手取り16万円的☆タブレットの選び方と活用法22

タブレットを買うならケチるな

手取り16万円的☆タブレットを買うときの選択肢は2つです。

  • タブレットを買わないか
  • 高いものを買うか

Androidならどんなにケチっても最低3万円以上。
というか、iPadを買ったほうがいいです。

ケチらないほうがいい理由

1万円前後の安物は使い物にならないからです。

  • アプリは動かない
  • 1つ1つの動きが遅い
  • エラーが出る
  • セキュリティが甘い

結局、すぐに使わなくなりました。
iPadに買い替えてからは快適で毎日使ってます。

1万円のタブレットとiPadは次元が違います。
タコと、タコさんウィンナーくらいの差があります。

タブレット選びの3つのポイント

1.ブランドを選ぶ

タブレットは大きく3タイプに分けられます。

  • Microsoftの、Windows(ウィンドウズ)
  • Googleの、Android(アンドロイド)
  • Appleの、iPad(アイパッド)
タブレットの3大ブランド

Windowsタブの特徴

  • Windowsのパソコンと連携したい人向け
  • エクセルやワードのファイルをPCと同じ感覚で扱える
  • 画面をキーボードに差し込むことでノートPCのように使える

Androidタブの特徴

  • とにかく安い
  • 豊富な種類から選べる
  • 機種選びに失敗すると使い物にならない

iPadに向いている人

  • 値段が高い
  • 初心者でも使いやすい
  • セキュリティ面で安心
  • 何でも(動画撮影・ゲーム・資料作成)できる

2.画面の大きさを選ぶ

タブレットの画面サイズは主に4種類です。

  • 7インチ
  • 8インチ
  • 10インチ
  • 13インチ

用途とおすすめサイズ

・ネット
・ゲーム
・動画を見る
7~8インチ
・電子書籍(雑誌)10インチ以上
・電子書籍(漫画)8インチ以上
・電子書籍(小説)7~8インチ
・資料作成
・絵を描く
・動画編集
10インチ以上

3.スペック(性能)で選ぶ

タブレットを快適に使うために必要なスペック

Androidタブを買うときは、スペック表を見て条件を満たしてることを確認してください。

  • CPU:8コア(オクタコア)以上
  • メモリ:3GB以上

2020年現在なら最低でもこのラインです。
これ以下になると動作が遅く、快適に使えません。最低でも2~3万円の価格帯のものを選ぶのがいいでしょう。

ここからは初心者でも安心して使えるiPadの選び方について詳しく解説していきます。

iPadの種類と選び方【2020年6月】

iPadの種類

現行の機種は5つあります。

サイズ種類性能価格
(税別)
12.9インチiPad Pro(4世代)超高104,800円
11インチiPad Pro(2世代)超高84,800円
10.5インチiPad Air(3世代)54,800円
10.2インチiPad(7世代)34,800円
7.9インチiPad mini(5世代)45,800円

Proシリーズ、Airシリーズ、通常シリーズ、miniシリーズがあります。

Proシリーズの特徴

  • 4K動画を撮影できる
  • ゲームや動画編集で最高のパフォーマンス
  • 快適な資料作成

Airシリーズの特徴

  • 価格は安く抑えたいが、何でもしたい人
  • 動画撮影から編集、ゲームなど一通り満足にできる
  • 一通りの資料作成

通常シリーズの特徴

通常シリーズは以下のようなライトユーザーに向いています。

  • Webサイトやレシピを見る
  • Youtube動画を見る
  • 電子書籍を読む
  • 簡単な資料作成・メール

miniシリーズの特徴

  • サイズが小さく持ち運びやすい
  • 電子書籍(小説)を読むのに最適
  • スマホで見てたものを大きく見れる

通勤中に電子書籍を読んだり、自宅でTwitterやYoutubeを少し大きい画面で見るのに向いています。

iPadならどのシリーズを選んでも実用性は十分です。
試しに、通常iPadとAndroidのタブレットを比較してみましょう。

iPad VS Android

価格サイトの売れ筋ランキングに入っている「Lenovo Yoga Smart Tab」と比べます。

AndroidiPad
32800円37800円
CPU:9万CPU:25万
サイズ:10.1インチサイズ:10.2インチ
重さ:580g重さ:483g
生体認証:なし生体認証:指紋

