[スマホ節約]mineo評判まとめ!無料で1テラ使い放題

この記事の所要時間: 111
ユーザーの提案が採用されるSIMカード!!
mineo(マイネオ)格安SIMについての評判やプランをまとめました。

口コミと評判まとめ

良い口コミ

余った容量を寄付できてmineoを持っている人で分け合えます。助け合いのSIMです。自分の通信容量が足りなくなったときはタンクから分けて貰います。
スピードが遅いという意見があって心配でしたが大丈夫でした。普通に乗り換えて良かったです。

悪い口コミ

やっぱ評判通りお昼が遅いですね。混雑時間帯じゃなければ不満はないですが遅いのはいただけません。
最悪です。SIMカードが届いたあとスマホに入れたのですが動きません。設定をしなきゃいけないって。聞いてないよ。利用者に設定させるなんて会社の怠慢です。販売員が家まで設定にくるべきですね。こっちは月に1500円の高いプランにしているのにサービスが悪いと思います。

メリット

縛り期間と違約金がない

mineoは縛り期間がないので、いつでも解約することができます。

違約金がかからないので、少しお試しで加入することもできますし、何かしらの事情で公式キャリアに戻さないといけない! という場合にも対応できます。

ランキング1位

mineoのSIMカードは、Amazonランキングで1位を獲得した実績があります。

ユーザー全員で分け合える独自のパケットサービスや、回線接続の安定性などが評価されています。

またユーザーの声をもとにプランを増やすなど、精力的なサポートも魅力的です。

DocomoかAuの2つから選べる

格安SIMはDocomo回線が多いですが、mineoはDocomo回線とAu回線の2つから選ぶことができます。

今までDocomoの端末を使っていた人は、Docomo回線を選択することでSIMロックを解除しなくても端末を使い続けられます。

Auのほうも同じく、Au回線を選べばSIMロック解除をする必要がありません。

SIMロック解除の手数料も節約になります。

フリータンクで毎月1GBタダ

mineoの最も特徴的なサービスがフリータンクです。

フリータンクは、毎月の余ったパケットを、運営タンクの中に寄付できるシステムです。

運営タンクはmineoユーザー全員が共有しているので、多いときには数テラのパケットが貯まることもあります。

1テラ=1,000ギガバイトなので、かなりのパケットが寄付されていることがわかりますね。

タンクに貯まっているパケットは、毎月最大1GBまで貰うことができます。

自分が契約したプラン+1GBの通信が出来るのでコスパが高いと言えるでしょう。

余ったパケットは翌月繰り越し

mineoはその月に使い切れなかったパケットを翌月に繰り越すことができます。

繰り越したパケットの有効期限は翌月末までです。

繰り越しシミュレーション
5GBプランの人が、1月に3GBを使いました。
残りの2GBは繰り越されます。
2月のパケットは合計7GBですね。
このうち2GB分が2月末に消失してしまいます。
パケットは繰り越した分が先に使われるので、とりあえず繰り越した2GBだけを使っておけば、容量を無駄にすることはありません。

家族割が使える

公式キャリアではお馴染みの家族割ですが、格安SIMでは使えないところが殆どです。

mineoは家族割引サービスがあり、家族1人につき毎月50円の割引です。

小さい額ですが、4人家族なら月200円で、年間2,400円の差になります。

子供が中学~高校卒業まで使うと考えると、トータルで14,400円の割引を受けられることになりますね。

乗り換え完了までが早い

mineoはSIMカードが自宅に届いたタイミングで開通の設定を行います。

自宅に届いてから開通することの利点は、番号そのままで乗り換える時に、電話が使えない期間がないことです。

申し込み時に乗り換えるタイプだと

ネットでMNPの手続き→ネットが使えなくなる→SIMカード発送→SIMカードが届く→ネットが使えるようになる。

このように、SIMカードが郵送されている間はネットが使えなくなります。

SIMが届いてから乗り換えるタイプだと

SIMカードを注文→発送→SIMカードが届く→MNPの手続き→すぐにネットが使える。

このように、MNPで電話番号を引き継ぐまでの時間が最低限に抑えられます。

店舗での購入も可能

一部の地域(渋谷など)では、mineoショップに行って契約することができます。

格安スマホや格安SIMが初めてで不安な人でも、対面しながらサポートを受けられます。

mineoを使った見本機もあるので、どれくらいの速度が出るのかをお試しすることもできます。

かけ放題オプションが3種類ある

mineoのかけ放題は、その人の電話の仕方によって3つから選べます。

他のSIMでも電話かけ放題プランはありますが、3種類から選べるのはなかなか珍しい機能です。

プラン 料金 時間 回数
かけ放題 850円 5分以内 無制限
定額30 840円 30分以内 1回
定額60 1680円 60分以内 1回

定額30/60はお得?

