できる?できない?ゲームにおすすめのスマホ端末スペック

この記事の所要時間: 414
試してみた!!
私の使っている格安スマホg07を使ってゲームが動くかどうかを試してみました。

ゲーム向けスマホ端末を知る前に

ゲームは高性能スマホでしか動かないゲーム低性能でも動くゲームの2つに分けられます。

できるゲームとできないゲームの違い

性能が低いスマホでも動くのは以下のような平面的ゲームです。

  • パズドラ
  • オセロニア
  • ディズニーツムツム
  • ぷよぷよクエスト
  • グランブルーファンタジー

モンスターハンターや白猫プロジェクトのように3Dキャラクターが動き回るゲームは高性能スマホでなければ動きません。

また、ラブライブ!スクフェス(音ゲー)のようにタイミングが重視なゲームをやる時もある程度の性能が必要になります。

格安スマホで試してみた結果

格安スマホ端末には、

  • 激安スマホ
  • コスパの良いスマホ
  • ハイスペックのスマホ

の3種がありますが今回はコスパの良いスマホで試しました。

1万円以下の激安スマホはゲームに向きません。ゲームに限らず普通のアプリもまともに動かないことがあるので、ゲームをやるならコスパの良いスマホかハイスペックのスマホがおすすめです。

ぐーまるなな

コスパの良いスマホで一番安いのがg07(ぐーまるなな)の2万円です。

g07でゲームをやってみて動けばその他の格安スマホでも動く確率が高いためg07を使って実際にゲームを試しました。

コマンド式RPGで3D表現あり

ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニアを試しました。

g07でオペラオムニアは
できる!

ストラテジー

リトルノアを試しました。

g07でリトルノアは
できる!

3Dで動き回るゲーム

HIT~ヒット~を試しました。

g07でHITは
できる!

HITはこんな感じのゲーム。他のゲームも試したところHITより処理の少ないゲームはだいたい動きました。

ここからはゲーム向けの格安スマホを紹介していきます。スペックがg07以上の端末を厳選しました。

ゲームにおすすめの4機種を比較

比較対象の端末

  • gooのg07
  • FREETELの雷神
  • ASUSのZenFone 3
  • HUAWEIのP9

基本機能の比較

比較 g07 雷神 Zen3 P9
発売日 2016
12月
2017
2月
2016
10月
2016
6月
保存容量
ギガ
32 64 32 32
メモリ
ギガ
3 4 3 3
電池容量
mAh
3000 5000 2650 3000
画面
インチ
5.5 5.5 5.2 5.2
価格 19800 29800 42984 64584

メモリ4ギガは雷神のみ。ゲームが動く目安は3ギガ以上なのでこの4機種はどれも満たしています。

P9は高品質ですがコスパが悪いです。

P9はカメラメーカーのライカと共同開発したレンズがウリなのでカメラに魅力を感じなければ別の機種がいいでしょう。

P9は背景をボカして接写したりシャッタースピードを変えられます。ゲームとカメラの両方が欲しい人には嬉しい機能ですね。

応用機能の比較

比較 g07 雷神 Zen3 P9
SIM2枚
挿し
×
指紋認証
テザリング
GPS
おサイフ
ケータイ
× × × ×
SIMサイズ nano
micro
nano
micro
nano
micro
nano

P9に挿せるSIMは1枚のみ。DSDS(SIM2枚の同時待ち受け)は出来ません。

カメラ機能の比較

比較 g07 雷神 Zen3 P9
カメラ
画素
1300万 1600万 1600万 1200万
フラッシュ
手ブレ補正 × × ×
自撮り用
4K撮影 × × ×

カメラがウリのP9は手ぶれ補正なし。ZenFone3は補正ありで4K撮影も可能です。

本格的に撮るならP9、スナップ感覚ならZenFone3が合っていると思います。

評判で選ぶ

機種 リンク
g07 5件
Amazonで見る
雷神 0件
Amazonで見る
ZenFone 3 256件
Amazonで見る
P9 60件
Amazonで見る

ZenFone3は評価が多いので安心できますね。256人中215が星4以上の高評価をしています。

スポンサーリンク

シェアする