このように通常iPadでも十分な性能があります。

シリーズごとの違い

ProMotionテクノロジー【Pro】

iPad ProにはProMotionテクノロジーがついています。

  • 絵を描くときの描画が滑らか
  • 画面スクロールが滑らか
  • 映像が滑らか

ProMotionがついてない機種でも、それなりにキレイな表示ができるので、こだわる人向けです。

4つのスピーカー【Pro】

iPad Proには4つのスピーカーが搭載されています。
他のシリーズのスピーカーは2つです。

カメラに差がある

ノーマルiPad
→自撮りに向かない(インカメラの画素数が低い)

それ以外のiPad
→自撮りも高画質

自撮りカメラ
(内側カメラ)
背面
カメラ
iPad120万画素800万画素
iPad Air700万画素800万画素
iPad mini700万画素800万画素
11インチ
iPad Pro
700万画素1200万画素
12.9インチ
iPad Pro
700万画素1200万画素

動画撮影に差がある

4K動画の撮影ができる
→iPad Pro

4K動画の撮影ができない(フルHDはできる)
→iPad・iPad Air・iPad mini

保存できる容量に差がある

各iPadは、保存できるデータ容量に差があります。写真を大量に撮ったり、動画・音楽を保存するなら大容量タイプが合っています。

Wifi専用とSIM対応で選ぶ

どのシリーズにするか決まったら、次はネット接続のパターンを決めます。

Wifi専用モデル
自宅のネット回線(Wifi)に繋いだり、マクドナルドやイオンのフリーWifiに繋いでネット接続をするモデル

SIM対応モデル
SIMカード(シムカード)と呼ばれる通信カードを差し込むことで、Wifiに関係なく常にネット接続ができるモデル

自宅だけで使う人はWifi専用モデル。外でもスマホ感覚で使いたいならSIM対応モデルを選びましょう。

iPadの容量の選び方

iPadのシリーズを選んだあと、ストレージ容量を選びます。
容量によって値段が変わります。

容量Wifi専用SIM対応
iPad32GB
128GB
34800円
44800円
49800円
59800円
iPadAir64GB
256GB
52800円
69800円
67800円
84800円
iPad mini64GB
256GB
45800円
62800円
60800円
77800円
11 iPad Pro128GB
256GB
512GB
1TB
84800円
95800円
117800円
139800円
101800円
112800円
134800円
156800円
12.9 iPad Pro128GB
256GB
512GB
1TB
104800円
115800円
137800円
159800円
121800円
132800円
154800円
176800円

ストレージ容量はGB(ギガバイト)という単位です。

※1TB(1テラバイト)=1000ギガバイト

どれくらいあれば容量は足りる?

保存可能なデータ量の目安によると……。

写真なら
32GBの中に13,550枚の保存

動画なら
32GBの中に300分の保存

音楽なら
32GBの中に7,860曲の保存

写真や音楽がメインなら32GBでも足ります。

ゲームや動画をするなら大容量を選ぶ

ゲームアプリは1つで5GB消費するものもあり、アップデートによってどんどん容量が増えていきます。

iPadはSDカードが挿せないので容量を途中から増やせません。長く使う予定なら大容量を選びましょう。

おすすめの容量

iPad
128GBがおすすめ(32GBでは不足しやすい)

iPadAir/iPad mini
初心者なら256GB。iCloudなどを活用できるなら64GB

iPad Pro
長く使えることを踏まえると512GB以上がおすすめ

※AppleにはiCloud(アイ・クラウド)というオンラインストレージサービスがあります。オンラインにデータ保存する機能です。iCloudを使いこなせるなら64GBでもやりくりできます。難しいと感じるなら、iPad AirやiPad miniでは256GBを選ぶのが安定です。

iPadを安く買う方法

定価で買う
→アップルストア

学割で買う
アップルストアで2000円割引

通販サイトで買う(ポイント還元)
以下のボタンからAmazon,楽天市場、Yahooの価格をチェックできます。

家電量販店や通販で買う(ポイント還元)
→ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ

中古品を買う

メルカリ・ヤフオクで中古品を買う方法もあります。詳しい人以外は中古品はおすすめしません。以下のようなデメリットがあります。

  • 電池の持ちが悪い
  • 内部が破損していても気づかない
  • 改造されている可能性がある

iPad整備済製品を買う

整備品は、Apple公式が販売している中古品を整備したiPadです。
こちらの販売ページから10%ほど安い値段で買えます。

メリット:改造や故障などの危険がない
デメリット:在庫があるもの限り

整備済製品は本当に問題がないのか、後ほど詳しく紹介します。

安く買う裏技(ガチで節約したい人向け)