結論から言うと、ありえないくらい損します。

定額30は結局のところ、30分の無料通話を840円で買ってるのと同じです。

mineoの国内通話料は20円/30秒なので、普通にかけると1,200円かかります。

1,200円が840円になっているので、パッと見は値引きされてるように見えますよね。

でも格安スマホでは、通話アプリを使うだけで通話料を半額にできます。

30秒10円になるので、30分の通話料金は600円です。

定額30に入らず、普通に通話アプリを使ったほうが安くなる計算です。

問い合わせしやすい

ちょっとわからないことがある時に、サポートに電話をかけるのは手間ですよね。

サポートセンターに電話すると、『お繋ぎしています♪ ルルル~♪』みたいな待ち時間もありますし……。

mineoなら電話をかけずとも、サイトにあるチャットで相談が可能です。

また、マイネオコミュニティ「マイネ王」というコミュニティページも用意されており、こちらではレビューや運営へのアイディアを提案することができます。

こんな機能があったら便利なのに! といった意見がある人は、こちらから投稿することで採用して貰える可能性もあります。

マイネ王アイデアファーム

スマホセットの機種が多い

HAUAWEIのP9liteと、Zenfoneシリーズが揃っているので、スマホ機種で失敗することがありません。

予算があればP9lite一択ですし、予算を抑えるときはZenfoneから選んでおくと安心です。

デメリット

料金プランが少ない

mineoは容量の選択肢が少ないんです。

特に最も容量が多いプランでも10GBなので、もっと大量に通信したい人には不向きです。

大容量プランを重視するなら他のSIMを選ぶことになるでしょう。

回線が遅い時間帯がある

回線スピードが落ちる時間帯は、昼12時から1時までです。

ちょうど休み時間でみんながスマホを使い出す時間帯ですね。

必ずしも遅いと感じるわけではなく、環境や日によってもスピードは違うようです。

時間帯によって速度がバラつくのは、どの格安SIMでも同じなので、mineoだけでなく全般的なデメリットと言えます。

テザリング出来ない

テザリングとは、スマホをWifiルータ化する機能です。

ノートパソコン→無線接続→スマホ→ネット

こんな感じで、スマホ経由でノートパソコンをネットに繋げます。

mineoの場合、Aプラン(au回線のプラン)はテザリングが使えません。

auのiPhoneでもテザリングしたい!
そういう時は、Dプラン(ドコモ回線)で申し込みをします。
そして、使いたいau端末をショップに持っていってSIMロック解除します。
解除手数料はかかりますが、ドコモ回線でAuの端末が使えるようになり、テザリングもすることができます。

IP電話の音質がイマイチ

mineoでは、050から始まる電話番号として、LaLaCallを使うことができます。

月額基本料は100円で、その他に通話料がかかります。

mineoでLaLaCallを使うと無料通話が100円付与されるので、IP電話を実質無料で使えることになります。

ただし音質はイマイチです。

大事な電話が多いという人は、かけ放題プランを選択し、080や090の番号を取得したほうがよいでしょう。

料金はそこそこ

フリータンクやマイネ王などの特殊なサービスに魅力を感じていなければ、料金はそこそこです。

値段だけを求めるならもっと安いSIMはありますが、そこはサポート品質とのバランスになると思います。

mineoから他者への料金が高い

mineoから他者にMNPする場合、MNP転出手数料がかかいります。

  • 契約から12ヶ月以内 12420円
  • 13ヶ月以降 2,160円

一般的なMNP転出料は3,000円程度なので、13ヶ月以降の料金は普通ですね。

高いのは最初の1年以内に転出した場合のみです。

mineoのプランと料金

mineoにはドコモ回線を使ったDプランと、au回線を使ったAプランがあり、データSIMの料金はどちらも同じです。

通話SIMを選んだ場合は、Dプランのほうが若干料金がアップします。

容量 データSIM 通話SIM
(Dプラン)
通話SIM
(Aプラン)
500MB 700円 1400円 1310円
1GB※ 800円 1500円 1410円
3GB 900円 1600円 1510円
6GB 1580円 2280円 2190円
10GB 2520円 3220円 3130円
20GB 3980円 4680円 4590円
30GB 5900円 6600円 6510円
※初月のみサービスで2GB使える

割引サービス

家族割

家族1人につき毎月50円の割引があります。

家族2人で2枚のSIMを契約した場合は、合計で100円引きになります。

複数回線割引

1人で複数枚のSIMを契約すると、それぞれのSIMが50円引きになります。

オプションの種類

フリータンク

無料オプションです。

mineoユーザーみんなが余ったパケットを寄付することでタンクに貯めたり、タンクから貰って使うことができます。

パケットギフト

無料オプションです。

データ容量を他のmineoユーザーと分け合うことができるオプションです。

家族間でパケットを分け合ったり、友達と分け合ったりできます。

パケットシェア

無料オプションです。

繰り越したデータ容量をグループ内でシェアすることができます。

パケットギフトのグループ版ですね。

グループに入れるのは最大5回線までです。

パケットチャージ

その月の容量が足りなくなった時、100MBを150円で追加できます。

メールアドレス

mineoのメールアドレスが使えるようになります。

~~~@mineo.jpのアドレスが貰えるので、フリーメールを作るのが難しいという人でも安心です。

メールボックス容量追加

申し込むだけでメールボックスの容量を5GBに増加して、メールの保存期間を無制限にできます。

オプション料はかかりません。

製品の基本データ

A B C
通話料 20円/30秒
パケット
繰り越し
電話かけ放題
ネットし放題 なし
国際電話
国際ローミング
SMS 120円
留守番電話 300円
キャッチホン 200円
転送電話 0円
高速通信の追加 100MB 150円
SIMとスマホの
セット販売
利用期間の縛り データSIM
通話SIM
なし
なし
縛り期間中の
解約手数料
0円
契約手数料 3000円
プラン変更回数
変更料 2000円
変更の適用
SIM交換手数料 2000円
SIM紛失手数料 2000円
MNP転出手数料
mineo→他社
12ヶ月以内
13ヶ月以降
11500円
2000円
3日間の使用容量
による速度制限
なし

もっと詳しく

次の公式ページでサービス内容を確認できます。

mineo

スポンサーリンク

シェアする