【超初心者~応用テクまで】モンハンライズ大剣の操作とコンボ一覧

これだけやってれば勝てる!

というコンボや立ち回りを紹介します。

応用テクニックや、入れ替え技の考察(なぜガードタックルを使う頻度が少ないのか)なども書いていきます。

大剣の操作方法とコンボ

大剣を使うときに目指すこと

大剣で主に使う技は2つです。

  • 納刀状態からの縦斬り(Xボタン)
  • 真・溜め斬り

最初は縦斬りから解説します。

納刀からの縦斬り

Xボタンを押すと縦斬りが出ます。Xボタンを長押しで溜めます。溜めは3段階まで。1段階ごとに体が光ります。溜めると威力が上がります。3回目が光った瞬間にボタンを離します。4段階になると溜めすぎで威力が下がります。

縦斬りのあとは動けない時間があります。Bで回避して隙をなくしましょう。

よく使う流れ
縦斬り(X)→回避(B)→納刀(Y)

この流れを繰り返します。モンスターの動きが激しいとき・隙の少ないモンスターに有効です。

モンハンライズからZR+Aで強化納刀が使えるようになりました。そのため縦斬りメインの立ち回りでも火力が出ます。
縦斬り(X)→回避(B)→強化納刀(ZR+A)

強化納刀のあとは一定時間攻撃力1.1倍にアップです。翔蟲が余っているときは積極的に使いましょう。

真・溜め斬り

真溜め斬りは高威力の大技です。モンスターの大きな隙に撃ち込みます。モンスターの頭に真溜めを当てるのが大剣の醍醐味ですね。

やり方は以下の画像の左側を見てください。

大剣の使い方

X
→左スティック倒しながらX
→→左スティック倒しながらX
→→→左スティック倒しながらX

これで真・溜め斬りに派生します。発動までが長いので大きな隙があるとき専用です。

真・溜め斬りを素早く出す方法

タックルを挟めば真・溜め斬りが素早く出せます。

やり方
回避(B)→タックル(X)
→→左スティック倒してX
→→→左スティック倒してX

回避のあとすぐXを押すとタックルが出ます。タックル後のXは溜め切りをスキップして、いきなり強溜め斬りが出ます。

溜めていて被弾しそうなときの回避

溜め中は通常回避ができません。タックルを使って回避します。

タックルの効果

  • タックル中は咆哮無効
  • 吹っ飛び無効
  • 受けたダメージを50%カット
  • 頭に当てるとスタンが取れる

タックルの出し方はさっきの画像の右側を見てください。

タックルは最初は難しいですが慣れると強いです。タックルだけでモンスターを倒すことも可能です。

大剣コマンド一覧

縦斬りX
溜め斬り縦斬り後
スティック+X
強溜め斬り溜め斬り後
スティック+X
強溜め斬り落下突き後
スティック+X
真・溜め斬り強溜め斬り後
スティック+X
なぎ払いA
強なぎ払い強溜め斬り後
スティック+A
強なぎ払い空中斬り後
スティック+A
斬り上げX+A
タックル溜め中にA
タックル回避後にX
飛び込みなぎ払いタックル後A
刀身殴り飛び込みなぎ払い後
X
ジャンプ溜め斬り空中でX
落下突き空中でZR
ガードZR
キックZR+X
ハンティングエッジ
翔蟲消費2
ZL+X
強化納刀
翔蟲消費1
ZL+A

大剣のコンボ

短時間コンボ

溜め縦斬り(X長押し)→強化納刀(ZR+A)

最速の真・溜め斬り

納刀中にZL+Xで飛ぶ→落下突き(ZR)→強なぎ払い→真・溜め

地上最速の真・溜め斬り

溜め斬りの溜め始めにタックル(A)→強溜め斬りの溜め始めにタックル(A)→真・溜め斬り

大剣の入れ替え技を解説

まずは入れ替え技の一覧と、解放条件をまとめます。

技A技B解放条件
タックル→←ガードタックル里クエ★3クリア
真溜め斬り→←激昂斬集会★5クリア
ハンティングエッジ→
翔蟲消費2
←金剛溜め斬り
翔蟲消費1
大剣生産強化を8回

入れ替え技は、解放したあとにアイテムボックスからセットできるようになります。

ガードタックルの使い方

メリット

  • 大幅にダメージを軽減
  • 通常タックルより与ダメが多い(属性も乗る)
  • ガード成功後、真溜めに派生

デメリット

  • モーションが遅い
  • ガード成功時にスタミナを消費する
  • 斬れ味ゲージを消費

ガードタックルは、モーションが遅い代わりにダメージ軽減量の増えたタックルです。ガードに成功すると真溜め斬りに派生します。ガード有効時間が長いので、ガード成功させるのは簡単です。

