[スマホ節約]UQモバイルの評判!格安SIMとしてありえない?

この記事の所要時間: 845
私を縛らないで!!
格安SIMと言えばDocomo系列というイメージがありますが、UQモバイルはauの子会社が提供しているSIMサービスです。auの端末をそのまま使えるので、auからの乗り換えに向いています。

メリット

かけ放題プランが充実

UQモバイルのメリットとして第一に挙がるのは、5分以内の通話が何度でも無料になるプランがあること。

おしゃべりプラン

おしゃべりプランを契約すると、Docomoやau、Softbankのかけ放題プランと同じように通話料が無料になります。

ぴったりプラン

そしてもう1つの通話優遇プランが「ぴったりプラン」です。

こちらは60分~180分の無料通話がついたプランです。毎月の電話時間が決まっている人ならこちらがおすすめです。

料金を比較

UQモバイルの料金は最初の13ヶ月までと14ヶ月目以降で料金が変わります。

また、26ヶ月目以降は通信容量も変わります。

プラン 月額料金
~13
月額料金
14~
通信容量
~25
通信容量
26~
無料通話
~13
無料通話
14~
おしゃべりS 1980円 2980円 2GB 1GB 5分以内
なら無料
5分以内
なら無料
おしゃべりM 2980円 3980円 6GB 3GB 5分以内
なら無料
5分以内
なら無料
おしゃべりL 4980円 5980円 14GB 7GB 5分以内
なら無料
5分以内
なら無料
ぴったりS 1980円 2980円 2GB 1GB 無料通話60分 無料通話30分
ぴったりM 2980円 3980円 6GB 3GB 無料通話120分 無料通話60分
ぴったりL 4980円 5980円 14GB 7GB 無料通話180分 無料通話90分

スマホとのセット販売に強い

UQモバイルでは、10種類を越えるスマホ端末とのセット販売を行っているので、格安SIMの利用時に好きな機種を使うことができます。

セット販売なら端末とSIMの相性を考えなくてもいいので、初心者の人でも安心して使うことが出来ますね。

iPhoneに対応

セット販売の中には、iPhoneが含まれています。

格安SIMのセット販売でiPhoneを買えるところは殆どないため、UQモバイル独自のメリットと言えるでしょう。

店舗でも契約できる

格安SIMの契約はネット申し込みに限定されていることが多いですが、UQモバイルは店舗からも開通することができます。

対象となるのは全国2,500店舗以上。

  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • コジマ
  • ジョーシン
  • ソフマップ
  • ノジマ
  • ビックカメラ
  • ヤマダ
  • ヨドバシカメラ
  • イオン
  • イトーヨーカドー

