洗車の水道代はいくら?自宅洗車を0円にする方法

この記事の所要時間: 216

車1台の洗車代はいくら?

自宅で洗う場合

常に水を出しっぱなし(30分)で360リットルの水を使う。

金額にすると約65円

実際は水を止めながら作業するので1台150リットル程度と考えれば約27円かかる。

車1台を洗うときの水道代は27円。洗剤1回を30円とすると自宅洗車にかかる費用は57円になる。

スタンド洗車の場合

自動洗車

回転したブラシの中を通り抜けるドライブスルー洗車。日の丸石油では1番安いプランで300円。

セルフ洗車

100円を入れて水や洗剤を出すコイン洗車。水だけで300円、洗剤を入れると600円以上するのが一般的。

地域によって値段は違うと思いますが、ほとんどの場合は自宅で洗うほうが安くすみますね。

自宅洗いの節水方法

買ってすぐにコーディングする

ワックスではなくコーティング剤でコートする。

ワックス剤
油でコートする
コーティング剤
ポリマーでコートする

コーディング剤のメリット

短時間でコートが終わる。ムラになりにくい。保護が長く持つ。

綺麗なうちにコートしておけば、それ以降の洗車が楽になり、水道代の節約に繋がる。

値段の安いコート剤はNGです。バリアスコートレベルのものがおすすめです。評価を見ると違いがわかります。

バケツ+シャワーの組み合わせ洗い

それぞれの特徴。

バケツ

  • 水道代が5分の1になる
  • 自分のペースで作業できる
  • 水を汲むのが面倒
  • 時間がかかる

シャワージェット

  • 水の勢いで汚れを落とせる
  • 手元で水を止められる
  • 節水効果が低い

バケツ+シャワーの洗い方

シャワーのメリットとバケツの節水効果をダブルで受けられる。

シャワーで軽く全体を流す
ジェットをタイヤ回りに噴射
バケツの水でホイールを洗う
ボディに洗剤を塗って馴染ませる
細かい部分をバケツの水で洗浄
シャワーで全体を洗う

自宅洗車の水道代を0円にする方法

雨の日に車を洗うと水道代は0円になる。

節約法として教えて貰ったのだが、雨の日に洗車しても本末転倒。キレイな仕上がりにはならない。

そこで、仮洗と本洗に分けることにする。

洗車スケジュール

土日が2連休の場合。

土曜日が雨で日曜日が晴れの予報になっていることを確認する。

雨で大まかな汚れを落とし、晴れの日に本洗をする。

こうすることで水道代を半分に節約できて、車もキレイに洗うことができる。

このやり方は休みを2日使ってしまうことと、タイミングが天候に左右されるのが欠点ですよね。やっぱり定期的にコーティングするのが一番効果的な方法だと思います。

リンク