一人でできる球技の一覧

今回の記事は、一人でできる運動やスポーツ一覧の【球技編】です。

その他の記事はこちら↓です。
■ひとりでできる運動シリーズ
道具なしスポーツ編
道具ありスポーツ編
├ひとりでできる球技
室内の運動&筋トレ編

テニスの壁打ち

「ラケット」「ボール」「コンクリートの壁」の3つがあれば一人でも始められる球技です。硬式ラケットは2,000円以下。ボールを買っても初期投資3,000円以内でスタートできます。

普段の生活ではない以下のような動作をするので、運動不足の解消にも効果的です。

  • 体を横にひねって打つ
  • 体を反ってのサーブ
  • 転がったボールを拾う前屈

スカッシュ

スカッシュは、壁を使って対戦するテニス競技です。1人でやる分には壁打ちに近いですね。プレイするには専用のコートが必要です。

ラウンドワンのスポッチャ施設なら気軽に遊べます。

ボーリング

ボーリング場に行けば一人でも始められ、自分のペースでゲームを楽しめるのが魅力です。

投げ放題のあるお店だと1回2,000円くらい。週5で通うとジムと同じくらいの料金になるのがネックです。

バッティング

バッティングセンターに行くだけで楽しめるスポーツです。クリーンヒットしたときの爽快感が味わえます。

けん玉

最近はけん玉がスポーツとして広まっています。「ストリートけん玉」の呼び名で世界的な大会も開かれています。

初心者でも遊びやすいのは、バンダイから発売されているケンダマクロス。

カップが大きめなので、簡単に玉が乗ります。初心者でもすぐに技ができるのでハマりやすいです。

ジャグリング(ボール)

いわゆる「お手玉」です。ジャグリングにはボールのほかにも、以下のような種類があります。

  • ディアボロ
  • デビルスティック
  • シガーボックス

どれも自宅でできるので、部屋の中で体を動かしたいときに向いています。

ボールの音

部屋の中でやるにはボールを落としたときの音が気になります。

賃貸アパートに住んでいてできるだけ静かに運動したいときは、ビーンバッグという布製の玉を使いましょう。

ビーンバックは3つ買っても2000円以下です。

その他の記事はこちら↓です。
■ひとりでできる運動シリーズ
道具なしスポーツ編
道具ありスポーツ編
├ひとりでできる球技
室内の運動&筋トレ編