している会社の回線が自動的に使われます。
海外でスマホを使うなら、国際ローミングに対応しているほうが料金が安くなります。

国際電話[標準付与]

イオンモバイルでは海外との通話ができます。

  • アメリカ 31円~
  • イギリス 78円~
  • 台湾 49円~
  • 香港 49円~
  • 中国 49円~
  • 韓国 49円~

無料でプラン変更[標準付与]

プラン変更をすると翌月の1日から新しいプランが適用されます。

手数料がかかりません。

SMSオプション

月額140円でSMSが使えるようになります。

音声通話プランには標準付与なので、データプランを契約している人向けです。

追加高速データ通信容量1GB

1GB分の容量を480円で追加できます。

契約している容量が不足したときに買うことができます。

留守番電話サービス

月額300円で留守番電話が使えるようになります。

留守番機能はスマホ本体にも内蔵されているので、常にスマホの電源が入っているなら加入しなくても留守電が使えます。

電源オフのときや圏外のときはスマホの留守電は使えないので、そういう時はオプション留守電のほうが便利です。

割り込み電話着信サービス

月額200円で使える、いわゆるキャッチホンです。

電話している最中、別の人から電話がかかってきた時に、もう一方の電話に出ることができます。

音声追加オプション

シェアプランのみのオプションです。

シェアプランは通常3枚のSIMカードがセットになっていますが、希望すると4枚目・5枚目のSIMカードを追加できます。

追加する場合、1枚あたり月額200円の利用料がかかります。

イオン電話サポート

格安SIMを使うにあたって、つまづきやすいのがスマホの設定です。

スマホの種類によって設定の仕方が変わるだけじゃなく、Androidのバージョンは日々アップデートしているので、設定方法が昔と変わっているということもあります。

イオンで契約しておくと、電話サポートに加入することができ、電話で設定に関するサポートを受けられるようになります。

機械に強くないかた向けに、しっかりサポート体勢が整っているのはイオンならではですね。

イオンモバイルのデメリット

分割払い手数料無料がイオンカードのみ

イオンモバイルの通信料は、どのクレジットカードでも手数料無料ですが、本体の分割払いには手数料がかかります。

スマホセット販売を分割購入しても、手数料が無料になるのはイオンカードのみです。

もし分割払いを予定しているなら、先にイオンカードを作っておくのもありでしょう。

作り方はイオンカードの作り方にまとめました。

入会特典で1,000~5,000円のポイントが貰えるので、スマホ支払いの足しにできます。

通話し放題プランがない

イオンモバイルにはキャリア契約と違って通話し放題のプランがありません。

IPフォンやLINE通話を使うことで、知り合いとの連絡は無料化できますが、不特定多数に電話をかける人だと通話料が大変なことになってしまいます。

電話を沢山かける人は、通話し放題プランのあるSIMを選ぶほうがいいでしょう。

申し込みの流れ

イオンモバイルの申し込みは、店頭もしくはWebサイトから行うことができます。

契約に必要なもの

  • クレジットカード
  • 本人確認書類(免許証など)
  • MNP予約番号(乗り換える人だけ)

電話番号そのままで乗り換える人は、MNP予約番号が必要になります。

番号は、今契約しているキャリア(Docomo、au、Softbank)のショップに行って、「MNPをしたいので予約番号を発行してください」と言えば教えて貰えます。

もっと詳しく

次の公式ページでサービス内容を確認できます。

イオンモバイル

スポンサーリンク

シェアする