[スマホ節約]DTI SIMの評判!5分が損するボーダーです

この記事の所要時間: 731
この方法なら6ヶ月タダで使える!!
DTI SIMの評判とメリット・デメリットをまとめました。

口コミと評判まとめ

良い口コミ

利用者数が増えたら回線が遅くなるかと思ったら早かったです。いつもサーバーを増強してるみたいなんでスピードは大丈夫でした。
大量に通信して制限されても1日で解除されました。ネットラジオも聞けているし満足です。

悪い口コミ

回線速度が日によって遅くなります。他のSIMにはこんなことはなかったです。
ネット使い放題は遅すぎ。ギリギリです。

DTI SIMの基本

月に使えるネット容量が決まっていて、それ以上になるとスピード制限がかかるのが一般的ですよね。

DTI SIMは最初から通信速度を抑えめにすることで制限なくネット使い放題になるSIMです。

楽天やイオンモバイルに比べるとDTIという会社は聞き馴染みがないかもしれませんが、早い段階からSIMを提供していたネットサービス系の会社です。

DTI SIMは新シリーズ

DTIのSIMと言えば「ServersMan SIM」を思い浮かべる人もいるかもしれません。

もともとDTIはServersMan SIMというサービスを提供していたのですが、ServersMan SIMはトーンモバイルに運営が移管されました。

新しく始まったのがDTI SIMというわけです。

私はServersMan SIMの頃に契約していたので、今でもServersMan SIMを使っています。

電話かけ放題の魅力

通話5分までなら定額になるプランが月780円で利用できるので、電話かけ放題の目的で使っている人も多いです。

5分を過ぎてしまった場合の扱いですが、30秒で20円の料金がかかります。

楽天モバイルと比べると次のようになります。

比較 DTI 楽天モバイル
月額
基本料
780円 850円
通話料
(30秒)
20円 10円
5分以内の通話 安い
9分以内 安い
10分以上 安い

長く電話するなら通話料が安い楽天モバイルのほうがトータルの料金は安くなります。

DTI SIMを使うなら5分のタイムリミットをキッチリ守っての運用になりますね。

ネット使い放題

DTI SIMには通話だけでなく、ネットが使い放題になるプランもあります。

月額2200円で制限なくLTE回線が使えるのがネット使い放題プランです。

普通の格安SIMでは月に使える通信容量が決められていますが、ネット使い放題プランは制限がありません。

DTI SIMの料金表

初めてDTIを使う人限定

プラン 容量 1~6ヶ月 7ヶ月目~
でんわ定額 3GB 1480円 2270円
データ半年お試し 3GB 0円 840円
データSMS
半年お試し
3GB 0円 990円

誰でも申し込めるプラン

容量 データ 音声
1GB 600円 1200円
3GB 840円 1490円
5GB 1220円 1920円
10GB 2100円 2800円
15GB 3600円 4300円
20GB 4850円 5550円
使い放題 2200円 2900円
DTI見放題SIM
7GB
2430円
DTI見放題SIM
ルーターセット7GB
3696円

DTI見放題SIMは、月に7GBの容量ですが、YouTubeとTwitterは見放題なので7GBの容量を消費せずに閲覧できます。

ルーターセットを使えば、ノートパソコンでもYoutubeの動画が見放題になります。

DTI SIMのスペック

A B C
事務手数料 3000円
通話料 20円/30秒
パケット
繰り越し
電話かけ放題
ネットし放題
国際電話
国際ローミング
SMS 150円
留守番電話 300円
キャッチホン 200円
転送電話 0円
高速通信の追加 500MB
1GB
380円
600円
SIMとスマホの
セット販売
なし
利用期間の縛り データSIM
通話SIM
なし
1年間
縛り期間中の
解約手数料
9800円
契約手数料 3000円
プラン変更回数 月1回
変更料 無料
変更の適用 翌月から
SIM発行手数料 394円
SIM交換手数料 3000円
SIM紛失手数料 3000円
MNP転出手数料
DTI→他社
5000円
3日間の使用容量
による速度制限
1GBプラン
3GBプラン
5GBプラン
使い放題
700MB
2GB
3GB
制限なし

DTI SIMのメリット

料金が安い

DTI SIMのメリットとして最初に挙がるのが料金の安さです。

月に最低480円から使うことができ、楽天モバイルの525円と比べて45円のお得です。

使い放題プラン

もう1つのメリットは使い放題プランの充実ですね。

ネットの使い放題

ネット使い放題プランに入れば容量制限なくネットを使うことができます。

サイトを沢山見たり、Twitterやインスタグラムに画像投稿をしている人でも容量不足になることがありません。

電話のかけ放題

電話かけ放題プランは5分以内の通話なら無料でかけ放題です。

月780円のかけ放題は、通話定額サービスの中でも安いんですが、DTIのかけ放題はちょっと特殊です。

たとえば楽天の電話かけ放題の場合、楽天でんわというアプリを介して発信をしなければいけません。

DTIはアプリを経由しないので、他のSIMのかけ放題よりも通話品質が高いと言えます。

お試しプラン

そして最後に、6ヶ月間0円で使えるお試しプランです。

最初の6ヶ月間、3GBのデータプランが月額0円で利用できます。

通話機能はないですが、そこはLINE通話やIPフォンを使って補えば、スマホ維持費を0円に抑えられます。

違約金なし

また、途中で解約しても違約金がかからないのもポイントです。

無料期間が終わる直前に解約すれば、維持費0円のままお試しを終了できます。

お試しプランは「SMSあり」「SMSなし」の2種類から選べます。

通常はSMS料金の150円がかかりますが、お試しプランならそれも無料になります。

ポケモンGO専用オプション

DIT SIMノーカウントというオプションに申し込むと、ポケモンGOの通信では、データ容量を消費しなくなります。

ポケモンGOは外出先・移動中に回線を利用することが多く、沢山の容量を消費してしまいますが、ノーカウントであれば好きなだけポケモンGOを楽しむことができます。

申し込み期間は2017年8月31日までで、ノーカウントが有効になるのは2018年1月31日です。

このオプションは5GBプランに加入している人だけが対象となります。

パケット繰り越し

もし当月のパケットが余った場合は、翌月の繰り越すことができます。

3GBプランを契約していて、当月に1GBしか使わなかった場合は、翌月が5GBの容量になります。

利用期限は翌月の末日までなので、2ヶ月分を繰り越すことは出来ません。

DTI SIMのデメリット

ネット使い放題は遅い

ネット使い放題の難点は回線スピードが遅めということです。

100kbpsの低速SIM高速通信SIMの中間くらいのイメージであり、状況によっては動画読み込みが出来ないこともあります。

お試しプランは1回しか出来ない

当然と言えば当然ですが、今までDTI SIMを使っていた人はお試しプランが使えません。

対象となるのは、初めてDTIのサービスを契約する人だけです。

また、お試しプランであっても契約する時に事務手数料の3,000円が取られてしまいます。

低速通信と高速通信の切り替えが出来ない

高速通信容量が残っていると必ず高速になり、不足していると必ず低速になります。

普段は低速で使ってパケットを節約し、必要な時だけ高速に切り替えるという運用ができません。

もっと詳しく

次の公式ページでサービス内容を確認できます。

DTI SIM

スポンサーリンク

シェアする