対象:SIM対応iPadを購入予定の人

iPadは、SIM対応モデルより、Wifi専用モデルのほうが安く買えます。しかし、Wifiモデルだと外で自由に使えないデメリットがあります。ある方法を使えば、デメリットを回避したままトータルコストを下げることができます。

  1. 自宅の光回線を解約する
  2. のようなモバイルWifiを契約
  3. Wifi専用のiPadを購入

モバイルWifiとは
どこでもWifiが使えるようになるポケットサイズのWifi端末のこと

自宅の回線をモバイルWifiにまとめることで、自宅でも外出先でもネットが使えます。SIM対応のiPadを買う必要がなくなり、トータルコストが下がります。

整備済製品iPadの購入レビュー

整備済製品のiPad Airを実際に購入したので、問題点がないかをレビューしていきます。

開封

段ボール箱に入って届きました。ここは普通です。

iPadAirのダンボール

中を開くと、しっかりした内箱が入ってました。

iPadAirの内箱

中身は本体、充電器、ケーブル、説明書の4点です。

iPadAirの内容物

不具合なし

整備品を購入しましたが不具合は一切ありませんでした。

  • 本体の破損 なし
  • 充電の減り 問題なし
  • アプリ動作 問題なし

タブレットの9つの使い道

スマホにできない9つの使い道を紹介します。

1.カーナビに使える

車に取り付けると、以下のようなカーナビ代わりになります。

スマホのナビよりも見やすいし、地図には広い範囲が表示されます。無料カーナビアプリを入れるだけで音声案内もしてくれるので、本物のカーナビを使うより3万円くらい安く済みます。

2.電子書籍に使える

電子書籍ではAmazonの「Kindle」や楽天の「Kobo」が有名ですよね。

実は、それ以外のタブレットでも電子書籍が読めます。漫画や雑誌を読むとき、スマホだと文字が小さくて潰れてしまいます。漫画や雑誌が読めるのは8インチ以上のタブレットならではです。

3.車載プレイヤーの代わり

車の中でテレビを見たり、DVDを見たりするのに、車載プレイヤーを使いますが、タブレットでも代用できます。

上記のようにライブ映像を楽しめます。「Paravi」や「TVer」のアプリを入れれば民法のテレビ番組が見れますし、Amazonプライムのような動画見放題サービスにも使えます。

4.レシピ確認に使える

タブレットをキッチンに置けば、レシピを見ながら料理できます。スマホだと汚れた手でスクロールしないといけませんが、タブレットなら全画面表示でそのまま読めます。

5.大画面でスマホゲーム

以下のようなゲームを大画面でプレイできます。

  • 荒野行動
  • マインクラフト
  • モンスト
  • プリコネ
  • パズドラ

6.ベッドの上でPCゲーム

デスクトップPCを持っているなら、デスクトップの画面をリモートでタブレットに映せます。Windowsタブレットでも、Androidタブレットでも、iPadでもOKです。

7.資料作成に使える

タブレットにBluetoothキーボード(無線キーボード)を接続すれば、パソコンと同じように文字打ちができます。

GoogleのアプリならOfficeファイルも編集できます。

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • メール作成

8.写真でメモを取れる

紙の資料を写真で撮影してメモ代わりにできます。撮った写真を原寸サイズで読めるのがメリットです(スマホだと拡大が必要)。

9.お絵かきロジック

無料アプリを入れるとピクロス(おえかきロジック)ができます。ヒントを見てマスを塗りつぶしていく、懸賞雑誌でよく見かけるパズルです。本を買わなくても無料アプリで5,000問以上遊べます。

外付けキーボードK380レビュー

パッケージ

タブレットの外付けキーボード「K380」のレビューです。K380は以下のタブレットに対応しています。

  • Windowsタブ
  • Androidタブ
  • iPad

ちなみにiPad専用キーボードで「Smart Keyboard(1万6千円)」や「Magic Keyboard(3万円)」もありますが、文字を打ち込むだけなら安いキーボードでも快適です。

