カテゴリー
暮らしの節約

乾電池はどれがお得?100円ショップ電池の性能は?

お得な乾電池は……。
「アルカリとマンガンって何が違うの?」「お得な電池が知りたい!」「100円ショップの電池は長持ちしないんじゃ?」といったかた向けに乾電池の選び方をまとめました。

乾電池の種類と違い

電池には3種類あります。

  • アルカリ電池
  • マンガン電池
  • ニッケル充電池

それぞれの特徴を見ていきましょう。

アルカリ

アルカリ電池の特徴は次の4つ。

  • パワーが強い
  • 充電池より長持ちする
  • 最後まで安定した出力
  • マンガンより値段が高い

多くのパワーを要求する家電に向いています。

  • 大きな懐中電灯
  • 乾電池式のシェーバー
  • スマホ用のモバイルバッテリー

マンガン

マンガン電池の特徴は次の3つ。

  • 値段が安い
  • パワーが弱い
  • 使わない時間があると回復する

あまりパワーを使わない家電に向いています。また、アルカリとは違って電池が回復する特徴があります。短時間だけ使う家電に向いています。

低パワーの家電

  • 置き時計
  • 電卓

短時間だけ使う家電

  • テレビのリモコン
  • ペンライト

ニッケル充電池

充電池の特徴は2つ。

  • 充電して繰り返し使える
  • 防水機器に使うと危険

デジカメのように、使う→充電する→使うというサイクルに当てはまる家電に向いています。

お得な電池の買い方

結論から言うと、コスパが1番高いのはニッケル充電池です。

充電池のコスパが高い理由

たとえばパナソニックのエボルタ。

4本+充電器で2,400円。1,800回繰り返して使えます。4本充電するのにかかる電気代は1回につき1円です。

乾電池1,800本にかかる費用

エボルタ:4,200円
アルカリ:30,000円

25,800円のお得です。

エボルタの種類


出典:panasonic.jp

エボルタには充電回数やパワーが違う3タイプがあります。
スタンダードタイプの評価が高めです。

Amazonレビューはこちら

100均電池はなぜメーカー品より長持ちなのか

100均の電池は長持ちしないイメージ

100均に売っている電池は外国産のものが多く、電池がすぐに切れるイメージを持っている人も多いはずです。しかし実際にはです。

電池持ちの実験結果

  • 韓国製の100円電池
  • パナソニックの国産アルカリ
  • 富士通の国産アルカリ

この3つを比較して長持ちだったのはなんと100円の電池なのです。なぜ逆転現象が起きているのでしょうか。

答えはパワーの違い

国産の電池はパワーが高いんです。

懐中電灯はより明るくなるし、おもちゃの車に使えばより速く走るようになります。その代わりに持ち時間が減っているわけです。

どんな時に国産を使うか

たとえばスマホの充電です。急速充電をしたいなら国産を使ったほうが速く充電されるようになります。逆に、ラジオのようなパワーを必要としない家電なら100均電池で十分ということです。

100均VS国産の落とし穴

電池は使っていなくても自然放電していき、どんどんエネルギーを失っていきます。

比較実験に使った電池がどれくらい自然放電しているかは判断できません。国産のほうが自然放電していた分だけ持ちが悪かったという可能性もあるのです。

まとめ

  • 国産は値段が高い代わりにハイパワー
  • 100均でも電池の持ちは同じくらい(誤差の範囲)
  • 一番コスパがいいのはニッケル充電式

家電に合わせて使う電池を変えたり、初期投資をして充電式を買っておくのが電池をお得に使うコツです。

関連記事↓
  1. キッチンの掃除で楽するコツ27選
  2. 掃除の節約術&楽するコツ15選
  3. 再利用の掃除テクニック46個まとめ
  4. 図書館の節約術【本だけじゃない12の活用法】
  5. QBハウスの仕上がり公開【10分1000円の髪型はどう?】
  6. おむつ臭い対策を安く済ませる方法!3種類を買って実験してみた
  7. クーラーボックスの代用品5選【保冷剤の効果的な使い方】
  8. 昔の古い現像された写真をデータ化でパソコンに取り込む方法
  9. LED照明のリモコンが反応しない!3つの解決策と汎用リモコンの選び方
  10. 服のシミの取り方マニュアル!落ちない色は太陽で
  11. 赤ちゃんも安全!5つの畳掃除テクニック
  12. 洗濯槽の洗い方と、使える洗剤はこれ!「怖い」と声が出るほどの効果
  13. 「紙オムツ」VS「布オムツ」オムツ代の節約方法8選
  14. クイックルワイパーのシートが高いと感じたら水拭き雑巾ワイパー
  15. アクリルたわしって何?掃除での使い道はコレ!
  16. 手を汚さず「キッチンハイター」で簡単に臭いゴミ箱を洗う方法
  17. 汚れを拭くなら布よりティッシュがお得
  18. 三角コーナーを使わない方法!置かない理由は80年前
  19. バリカンで自分で髪を切るコツ/0円セルフカット
  20. 乾電池はどれがお得?100円ショップ電池の性能は?
  21. 切手を安く買う方法【少量ならセブンが便利】
  22. 歯磨き粉の節約【使う量を減らすだけで1048円も違う】
  23. シャンプーの節約で病気に。そのまま詰め替えグッズで対策
  24. 5枚刃と6枚刃カミソリの落とし穴
>このカテゴリをもっと見る<