その節水は逆効果!5つの食器洗い水道代節約

この記事の所要時間: 536

食器洗いの水道代はいくら?

時間ごとの水道代を見ていきましょう。

5分かけて洗う場合

60リットルの水を使う。水道代は11円かかる。

1日の水道代

1日に2回の食器洗いをすると1日あたり約22円かかる。

1ヶ月の水道代

30日で660円になる。

水道代は水の勢いによって変わる

1ヶ月660円は水を勢いよく出した時の金額。弱く出せば330円程度。

それでは、この330円を節約する方法を紹介します。

効率の良い食器洗い方法

出来るだけ使う水を減らし、食器洗いを時短して効率化する方法は2パターンある。

すぐに洗うパターン

食器を重ねない
>洗う前に拭く
>>コップから洗う
>>>まとめてすすぐ

食器を重ねずに運ぶ

重ねると裏面にも汚れがついてしまう。重ねなければ、裏面はサッっと洗うだけでいい。

洗う前に拭く

捨てる前のサランラップ、チラシ、新聞紙でお皿を拭く。

汚れを拭き取ってから洗えばその分だけ水を使わずに汚れを落とせる。

コップから洗う

油のついていないコップから洗う。先に油ものを洗うと、スポンジについた油がコップについてしまうことがある。

二度手間にならないようコップやサラダボウルを先に洗う。

まとめてすすぐ

スポンジでこすっている最中は水を止める。一通り洗い終わってからまとめてすすぐ。水を出しっぱなしにする時間を減らせる。

食器は重ねて運んだほうが楽ちんですが、節水のためには1枚ずつ持っていくのがベストですね。

あとで洗うパターン

オケに水を入れる
>洗い物を全部入れる
>>洗剤を垂らして放置
>>>あとで洗う

オケに浸けておく

こうすることで汚れが落ちやすくなる。茶碗で固まったご飯粒や、炊飯ジャーのカチカチにも有効。洗剤を入れておくことで油汚れも取りやすい。

さらに節水するなら蕎麦やパスタの茹で汁を使う。

ただし茹で汁には油分も入っているので洗う食器の内容を見て調整する。油汚れのないコップが多いときは普通の水を使ったほうが良い。

本当は大きいオケに入れておきたいけれど、台所が狭くて置けないということもあると思います。そんな時に私がやっているのは、浸け置きするものすぐに洗うものを分ける方法です。サッと洗えるものは先に洗ってしまって、ガチガチの汚れだけ浸け置くようにしています。

5つの節水と節約になる金額

洗う前にサランラップで拭く

節約効果:月3円
捨てる前のサランラップがあれば洗う前にラップで汚れを拭き取る。

抵抗がなければ新聞紙やチラシで油汚れを拭いても良い。新聞紙を長方形にカットし、お皿を拭く用の新聞紙を常備している家庭もある。

アルミホイルはNG

ホイルは皿を傷つけてしまう。フライパンや炊飯機(鍋)のテフロン加工も剥げやすい。

テフロンが一度剥げてしまうと、次回からはすぐにくっつくようになってしまいます。テフロン製品の注意ポイントですね。

食器洗いの前のつけおき

節約効果:月18円
つけ置き後に洗えば次のシチュエーションで洗い時間を短縮できる。

  • 固くなった茶碗のごはん粒
  • フライパンに張り付いた焼きそば
  • カレーやシチュー
  • ホットプレートの焼肉後

浸け置きの水には米のとぎ汁を使う

米のとぎ汁はパスタの茹で汁とは違い、油分がなくて使いやすい。

美容にもいいとされる。食器洗いをしながら手がツルツルになる効果が期待できる。

茹で汁も使える

「野菜を茹でた汁」や「うどんやそばを茹でた汁」も使える。ただし熱いうちにプラスチック桶に入れると変形する可能性がある。少し冷ましてから入れる。

タワーを作ってすすぐ

節約効果:月18円

washingup_tower

画像のように「大きな皿」を下に、「小さな皿」を上にして重ねる。

蛇口の真下にこのタワーを作り、タワーの上のほうからすすぐ。

食器を1つすすいでいる間に下皿にも水が流れていくので、下にある食器は自動的にすすがれる。タワーの下のほうはほとんどすすぎが要らない状態になる。

こまめに水を止める

節約効果:月36円

必要な時以外は水を止めるのが1番効果的な節水方法。「洗い」「すすぎ」を分けて考え、洗い中は水を止める。すすぎの時だけ水を使う。

食器をランチプレートにする

節約効果:月18円

朝昼晩、いつでもランチプレートを使ってご飯を食べれば洗う食器枚数が激減する。

水道だけでなく、

  • 食器を食卓に運ぶとき
  • 食卓から台所に戻すとき
  • 洗うとき
  • 拭くとき
  • しまうとき

あらゆる場面で時間短縮になる。

プレートは同じ種類に揃える

種類を揃えれば浸け置きしやすい。収納も楽。

プレートを買うときは家族人数分より多めにまとめ買いしておくと良い。割れてしまっても同じ種類の皿を使い続けられる。予備を買っておかないと、もしその皿が販売停止になった時に1枚だけ別の種類を使うことになってしまう。

ランチプレートを使うのはおすすめの方法です。1枚1枚が大きめなので軽めのものを選ぶと扱いやすいです。

逆効果の節水方法とは?

お皿の上にラップをかけ、その上におかずを盛り付ければ、洗い物がゼロになって水道代が節約できる!……という節約方法は本当なのか。

サランラップの値段

あるショップでは幅30cmで50メートルのものが367円。これを基準にする。

食器1枚に使う長さ

使う長さ 枚数
丸いお皿 30センチ お皿の数だけ

この条件だとラップ1枚につき2.2円かかる。

ラップVS水道代

どちらが安いのか。

水道を使う時間 水道代 ラップ代
30秒 0.5円 2.2円
60秒 1.1円 2.2円
90秒 1.6円 2.2円
120秒 2.1円 2.2円
150秒 2.7円 2.2円

お皿1枚を洗うのにかかる時間が150秒以下なら洗うほうが安い。

1枚に150秒以上かかるならラップのほうが安い。

食器洗いに不慣れな人でも1枚150秒はかからないと思います。

結論:水道のほうが安い

ランチプレートを使ってラップ枚数を節約したとしても水道のほうが安い。

ラップを使った節水方法は逆効果。

さらに、鍋やフライパンにはラップできない。結局のところ水は使う。

今回紹介した節水方法で私がおすすめなのは、ランチプレートの種類を統一することですね。仕切りの中にバランス良く料理を盛り付けるので、健康的な食事になりやすいのもメリットです。

リンク