K380のサイズ

8インチタブレット(ケース)との比較です。

タブレットとのサイズ比較

タブレットと横幅がピッタリだと見栄えがいいですが、そうするとキーが小さくなって打ちづらくなります。タイピングする機会が多いなら、やはりK380くらいのサイズは欲しいところです。

K380のキー配置

K380は丸いキーが特徴です。

キーの形

EnterキーとTabキーが大きめで押しやすい配置です。半角/全角切り替えも一般的な配置です。

K380のメリット

  • キーとキーが離れているので誤タイプが少ない
  • 乾電池なので外で買い足せる
  • キーサイズが大きい
  • 幅28cmなので大抵のカバンに入る

バッテリーに乾電池を採用しているのは大きな特徴です。充電を忘れてしまったり、出張の途中でバッテリーが切れてしまっても、コンビニで電池を買えば使えます。

キーの押しやすさ

タイピング腕試しをやってみました。
パソコン用のキーボードで打った結果↓

タイピングスピードPC

K380で打った結果↓

タイピングスピードモバイルキーボード

正確率は4%ほど落ちていますが実用できる範囲だと思います。

仕事用タブレット活用術

mediapadへのBluetoothキーボード接続

あらゆる仕事がGoogle製のアプリで完結します。まずは、Googleアプリで出来ることを見ていきましょう。

Googleスプレッドシートエクセル
Googleドキュメントワード
Googleスライドパワーポイント
Googleドライブネット倉庫にデータ保存
Gメール複数メール管理
Googleマップ地図、カーナビ、電車時刻
Google Keepメモ、音声メモ、写真メモ
Googleカレンダースケジュール管理、リマインダー
Googleフォト写真管理とバックアップ
Googleハングアウト会議チャット、通話、ビデオ通話
Google翻訳音声自動翻訳、写真の文字翻訳
Googleニュース好みのニュース表示、オフライン対応
GoogleNow天気

たいていの作業はGoogleの13のアプリでこなせます。ここからは具体的に、どうやってアプリを使うのかを紹介します。

具体的な使い方

たとえば、8月1日の15時。顧客訪問の予定があったとします。
この予定を「Googleカレンダー」登録します。

出発時刻に通知が届く

「Google Now」の機能によって出発時刻になると、スマホやタブレットに通知が届きます。さらに「Google Now」には以下の情報が表示されます。

  • 電車乗り換え
  • 経路
  • 到着までの時間
  • 現地の天気

地図を一発表示

最寄り駅についたらGoogleカレンダーで予定をタップ。
わざわざ住所を入力せずとも、一発で目的地の地図を開けます。

訪問の帰りに

「Google Keep」で報告書を作成するためのメモを残します。メモはGoogleドライブ(クラウドストレージ(ネット上の保管庫))に保存されます。

カフェで報告書づくり

先程書いたメモを「Googleドキュメント」を使って報告書にします。ワード形式で保存できます。

メール送信

Googleドライブに保存されているデータは、Gメールから簡単に送信できます。このように、訪問から報告書の作成までGoogleアプリだけで完了できます。

スマホと連携しよう

スマホに同じアプリを入れておけば、スマホとタブレットの両方から同じデータを閲覧・編集できるようになります。

写真撮影はスマホで行い、長文を打つ時だけタブレットにキーボードを繋ぐといった使い分けができます。

ケースを使おう

以下のように、タブレットを立てて使えるケースがあると便利です。キーボードを繋げばノートPC感覚で使えます。

mediapadのケース

iPadを買ったら最初にやること

初期設定

電源を入れると「こんにちは」という表示でiPadが起動します。画面の案内に従って初期設定をしていきましょう。

iPhoneを持ってる人は設定を引き継ぐことができます。

ipad設定の引き継ぎ

Wifi設定画面になったらネット(Wifi)に繋ぐ

自宅にネット回線を契約してる人はWifiと接続します。

  1. 近くに飛んでいるWifi電波の一覧が表示される
  2. 自分のWifiの名前を選ぶ
  3. パスワードを入力する

自分のWifiの名前は使っているルーター(黒い箱の機械)のメーカーによって変わります。「Buffalo○○」や「Aterm○○」など、メーカー名が入っていることが多いです。

Wifiのパスワードは、ルーターの裏側にシールで貼ってあるか、ルーターを買ったときに封入されていたカードに記載されてます。

ここからは初期設定が終わったあとにやることです。

1番最初にやりたいこと(辞書登録)