上記の一部店舗がUQモバイルを取り扱っています。

通信スピードが速い

スマホの通信速度というのは時間帯によって大きく変わります。

Docomoやau、Softbankといった公式キャリアでも夜9時前後は遅くなる傾向がありますし、格安SIMでも同じです。

UQモバイルモバイルは安定

UQモバイルは混んでいる時間帯でも比較的安定した速度を出すことができます。

Docomo回線が混んでいる時でも、au回線のUQモバイルは関係ありません。

提携企業ではなく、auの子会社という点も回線速度が速い理由かもしれません。

料金が安い

キャリアからの乗り換えであれば、月額料金を大きく値下げ出来ます。

音声通話が使えるプランでも1,680円から利用できるので、人によっては毎月5,000円以上の節約になるでしょう。

高速通信をオフにできる

UQモバイルは、高速通信モードのオン・オフを自由に切り替えることができます。

モードの切り替えは専用のサイトから行う事ができるので、ネットが繋がる状態ならいつでも変更できます。

UQモバイルでは「高速通信」ではなく「ターボ機能」という名前で紹介されています。

オフにするメリット

ターボ機能をオフにしていれば月の通信容量を消費しません。

通信容量が残り少なくなった時など、容量の節約として使えます。

アプリからも操作可能

UQモバイルのポータルアプリをインストールすれば、アプリからターボ機能のオン・オフを切り替えられます。

ウィジェットにも対応。

アプリを開かず、ホーム画面から切り替えることができます。

データ容量が繰り越せる

余ったパケットは翌月に繰り越すことができます。

繰り越したパケットの有効期限は翌月まで。

期限が短いように感じますが、パケットは繰越分が優先して使われるので、期限が切れてしまうことはあまりありません。

容量を使い切っても大丈夫

毎月のデータ容量を使い切ってしまっても、途中で追加購入することができます。

データチャージ料金は、

  • 100MB 200円
  • 500MB 500円

となっており、500MBまとめて買うと単価が半額になります。

メールアドレスが使える

月額200円のオプション量を支払えば、メールアドレスを貰うことが出来ます。

アドレス形式は~~~@uqmobile.jpです。

~~~の部分は好きな文字を設定できます。

あまり速度制限されない

格安SIMでよくあるのが、3日間の利用量によって通信スピードを制限されること。

データ通信を使いすぎると速度制限がかかるのですが、UQモバイルの場合はなかなか制限されません。

制限される条件

UQモバイルは3日の利用量が6ギガバイトを超えた場合のみ制限の対象となります。

普通の人なら3日で6ギガは使いません。

たとえばDocomoの標準プランだと、1ヶ月で3ギガバイト使うと速度制限がかかります。

その倍の量を3日で使うことはまずないので、UQモバイルは速度制限を気にせず使うことができます。

SMSオプションが無料

SMSは、ショートメールを受け取る番号のことです。

LINEに登録する時に本人確認として利用されます。

一般的な格安SIMでSMSを使うと150~300円のオプション料金がかかりますが、UQモバイルならSMSが無料で使えます。

デメリット

2年縛りがある

せっかく格安SIMに乗り換えたのに2年縛りがあるなんて、かなりのデメリットですね。

違約金は9,500円。

他の格安SIMは「縛りなし」や「12ヶ月」が一般的です。

途中で解約するかもしれない場合は、別のSIMを検討したほうがいいかもしれません。

支払いはクレカのみ

料金の支払いはクレジットカード払いになります。

キャリアのスマホで口座振替だった人からすると、違和感があるかもしれません。

データ容量が少ない

おしゃべりプランやぴったりプランは、26ヶ月目以降はデータ容量が半分になってしまいます。

ゲームをダウンロードしたり、動画を見る人にとっては心もとない容量です。

UQモバイルの基本データ

A B C
通話料 通常
でんわアプリ
20円/30秒
なし
パケット
繰り越し
電話かけ放題
ネットし放題
国際電話
国際ローミング
SMS 0円
留守番電話 380円
キャッチホン 380円
転送電話 380円
高速通信の追加 100MB
500MB
200円
500円
SIMとスマホの
セット販売
利用期間の縛り 2年間
縛り期間中の
解約手数料
9500円
契約手数料 3000円
プラン変更
MNP転出手数料
UQ→他社
3000円
3日間の使用容量
による速度制限
6GB

全プランと料金の一覧

プラン 月額料金 容量 速度 通話料 縛り
おしゃべりS 1980円
(2980)
2GB
(1GB)
最大225Mbps 20円/30秒
5分以内無料
24ヶ月
おしゃべりM 2980円
(3980)
6GB
(3GB)
最大225Mbps 20円/30秒
5分以内無料
24ヶ月
おしゃべりL 4980円
(5980)
14GB
(7GB)
最大225Mbps 20円/30秒
5分以内無料
24ヶ月
ぴったりS 1980円
(2980)
2GB
(1GB)
最大225Mbps 20円/30秒
無料通話60分
24ヶ月
ぴったりM 2980円
(3980)
6GB
(3GB)
最大225Mbps 20円/30秒
無料通話120分
24ヶ月
ぴったりL 4980円
(5980)
14GB
(7GB)
最大225Mbps 20円/30秒
無料通話180分
24ヶ月
データ高速プラン 980円 3GB 最大225Mbps
音声通話プラン 1680円 3GB 最大225Mbps 20円/30秒 12ヶ月
データ無制限 1980円 容量無制限 最大500kbps
無制限+音声 2680円 容量無制限 最大500kbps 20円/30秒 12ヶ月

UQモバイルを安く使う方法

2年で解約する

2年ぴったりで解約します。

UQモバイルの料金は途中から急に高くなり、2年後からは使えるデータ容量も激減します。

2年目以降も使い続けるのは損なので、2年ぴったりで解約する運用がおすすめです。

キャンペーンを利用する

時期のよって、スマホ本体が1万円値引きされるキャンペーンが開催されることがあります。

格安SIMには珍しく、過去には学割キャンペーンもありました。

現在開催中のキャンペーンは以下のページからチェック出来ます。

【UQモバイル】

スポンサーリンク

シェアする