[スマホ節約]JCOMモバイルの評判!複雑なプランを解説

この記事の所要時間: 726
カウントフリーのあるSIMカード!!
JCOMモバイルのSIMカードについてまとめました。わかりにくい複雑な料金プランを、パッと見てわかるように1つの表に整理しました。

口コミと評判まとめ

良い口コミ

スマホは使いたくないけど携帯料金の維持費を安くしたかったのでガラケーにしました。慣れているボタン操作なので押し間違いもありません。
JCOMオンデマンドでスポーツ中継を見まくっても通信料がカウントされないってのが気に入ってます。JCOMテレビに加入しているので端末も実質0円で買えました。

悪い口コミ

使おうと思ったらエリアが対応してませんでした。都心の一部しか使えないんで意味ないです。
そんなに値段が安くなかったです。SIMカード単体で契約するとデータ容量が3GB固定なので足りません。

J:COM MOBILE「SIMカード」の基本

J:COMと言えばZAQのキャラクターでお馴染みのケーブル会社ですよね。

そんなJ:COMが展開している格安SIMサービスがJ:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)です。

3つの買い方に対応

  • SIMカード単体
  • スマホセット
  • 携帯電話(ガラケー)セット

このページではSIMカード単体を買う場合、セットで買う場合の両方を合わせて紹介しています。

J:COMモバイルの料金表

J:COMモバイルは長期契約(2年)にすると月額料金が安くなります。

通信容量
月単位
金額 縛り
SIM[データのみ]
3GB
900円 なし
SIM[データ+音声]
3GB
1600円 なし
セット
0.5GB
1380円 なし
セット[長期]
0.5GB
980円 2年
セット
3GB
3680円 なし
セット[長期]
3GB
2980円 2年
セット
5GB
4680円 なし
セット[長期]
5GB
3980円 2年
セット
7GB
5680円 なし
セット[長期]
7GB
4980円 2年
セット
10GB
6680円 なし
セット[長期]
10GB
5980円 2年

共通のスペック

容量の追加

100MBの追加ごとに200円がかかります。

速度制限時のスピード

一律で200kbpsに制限されます。

基本容量を使い切ったあと、容量を追加しないときは、200kbpsでネット接続をおこないます。

SMSオプション

どのプランでも標準オプションになっているので、申込み不要、月額無料でSMSを使うことができます。

Dプラン

SIMカード単体のDプランには、「データのみプラン」「データ+音声プラン」の2つがあります。

DプランはNTTドコモの回線を使っているサービスで、データ容量が月3GB固定になっています。

セットプラン

SIMカードとスマホをセット購入した時に申し込めるのがセットプランです。

  • スマホ+SIMカード
  • 携帯電話+SIMカード

どちらのセットでも、セットプランの対象です。

セットで選べる端末

スマートフォンは、富士通のarrowsM03LGのXscreenから選べます。

arrowsのほうは電池持ちがよく、Xscreenのほうはカメラ機能に強いです。

携帯電話(ガラケー)はLGのWine Smartという機種です。

簡単に操作できるので、機械が苦手なかたや、お爺ちゃんお婆ちゃんの携帯料金を節約したい時に向いています。

端末の料金

端末は24回の分割払い一括払いかを選べます。

機種 分割料金 一括料金
スマホ
富士通arrowsM03
1375円×24回 33000円
スマホ
LG X screen
1,375円×24回 33000円
携帯電話
LG Wine Smart
500円×24回 12000円

J:COM MOBILEを安く契約する方法

3つの割引の適用条件を簡単にまとめました。

J:COM MOBILEスタート割

新規契約した人なら誰もが対象になる割引です。

条件 割引
・スマホセット申し込み
・0.5GB以外のプラン
1000円×12ヶ月
円割引
・携帯セット申し込み
・0.5GB以外のプラン
2000円×12ヶ月
円割引

端末代割引

SIMカードとは別にJ:COMのサービスを利用している人が対象です。

対象サービスは次の2つです。

  • J:COM TV(スタンダードプラス/スタンダード/セレクト)
  • J:COM NET 120Mコース以上
条件 割引 割引合計
・スマホセット申し込み
・2年契約
1375円×24ヶ月 33000円
・携帯セット申し込み
・2年契約
500円×24ヶ月 12000円

キャッシュバック

MNP回線切替(電話番号を引き継ぎ)で、他者の携帯電話やスマホから乗り換えた人が対象になります。

※auスマートフォン(auスマートバリュー)からの乗り換えは適用対象外

条件 貰える額
・スマホセット申し込み
・2年契約
・容量3~10GBプラン
10000円
・携帯セット申し込み
・2年契約
・容量3~10GBプラン
10000円

キャッシュバックは商品券で受け取れます。

JCOMのメリット・デメリット

メリット

JCOMユーザーなら維持費が安い

自宅のネット回線がJCOMだったり、JCOMテレビを契約している人はスマホの維持費が安くなります。

既にJCOMを使っている人が、ネット環境とスマホ環境をまとめて安くしたい時に役立ちます。

JCOMオンデマンドのカウントフリー

スマホで動画が見られるオンデマンドアプリを使っている時は、通信量がカウントされないようになっています。

通信制限がかかっている時も、動画を快適に見られます。

公衆無線LANが無料

公衆無線LANのWi2 300が無料で使えます。

Wi2 300は、日本全国に展開しており、駅や空港で使うことができます。

かけ放題オプションあり

かけ放題のオプションに加入すると、月850円で5分以内の国内通話料が0円になります。

家族に短い連絡をすることが多い人や、毎日電話をしている人におすすめのオプションです。

デメリット

料金が高い

JCOMサービスに入っている人は割引されるのでいいのですが、そうでない人は月額料金が高くつきます。

現段階でまったくJCOMを使っていない人なら、他のSIMカードを選んだほうが毎月の維持費を下げられるでしょう。

プランが少ない

SIM単体で購入する[Dプラン]の場合、月の容量は3GBプランしかありません。

自分の使い大量に合わせてプランを決められないので不便です。

スマホ端末が少ない

スマホ2機種、ガラケー1機種の合計3種類しかありません。

SIM単体で買って、端末は別に買う方法もありますが、SIM単体プランがお得ではないので選択肢としてはイマイチです。

1番の魅力

セット購入でガラケーを選べることが魅力です。

初心者にとっては、SIM単体で買うよりもセット購入のほうが圧倒的にわかりやすく、サポートも受けやすいです。

向いている人

ガラケーをセット購入して、お爺ちゃん、お婆ちゃん、高齢のお母さんお父さん用の電話として使うのに向いています。

現在5,000円以上の携帯料金を支払っているなら、JCOMモバイルに乗り換えることで、毎月の維持費を節約できるはずです。

申込みの流れ

申し込みは次の流れで、Webサイトから行うことができます。

  • エリアに対応しているかチェック
  • 住所などを登録
  • 申し込み内容の確認
  • 申し込み完了

郵便番号を入力することでエリアチェックを行います。

エリア対象外だと次に進むことができないので、エリア外なのに間違って登録してしまうことはありません。

契約に必要なもの

  • クレジットカード
  • 本人確認書類(免許証など)
  • MNP予約番号(乗り換える人だけ)

電話番号そのままで乗り換える人は、MNP予約番号が必要になります。

番号は、今契約しているキャリア(Docomo、au、Softbank)のショップに行って、「MNPをしたいので予約番号を発行してください」と言えば教えて貰えます。

注意点

  • 契約は1世帯あたり最大5回線まで
  • 解約後はSIMカードを郵送で返却する
  • 2年縛りプランを途中解約すると8500円の契約解除料がかかる
スポンサーリンク

シェアする