ただし、TAや高速周回をしない限り、あまり使わない技になると思います。

理由は、「ガード成功→真・溜め→回避」を決められるタイミングが少ないからです。大雑把にガードタックルをしても回避が間に合いません。モンスターの特定の攻撃を覚えておき、その攻撃にのみガードタックルを使います。

感覚で使う技というよりは、事前にモンスターの攻撃と隙を把握してから狙う技といった印象です。

金剛溜め斬りの使い方

ハンティングエッジが弱すぎるので現状、金剛溜め斬り一択です。めちゃくちゃ強い入れ替え技です。ZL+Xで発動し、スーパーアーマーを付与しながら前方にダッシュして溜め斬りを放ちます。

メリット

  • 翔蟲1つで使える
  • 納刀せず距離を詰めることができる
  • スーパーアーマーで咆哮を無視
  • アーマーを活かし、モンスターの攻撃中に差し込める
  • アーマーは溜め中も継続

デメリットなし

金剛溜め斬りのポイントは、スーパーアーマーが溜め中も継続することです。ZL+Xでダッシュしたあと、強溜め斬りに派生しますが、そのときの溜めはアーマー付きです。モンスターの攻撃を喰らっても溜め続行なので、必ず強溜めが当たります。

たとえばモンスターのお手つき2連攻撃ってありますよね。1回目のお手つきをダッシュ中のアーマーで受け、溜め姿勢に入ります。そのあと2回目のお手つきを溜めアーマーで受けます。こうすると、お手つき直後から強溜め斬りが出せます。

お手つき後の隙→最大強溜め→ひるみ→溜めなし真溜め

こんな感じで、本来は真溜めを当てられないタイミングでも真溜めを当てられるようになります。

激昂斬の使い方

激昂斬は真溜めとの入れ替え技です。

メリット

  • 激昂斬の溜め中はスーパーアーマー
  • 攻撃方向をスティックで選べる
  • 溜め中に攻撃を受けると与ダメ上昇

デメリット

  • 真溜めより攻撃力が低い

真溜めは溜め始めると攻撃咆哮を30度ぐらいしか変えられませんが、激昂斬はスティックの入れた方向360度に攻撃できます。溜めてる途中にモンスターが横に移動しても当たります。

その代わり、真溜めより威力は下がります。ヒット率の激昂斬、攻撃力の真溜め斬り、といった感じです。

溜め中に攻撃を受けると与ダメが上がります。感覚的には、攻撃を受けなかったときの1.4倍~1.8倍くらいのダメージが出ています。

大剣のテクニック5選

①咆哮タックル

モンスターの咆哮にタックルを合わせるテクニックです。

  1. モンスターの前に立つ
  2. 咆哮の少し前にZR+X→Xを押す
  3. 咆哮をタックルで受け、そのまま溜め斬り

納刀していても、抜刀していても、ZR+Xでキックが出ます。キックのあとにXでタックルです。素早く溜め斬りを当てたいときや、スタンを狙うときに使えます。

ちなみに、タマミツネ相手なら強溜め→真溜めまで繋がります。

②納刀から最速で真溜め

納刀した状態から真溜めに持っていく方法です。

  1. ZR(ガード)→X(コロリン)→X(タックル)
  2. 上Xの溜め中にA(タックル)
  3. 真溜め

大剣は納刀中でも瞬時にガードできます。ガードすると抜刀状態になります。この仕様を利用して最速で真溜めに繋げます。

コツは、ガードした直後にコロリンすることです。ボタンを「タタンッ」と素早く押す感じです。

③強化納刀(鉄蟲糸技)の無敵を使う

ZL+Aの強化納刀は出始めに一瞬だけ無敵があります。体感ではコロリン回避の無敵時間と同じくらいです。タイミングはシビアですが、覚えておくと役立ちます。

④真溜めキャンセル

溜めてる途中に「これは当たらないな」と思うことないですか?

真溜めを溜めてる途中でモンスターが逃げてしまったとき、素早くキャンセルする方法です。強溜め斬りでも同じことができます。

コマンドはこれ↓

  1. 溜め中にAでタックル
  2. ZL+Aで強化納刀

溜めをタックルでキャンセルしたあとに強化納刀することで、最速で溜めをキャンセルできます。

⑤睡眠モンスターへの真・溜め2段当て

モンスターが睡眠しているときは与えるダメージが大きくなります。モンスターは1回の攻撃で起きてしまうので、大剣の最大攻撃力である真溜めの2段目だけを当てるテクニックです。

  1. 寝てるモンスターに納刀状態で密着する
  2. レバーちょい倒し×5回で後ろに5歩移動する
  3. レバーちょい倒しで振り向く
  4. レバーを触らずXで抜刀
  5. レバー前倒しXで強溜め
  6. レバー前倒しで真溜め

この距離感でやると真溜めの2段目だけがヒットします。最大ダメージを狙いたい時に使えるテクニックです。