これから設定したり、サービスに登録するとき、メールアドレスの入力が必要になります。一発でメアドを入力できるように、アドレスを辞書登録しておきましょう。

設定>一般>キーボードから「ユーザ辞書」を選択する。
右上の+ボタンを押して新規登録する。

ipadのユーザー辞書

単語の欄:メールアドレス
よみの欄:める

「める」と入力したときに変換候補にメールアドレスが表示されます。

アプリのインストールにパスワードを求めない

アプリをインストールするたびに要求されるパスワードを無効にします。

設定>Touch IDとパスコード>「App Store」をオフにする

TouchIDとパスコード

オフにした後
設定>「iTunes StoreとApp Store」>「パスワードの設定」をタップ

パスワードの設定

パスワード要求をオフにする

パスワード要求

これで、アプリを落とすときにパスワードが不要になります。

画面の設定

設定アイコンを押して「画面表示と明るさ」を選びます。

ipadの画面設定

スリープするまでの時間を変更

iPadを放置したとき勝手に画面が暗くなるまでの時間です。
「自動ロック」を選び、時間を決めます。

  • 2分
  • 5分
  • 10分
  • 15分
  • なし

短くするほど充電が長持ちします。

Night Shift(ナイトシフト)の設定

Night Shiftは、画面の色合いを変えてブルーライトを減らす機能です。

ipadナイトモード

温かみを上げると画面が黄色っぽい色になります。
上記のように0時~23時59分にすると、ほぼ1日中、温かみのある画面で表示できます。

※最新の海外の研究では「ブルーライトより温かい色のほうが悪影響である」という説もあるので、使ってみて自分に合った色合いにするのがいいでしょう

位置情報をオフにする

自分の位置情報を、アプリが勝手に共有するのを防ぎます。設定のプライバシーから、各アプリの設定を「許可しない」に変更します。

スクショの撮りかたを覚える

スクショ(スクリーンショット)は、iPadに映っている画面を写真にする機能です。アプリの内容を、そのまま画像化してシェアできるようになります。

やり方
ホームボタンと電源ボタンを同時押し

ipadのスクショの撮り方その1

ホームボタンがないiPad
電源ボタンとボリュームアップボタンを同時押し

ipadのスクショの撮り方その2

スクショの音を消す

スクショのシャッター音を消す設定をします。

画面右上からスワイプをしてコントロールセンターを呼び出します。消音アイコンをタップするとスクショの音を消すことができます。

ipadの消音ボタン

消音を解除すれば、また音が鳴らせます。

iPadが便利になるアプリ一覧

Google系アプリ
Googleアプリを入れると、カレンダー、Todo、メモ、地図、写真のバックアップなど一通りできます。

メールアプリ「myMail」
無料で使えるメーラーです。とにかく設定が楽なので、初心者でも迷うことなく使えます。
myMail

お絵かきアプリ「メディバンペイント」
無料で直感的に使えるペイントソフト。上手い人が使えばこんなにキレイな絵が描けます。
メディバンペイント

写真の加工「Snapseed」
色合い調整や切り取りなどの基本加工ができます。
Snapseed

プリントアプリ
iPad内の写真やPDFをコンビニでプリントするアプリです。

資料やノートをPFD化「Adobe Scan」
iPadをかざした状態で、資料をペラペラめくっていくと、自動的に撮影してPDF化してくれるソフト。ずれた角度も自動調整してくれる。
Adobe Scan

動画を見るアプリ(無料)

動画を見るアプリ(有料)

  • (無料:30日)
  • Netflix(無料:なし)
  • (無料:2週間)
  • (無料:31日)
  • dアニメ(無料:31日)

タブレットと電子書籍

タブレットは電子書籍を読むのに便利です。電子書籍リーダーとは違い、カラーで雑誌を読むことができます。

しかし、電子書籍を沢山買うと、だんだん本の整理ができなくなっていき、ぐちゃぐちゃの状態になってしまうことがあります。以下のページの最後のほうで、電子書籍の整理術について書きました。

関連記事

電子書籍を500冊以上買っているヘビーユーザーならではの意見を書きます。 KindleとKoboの選び方は「漫画」が鍵 ①性能は似てる②漫画を読むならKoboKindleもKoboも同じくらいの性能です。画面サイズの大きいKo[…]

上記記事の中で、1万5千冊の本を無料で読めるサイトも紹介しています。