水道水を飲むのは安全?10万円安くする飲み水代の節約法

この記事の所要時間: 534
水道水の「危険性」も「安全性」も両方間違ってた!?
水道水をそのまま飲むことの危険性と、飲料水(ミネラルウォーター代)の節約方法を紹介します。

水道水は危険!?

原子力発電所の事故後、水道水から放射性ヨウ素が検出されました。

PM2.5による大気汚染が水に与える影響も懸念されています。

PM2.5の粒子は花粉の10分の1くらいの大きさで、とても小さいものです。そのため、水道水から完全に除去できるのかを不安視する人もいます。

PM2.5は安全か

日本の浄水処理はレベルが高いので、浄水処理の段階でPM2.5は除去されます。

ただこれだけ汚染が取り上げられると、どうしても不安になってしまいますね。

アンケート結果の罠

『水道水』に関するアンケートによると、飲水として水道水を使う家庭は52%あるという結果が出ています。

ミネラルウォーターを飲水にしている家庭は26.4%と半分程度です。

この結果から、水道を飲む52%は賢い!ミネラルウォーターは無駄!日本の水道は安全!なんて主張がありますが、それはアンケートの罠にハマっている主張です。

なぜアンケートに罠があるのか

”どこの水”が52%なのかわからないからです。

もし仮に、日本の97%の土地では安全な水が飲めて、残り3%が危険だったとしましょう。

97%側の人間だけを集めてアンケートしたらどうなるでしょうか。皆が「安全だ」と言うことになります。

危険エリアに住む3%の人は無視されてしまうんです。

危険なエリアは本当にある?

日本では浄水場でキレイな水道水が作られています。だからこの時点での水道は安全です。

しかしアパートやマンションの場合は、浄水場から流れてきた水が、いったん貯水槽に汲み上げられます。

問題は、この貯水槽が汚れていたり、配管が汚れていることです。

せっかく浄水場で綺麗にした水も、蛇口から出るまでの間に汚染されたら意味がありません。

水道の蛇口から虫が出るといった報告もあるので、全ての地域で水が安全とは言えないわけです。

人によって住む場所が違うので水道水が100%安全ではないのですね。私が以前住んでいたアパートは、蛇口をひねると赤サビが大量に出る物件でした。それぞれの判断でミネラルウォーターを飲んだほうがいいでしょう。

ミネラルウォーターを安く買えるお店

1日に1リットルの水を使うと考えれば、1ヶ月30リットルの水を買うことになります。

水は買い方によって値段が大きく違ってきます。

1本100円の500mlを買う
月6,000円
1本120円の2Lを買う
月1,800円

上記の2つの買い方だけでも、年間にして50,400円の差があります。

ミネラルウォーターを出来るだけ安く買えるお店を比べてみました。

安く買えるお店の比較

送料無料で買えるミネラルウォーターを比較します。

比較 楽天 ポンパレ ロハコ Amazon
1Lで 108円 49.5円 34.3円
順位 4位 2位 1位 3位
詳細 楽天 ポンパレ ロハコ Amazon

ウォーターサーバーは節約できない

ウォーターサーバーは、自宅にウォーターサーバーを設置して、毎月水を宅配して貰うサービスです。

水を安く買えるような気がしますが、実際にはペットボトルより高いでs。

ウォーターサーバーの会社は10種類以上ありますが、1リットルあたり120円~150円が一般的です。

安いところでも70円~90円なのでペットボトルより値段が高いですね。

では、ウォーターサーバーはどんな時に使うのでしょうか。

ウォーターサーバーを使う意味

注文の手間がいらない

定期的に配達してくれるので毎回ショップを開く必要がありません。

買いに行く手間がない

宅配されるので買いに行く手間がありません。重い荷物を持たなくていいですし、お店までのガソリン代もかかりません。

これはペットボトルを通販した時にも同じ効果があります。

美味しい水を飲める

ペットボトルを安く買おうとすると選べるメーカーが限られます。

ウォーターサーバーは種類が豊富で好みの水が選べるのがメリットです。

いつでも冷たい

買ってきたばかりのペットボトルは冷蔵庫で冷やさなくてはいけません。冷蔵庫のサイズによって、一度に冷やせるボトルに限界があります。

ウォーターサーバーはいつでも冷水を飲むことができます。

ペットボトルとウォーターサーバーにはそれぞれのメリットがあります。断水のときウォーターサーバーがあって助かった!なんていう使い方もあるので、場合によってはウォーターサーバーを使うのもありですね。

私が15万円を5万円にした方法

1ヶ月のミネラルウォーター代が1,000~1,300円かかっていました。

年間で15,000円です。

10年単位で考えると水だけで15万円の出費になります。

ポット型浄水器で404円に節約できた

ポット型浄水器って何?

麦茶を作るのに使うポットに、浄水カートリッジがついているろ過器のことです。

ポットに水を入れて冷蔵庫に入れておけば水道水を浄水してくれます。

水代はいくら減らせた?

比較 ペット
ボトル
浄水
ポット
1ヶ月 1300円 404円
5ヶ月 6500円 2022円
10年 15万円 5万円

細かい計算
買っていたのは2Lのペットボトルを12本でした。これを水道+浄水に置き換えます。計算しやすいように5ヶ月単位にしました。カートリッジは1,000円で、60リットルを浄水できます。5ヶ月のカートリッジ代は2,000円です。水道代は1リットルあたり0.18円だから5ヶ月で21.6円

ポット型浄水器の種類

有名なのは、東レのトレビーノ、三菱レイヨンのクリンスイ、ブリタの浄水ポットです。

ブリタにはアルーナ、マレーラ、ファンブルー、リクエリ、ナヴェリアなどの種類があります。

アパートの水を浄水するのに適しているのは、赤サビに対応しているクリンスイです。

私はクリンスイを買ってミネラルウォーターを完全にやめました。10年で10万円の差は大きいので、早めに切り替えて正解でした。

ポット型浄水器の選び方の記事を書きました。

リンク

ミネラルウォーターを安く買う

浄水ポット

スポンサーリンク

シェアする