[スマホ節約]もしもシークス評判!定額通話の落とし穴

この記事の所要時間: 614
○○をすると利用停止になる!?
もしもシークスの格安SIMは、通話し放題プランが魅力です。普通の通話し放題は「3分間」や「5分間」といった制限があるのですが、もしもシークの場合は1回60分まで無料通話ができます。

もしもシークスの評判

良い口コミ

公式キャリアから初めて乗り換えしました。サポートがしっかりしていたので迷うこともなくて初心者でも大丈夫でした。
とにかく安いのがいいですね。その割に品質が高くて満足しています。基本料金がもっと安ければさらに評価されるでしょう。

悪い口コミ

iPhoneをセット購入したらSIMフリー版じゃなかったです。もしもシークスで普通に使えるからいいけど普通は全部SIMフリーだと思うので意外です。
回線速度がそれなりです。速いってほどでもないので、そういう使い方をする人は不満があるかもです。安いだけのSIMってイメージです。

買い方の種類

もしもシークスではSIMカードを単体で買うこともできますし、スマホ本体とのセット購入も可能です。

セットに出来るのはスマホ以外にもこれだけあります。

  • タブレット
  • Wifiルータ
  • 無線LAN機能のある固定電話

タブレットやルータのセット販売はよく見かけますが、固定電話のセットはもしもシークスならではですね。

固定電話と言っても、見た目や形が固定電話と同じになっているだけ。中身は携帯電話です。

NTTの固定電話から乗り換えれば、毎月の電話料金を大幅に節約できます。

料金形態

データのみのSIMと、データ+音声のSIMがあります。

もしもシークスの料金は基本料金+選んだ容量+オプション料の3つを足したものです。

オプションもシンプルなので料金計算がわかりやすいですね。

音声プラン

音声プランの月額基本料は980円です。

容量は標準で500MBがついていますので、オプションなしの容量500MGBを選べば、980円のまま使えます。

かけ放題

かけ放題のオプションをつけるときは2種類から選べます。

  • かけ放題ライト
  • かけ放題フル

ライトは850円で5分間のかけ放題。

フルは1800円で60分のかけ放題になります。

通話無制限って書いてあるよ?
公式サイトには通話無制限と書いてありますが、長時間にわたって電話を繋ぎっぱなしにしてると切断されることがあるようです。目安として60分のかけ放題と認識していたほうが安全です。

データプラン

データプランの基本料は380円です。

標準で500MBの容量がついているので、オプションなしなら月額380円での運用が可能です。

容量の選択

音声プラン、データプランともに、容量を選択することができます。
標準の500MBに追加する容量は「1GB~10GB」または「使い放題」から選べます。

A B C
+1GB 600円
+3GB 1200円 コスパ良
+5GB 1800円 コスパ良
+7GB 2400円 コスパ良
+10GB 3000円
使い放題 3600円

格安スマホをセットで買うなら

選ぶなら「HuaweiのGR5」か「ZenFone 2 Laser」のどっちかですね。

予算があるなら高品質のHuaweiで、低予算ならコスパの高いZenFoneといった選び方になります。

この2つは性能が高いので、3大キャリアからの乗り換えでも、不満なく使える2機種だと思います。

HuaweiのP9lite

P9liteは画面が5.2インチと大きいことが特徴です。

小さい文字も見やすいですし、写真撮影もやりやすいです。

カメラは1300万画素あるので撮った写真をプリントアウトすることもできますし、CPUも悪くありません。

電池容量が3,000mAhあるので充電もそこそこ持ちがいいです。

値段は3大キャリアより安いのですが、ZenFoneと比べるとちょっと高いですね。

ZenFone GO

ZenFoneGOは一回り大きい5.5インチの画面です。

5.5インチともなると、ガラケーや昔のiPhoneとの差は歴然です。メールやLINEの文字も見やすいですし、ゲームも迫力ある画面で楽しめます。

カメラが800万画素なので、P9liteと比べるとやや少ない画素数になっています。

バッテリーは3,010mAhなので電池持ちは悪くありません。

P9liteもZenFoneも寝る前に充電をする使い方なら問題なく使えるでしょう。

メリット

iPhoneが使える

もしもシークスは格安SIMにも関わらず、iPhoneをセット購入することができます。

AndroidよりiPhoneを持ちたい人は、もしもシークスが向いているでしょう。

今までのスマホを使える

もしもシークはDocomo回線を使っているので、Docomoのスマホを持っている人はそのまま使うことができます。

これはiPhoneでも同じです。

SIMカード単体で契約して、届いたSIMをiPhoneに入れ替えて設定すればOKです。

デメリット

かけ放題の制限

かけ放題フルを契約しても、あまりにもハードな使い方は出来ません。

連続して50回以上の電話をすると利用停止になる場合があります。

個人で使う分にはそんなに電話しないと思いますが、業務などで営業電話をかけるのには使えないということになります。

事務手数料が高い

格安SIMを契約する時には、どこの会社でも事務手数料がかかります。

手数料は3,000円であることが多いんですが、もしもシークスは5,000円という設定です。

たった2,000円の差ですが、契約時に大きな出費になるのはデメリットと言えるでしょう。

プラン変更の手数料が高い

データプランから音声プランに変更するのに13,000円の手数料がかかります。

気軽にプラン変更ができないので、契約前にじっくり検討しておく必要があります。

もしもシークスのスペック

A B C
通話料 19.9円/30秒
パケット
繰り越し
×
電話かけ放題
ネットし放題
国際電話
国際ローミング ×
SMS 200円
留守番電話 400円
キャッチホン 300円
転送電話 ×
高速通信の追加 ×
SIMとスマホの
セット販売
利用期間の縛り データSIM
通話SIM
1年間
1年間
縛り期間中の
解約手数料
10000円
契約手数料 5000円
プラン変更
変更料 13000円
変更の適用
SIM交換手数料 3000円
SIM紛失手数料 10000円
MNP転出手数料
DTI→他社
300円
3日間の使用容量
による速度制限
制限なし

もっと詳しく

次の公式ページでサービス内容を確認できます。

もしもシークス

スポンサーリンク

シェアする