海外旅行や留学で必要になる変圧器の選び方!アダプタだけで見分ける

海外旅行や留学先で日本の家電を使うには、変圧器や変換プラグというものが必要になります。

この記事では、なぜ変圧器が必要なのかや、家電ごとの変圧器の選び方について解説していきます。

変圧器って何?

「海外旅行に行くときは変圧器を持っていたほうがいいよ」なんていうアドバイスを聞いたことがあるかもしれません。

変圧器とは、電を、換する機械です。

電圧というのはV(ボルト)のことです。日本と海外ではコンセントのボルトが違うため、海外で日本の家電を使うときは変圧する必要があります。

日本のコンセントは
→100Vの電圧

海外のコンセントは
→240Vの電圧

変圧が必要な電子機器は?

海外電圧に「対応していない」機器はすべて変圧が必要です。

具体的には、

  • スマートフォン(携帯電話)
  • タブレット端末
  • ノートパソコン
  • 電気シェイバー
  • ドライヤー
  • デジタルカメラ
  • ビデオカメラ
  • ポータブルオーディオ
  • ポータブルゲーム機

などの中で、海外電圧に対応していない製品です。

海外対応の見分け方

海外対応は簡単に見分けられます。

電源ケーブルについているACアダプタ(四角形の箱みたいなやつ)を見てください。

ACアダプタに書かれているボルトの数字で判断します。

「100V-240V」と書かれているなら
→海外対応

「100V」や「110V」と書かれているなら
→日本のみ

もしもACアダプタがなかったり、何も書かれていないときは、取扱説明書を確認してください。仕様説明の欄に、対応するボルトが書かれています。

説明書をなくしてしまった場合は、メーカーのWebサイトでも確認できます。

変圧しないとどうなる?

未対応の電化製品を変圧せずに使った場合は、以下の危険性があります。

  • ブレーカーが落ちる
  • 爆発、発火する
  • 電化製品が故障する

海外対応してないことが多い家電

スマートフォンやノートパソコンは、海外旅行に持っていくことが想定されるので、海外対応していることが多いです。

しかし、

  • テレビ
  • ラジオ
  • 洗濯機
  • 炊飯器
  • 電子レンジ
  • トースター
  • 電気ポット
  • 冷蔵庫

など、日本国内で使うことを想定している大型家電は、海外対応していないことが多いです。

これは絶対とは言えませんので、自分の持っている家電がどちらのタイプなのかは必ず確認してください。

国ごとの電圧の違い

基本的には国ごとに電圧が決められていますが、同じ国でも、地域によって電圧が違うこともあります。

たとえば、アメリカは地域によって120Vだったり240Vだったりしますし、フィリピンは110V、115V、220V……というように細かく分かれています。

そのため、変圧器を選ぶときは、旅行先にあわせて選ぶのではなく、「AC100V~240V」と書かれた製品を選びましょう。

100~240Vに対応していれば、どこの国に行っても同じ変圧器を使うことができます。

 
それでも旅行先に対応しているか心配だなぁ。
 
変圧器の通販ページに「世界●カ国対応」って書いてあるから、その説明を見てから買えば安心だニャ!

日本と海外ではコンセントの形が違う!

変圧器とあわせて覚えておきたいのが、コンセントプラグの形についてです。

日本のコンセント(挿すところ)は穴が2つありますよね。

海外では、穴が3つあったり、穴は2つだけど形が違ったり、日本とは違うコンセント形状になっています。

国によって形が違うため、そのままでは日本の家電製品が使えません。

変換プラグを使えばOK

コンセントの形を変換するグッズが売られています。

使い方はかんたん。

プラグ(ツノみたいに飛び出ている銀色の部分)に変換機をくっつけるだけです。

変圧器の選び方

 
「100~240V」って書いてるのを選ぶだけだよね?
 
それが残念ながら違うニャ……。

変圧器のワット数をチェックしよう

ここで言うワット数とは、消費電力(定格容量)のことです。

わかりにくいですね。

簡単に言うと、「その電化製品のパワーに耐えられる変圧器を選びましょう」ということです。

たとえば、シェーバーは30ワットのパワーしか使いません。いっぽう、ドライヤーは1,000ワット以上のパワーを使います。電子レンジになると1,400ワットです。

変圧器によって耐えられるパワーが違う

たとえば「IINLONG 旅行用変圧器100V-240V」という製品だと、定格消費電力200Wと書いてあります。

この場合は、200ワットまでの電化製品にしか使えません。ドライヤーで使うのはNGです。

今度は「ドライヤー専用変圧器CCR-LD1」を見てみましょう。

こちらはドライヤー専用ですが、1,500ワットまで対応しています。

ドライヤー専用変圧器 全世界対応 CCR-LD1

ドライヤー専用変圧器 全世界対応 CCR-LD1

3,780円(10/18 18:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

このように、変圧器によって使えるワット数が制限されています。変圧器は使いたい家電のパワーにあわせて選びましょう。

消費電力の目安

家電 電力消費量
スマホ 10W~20W
シェーバー 10~20W
デジカメ 10~20W
ラジオ 10~20W
ノートPC 50~100W
コーヒーメーカー 800W
炊飯器 1000W
トースター 1000W
ドライヤー 1000~1500W
電子レンジ 1200~1500W

まとめ

最後に、変圧器を選ぶときのポイントを簡単にまとめます。

1.持っていく家電が海外対応か調べる

ACアダプタに「100V-240V」と書かれていたら海外対応です。海外対応なら変圧器は不要です。

2.旅行先にあわせて変換プラグを買う

旅行先のコンセントの形にあわせて、変換プラグを買います。

「スマホを充電できるだけで十分!」という人は、以下のような変換プラグがおすすめです。USBポートがついているのでいつも通りにスマホを充電できます。

3.どこでも使える変圧器を買う

どの国でも使えるように「100V-240V」対応の変圧器を選びます。

4.パワーにあった変圧器を買う

使いたい家電の消費電力(ワット)に耐えられる変圧器を買いましょう。

おまけ

海外では、電源タップ(コンセントの数を増やすやつ)も海外対応品でなくてはなりません。

YAZAWA(ヤザワ) 海外用マルチ変換タップ HPM6AC3WH

YAZAWA(ヤザワ) 海外用マルチ変換タップ HPM6AC3WH

1,238円(10/18 18:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

海外で電源タップを使うときは、上記のような海外用のマルチタップを使用してください。