宅配買取の梱包方法【高く売るための梱包テク】

宅配買取の梱包のやり方を解説します。

「少しでも高く売りたい」「注意点を知りたい」という人向けです。

この記事を読めば、梱包の失敗で査定が下がるのを防げます。

宅配買取の梱包方法

ぴったりのダンボールサイズを選ぶ

宅配買取のダンボール

売るものの量にぴったりのダンボールを使います。

ダンボールサイズが合っているほうが、買取金額が上がりやすいからです。

「送料無料だから関係なくない?」→実は関係ある

宅配買取サイトに売り物を送るときは送料無料ですし、表向きは「査定額から送料が引かれない」ことになってます。

広い視点で見れば、ちゃんと送ったほうが買取金額は上がります。

売り物をキレイにしてから送る

表面を拭いてホコリをとる

宅配買取の本の掃除

乾いた布で表面を拭いて、ホコリをなくしましょう。

ラベルをキレイに剥がす

宅配買取のラベル剥がし

ラベルがついていたら綺麗に剥がします。ベタベタが残るときは、ガムテープを使ってペタペタやると取れます。

底面をテープで止める

送った商品の破損を防ぎます。

小さいダンボールのときは、以下のように真横に止めます。

小さい箱の底抜け防止

大きいダンボールのときは、十字に止めます。

大きい箱の底抜け防止

本は寝かせて、ゲームは立てて入れる

商品の詰め方

本は寝かせて重ねます。
ゲーム・DVD・ブルーレイ・CDは立てて入れます。

プラスチック系を寝かせると、重みで下の商品が割れてしまうからです。

雨濡れの対策でビニール袋を使う

梱包の雨濡れ対策

商品が濡れないように、ビニール袋に入れておきます。

せっかく高く売れるはずの商品も、水濡れすると買取不可品になってしまいます。

ホームセンターにある45Lのゴミ袋がちょうどいいです。

緩衝材で商品が動かないように固定する

梱包の緩衝材の代用

ダンボールに隙間があれば、緩衝材を使って埋めておきます。

商品が動くと、破損の原因になり、買取価格の減額に繋るからです。

緩衝材は100円ショップのダイソーやキャンドゥにも売っていますし、上記のようにビニール袋を丸めたものでも代用できます。

古い新聞紙を詰めるだけでも効果があります。

以上、宅配買取で荷物を梱包するときの流れでした。
ここからは売るものごとの注意点を紹介します。

フィギュアを売るときの注意点

フィギュアは壊れやすいので厳重に梱包します。

箱があるなら入れたまま

未開封のフィギュアはそのままダンボールに入れます。開封済みでも、箱があるなら箱に戻してから梱包しましょう。

箱ありのほうが高く売れます。

箱がなければしっかり保護

プチプチや緩衝シートを使って、角や尻尾など、折れやすい部分を守ります。

細かいパーツのあるフィギュアは、箱の上のほうに詰めます。できるだけ重さがかからないように梱包しましょう。

逆に、デコボコの少ない「ねんどろいど系」は下のほうに入れます。

重いものを売るときの注意点

重心のバランスを取る

PS4やPS3など重めのゲーム機本体や、スピーカーや家電を売るときは、ダンボールの重心が傾かないようにします。

バランス良く入れることで崩れを防ぎ、破損なく商品を届けられます。

衣類・着物を売るときの注意点

必ずビニール袋に入れる

衣類や着物は、雨に濡れると一気に価値が下がります。ビニールで包むことで、水濡れを防ぎましょう。

CDやDVDは少しの濡れでも乾きますが、衣類の濡れはダメージが大きいです。

ブランド品を売るときの注意点

ブランド品は、1つ1つに緩衝材を使って梱包します。

まとめて袋に入れると、商品の箱が擦れたり、角が削れてしまう可能性があるからです。

以上、宅配買取の梱包のやり方でした。宅配買取サイトで不用品を売ろうと考えてる人は参考にしてみてください。