掃除の節約術&楽するコツ15選

このページに書いてあること↓

  • 掃除機の使い方の節約術5選
  • 掃除機の紙パック節約術6選
  • コロコロ粘着テープ0円にする方法

掃除機の使い方の節約術5選

掃除機

掃除機の使い方を変えることで電気代を節約できます。簡単にできる5つの方法を紹介します。

①弱と強で電気代は5倍

掃除機には弱・強の設定がありますよね。実は、設定によって電気代が5倍も変わります。

  • 弱 1時間あたり4円
  • 強 1時間あたり20円

大切なのは使い分け。フローリングは弱、カーペットは強です。カーペットを弱で掃除するとダニが吸引できずに不衛生になります。床の素材によって上手く使い分けてください。

②掃除のルートを決めておく

掃除機の時間を減らせば電気代を減らせます。掃除ルートや掃除の頻度を決めておくことでスピードを上げ、掃除機の時間を減らしましょう。例を紹介します。

  • リビングは毎日かける
  • キッチン→リビングの順番で移動
  • 寝室は週に2回
  • 階段は週に1回

こんな風にスケジュールしておくと短時間で掃除できます。

④コードなどを浮かせておく

掃除機をかける時に電源コードが邪魔になりますよね。ストレスなく掃除するために床にものを置かないようにセッティングします。

浮かせているコンセント

掃除が楽になる&時短になるので電気代を節約できます。

⑤最新の掃除機を使う

最新の掃除機は吸引力も高く、短時間でカーペットを掃除できます。また、狭いところを掃除しやす機能がついていたりして、昔より便利になっています。

掃除機の紙パック節約術6選

掃除機

①安い商品で2792円の節約

紙パックの値段は商品によって差があります。高いものは年間3,024円かかるのに対して安いものは年間232円です。安そうなお店で値段を調査しました。

お店価格目安1枚あたり
100円ショップ3枚入り
108円
36円
モノタロウ5枚入り
323円
64円
カインズ10枚入り
298円
30円
最安ショップ10枚入り
288円
29円

調査したタイミングではAmazonが最安値でした。
現在の値段は以下のリンクから確認できます。

②まとめ買いで89円の節約

掃除機の紙パックはまとめ買いしたほうが安くなります。45日で1枚使う家庭なら年間89円の節約です。以下は調査時の値段です。

  • 10枚入り 700円
  • 30枚入り 1780円

③掃除の頻度を減らして半額にする

掃除機の代わりにコロコロやクイックルワイパーを使う方法です。掃除機の頻度が半分あら紙パック消費も半分になります。

④同じ紙パックを何度も使う(NG節約)

紙パックからゴミを取り出して再利用する方法です。デメリットが多いのでおすすめしません。以下はデメリットです。

  • 紙パックの目詰まりで吸引力が悪化
  • モーターが故障する原因
  • 紙パックが臭くなる

⑤サイクロン掃除機に買い換える

サイクロン式なら紙パック代は0円です。

サイクロンは面倒なイメージがありますが最近の機種は簡単です。カップの中にゴミが溜まるのでパカッと開けてゴミ箱に捨てるだけです。

サイクロン式は電気代も安くて年間900円の節約になります。

パナソニックのサイクロン式と紙パック式で比べると、15分稼働時の電気代は最大で約2.5円の差があり、1ヵ月で見ると紙パック式の方が約75円電気代が高いです。

enepota.com

⑥マキタの充電式クリーナーを使う

この掃除機は紙パックの代わりにダストバッグがついています。ダストバッグは水洗いして繰り返し使います。

マキタには「バッテリー分離型」「バッテリー内蔵型」の2つがあります。充電が楽になる内蔵型がおすすめです。

コロコロ粘着テープ節約4選

コロコロクリーナー

コロコロクリーナーや粘着クリーナーとも呼ばれる掃除道具ですね。掃除機よりも手軽で電気代もかかりません。しかし粘着テープの交換にお金がかかります。粘着テープを安く買う方法・節約する方法を紹介します。

①まとめ買いする

3個以上入っているセット商品がお得です。スーパーで買うよりも業務用の通販で大量購入するほうが安く済みます。

②ノーブランド品を選ぶ

有名メーカーよりもノーブランドのほうが安く買えます。デメリットはテープが剥がしづらいことです。使い勝手を優先するならメーカー品のほうが安心です。

③100均のコロコロを買う

100円ショップには粘着テープ2巻で100円の取り替え用テープが売っています。近くにホームセンターがないときは100円ショップを使うのも1つの手です。

④ゴム手袋で代用すると0円になる

ゴム手袋を使うとカーペットを掃除できます。

特別なゴム手袋は不要です。100円ショップでもいいですし、家庭にある古くなったものでもOKです。

掃除のやり方

やり方は簡単です。ゴム手袋をつけてカーペットをこするだけです。カーペットのゴミがどんどん取れていきます。

どれくらい効果があるかは以下の動画でわかります。

家にゴム手袋がある人は試してみてください。