お米を美味しく炊く方法【目的別の入れるもの一覧表】

目的別に、ご飯を美味しくする方法を紹介します。

「安いお米を美味しく炊きたい」「古いお米を炊きたい」「保温しても美味しくするには?」という人向けです。

この記事を読めば、毎日のご飯が1ランクアップします。

お米を美味しく炊く方法

ご飯

炊く前に入れるだけ!

目的別に、入れるものを紹介します。

長く保温したいお酢3滴
古いお米を美味しくマヨネーズ大さじ1
臭みをとるお酒大さじ1
テリを出したいみりん小さじ1
安いお米を美味しく昆布
にがり
1枚
1滴
甘みを引き出す少々
もっちりさせる寒天
もち米
1グラム
10%

お酢を入れる
保温したご飯が傷みにくくなります。

マヨネーズを入れる
マヨネーズの油分がお米をコーティング。古いお米のパサパサ感が減ります。

お酒を入れる
お酒はお米の臭みをとってくれます。古いお米を美味しくできます。

みりんを入れる
炊きあがったご飯にテリが出ます。ピカピカした見た目になり、味も美味しくなります。

昆布・にがりを入れる
お米の中に旨味成分が染み込んで、安いお米でも美味しくなります。

塩を入れる
ご飯が甘く感じます。スイカに塩をかけると甘くなるのと同じです。

寒天・もち米を入れる
普通のお米でも、「コシヒカリ」のようなモチモチご飯に炊きあがります。
もち米は、炊く量の10%入れます。
1合なら15グラムです。

さらに美味しくする炊飯テクニック

お米に氷を入れる

お米は冷たい水で炊いたほうが美味しくなります。

  1. 水の量を少しだけ減らす
  2. 氷を1つ入れる
  3. 炊飯ボタンをオン!

これだけで、甘みの強いご飯になります。

夏場は水温が高いので、とくに有効です。

炊飯釜の水滴を拭き取る

ご飯を炊く前に、釜についた水を拭き取ります。
これで炊きムラがなくなります。

加熱効率が上がって、芯からご飯が炊きあがります。

ここからは、お米を研ぐときのコツについて説明します。

お米を研ぐコツは10秒で洗うこと

お米

ザルに入れたお米を10秒で洗う

ザルに入れたお米に、水をかけて汚れを落とすイメージで洗います。

最初は水につけません。

水につけると、お米の表面の汚れが、お米に再吸収されてしまうからです。

すすぐのは4回

次は、普通にお米を研ぎます。

  1. 水に浸けてシャカシャカと10回
  2. すすぐ

これを4回くり返したら、お米研ぎは終わりです。

水が透明になるのはNG

お米を研ぐときは、水が透明になる前にやめます。
白いニゴりは、旨味成分なので残します。

透明に研ぐとパサパサご飯になってしまいます。

30分つけたら炊く

お米をつける時間は30分~1時間です。

短時間で炊くのは、甘みを逃さないため!

それ以上つけると、デンプン質(甘み)が水に溶けて、蒸気と一緒に甘みが逃げてしまいます。

ご飯が炊けたらすぐ混ぜる

ご飯は炊けた瞬間に混ぜます。
炊飯器の裏ブタについてる水滴も拭き取ります。

水滴を拭き取ると、ご飯がベチャベチャになるのを防げます。

※ちなみに、「ご飯が炊けたあとに蒸らす時間が必要」というのは釜で炊いたときの話です。炊飯ジャーならすぐに混ぜます。

お米の種類を変えてみる

稲穂

やってみたら効果絶大でした!

もっちり好きな人に合うお米

もっちり度が強いお米の品種は、次の5つです。

「ミルキークイーン」「コシヒカリ」「いちほまれ」「おぼろづき」「夢ごこち」

とくに粘りが強いのはミルキークイーンです。
「甘み×粘り」で代表的なお米です。

新潟県産 ミルキークイーン 白米 5kg 平成30年産

新潟県産 ミルキークイーン 白米 5kg 平成30年産

3,290円(09/19 14:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

次点は、農家直送のコシヒカリです。
両方食べ比べて見たんですが、コシヒカリのほうが美味しいと感じました。味のバランスが良くて、炊きあがりがもっちもちです。

硬めが好きな人に合うお米

硬めの食感が強いお米は次の5つです。

「ななつぼし」「ササニシキ」「きらら397」「つがるロマン」「あきたこまち」

こちらも、いくつか食べ比べました。
「もっちり」というよりは「しっとり」食べられるお米でした。

ただ、個人的なおすすめは、硬めに炊いた「ゆめぴりか」です。
硬いご飯好きな私が1番気に入ってるお米です。

【精米】北海道産 白米 ゆめぴりか 5kg 平成30年産

【精米】北海道産 白米 ゆめぴりか 5kg 平成30年産

2,780円(09/19 14:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

以上、お米を美味しく炊く方法でした。たったひと手間を加えるだけで、毎日の食卓が1ランクアップします。試してみてください。

お米の品種を食べ比べは、本気でおすすめ!
比べてる期間も楽しい!