【モンハンライズ】ひるみ軽減のマナー!味方攻撃は3種類ある

モンスターハンターライズのフレンドリーファイア(味方への攻撃)を対策するスキル「ひるみ軽減」についてまとめました。

モンハンライズの味方攻撃の種類

モンスターハンターライズではフレンドリーファイア(味方への攻撃)が可能です。モンスターに攻撃していても、近くにいるハンターを攻撃してしまうことはよくあります。攻撃されたハンターはダメージを受けませんが、短時間だけ動きが止まってしまいます。

動きの止まりかたは3種類です。

のけぞりその場で動きが止まる
尻もち手をついてダウンする
吹き飛び空中に吹っ飛ぶ

尻もち/吹き飛びは数が少ないので対策しなくても大した影響は受けません。

注意したいのは「のけぞり」です。ひるみ軽減をつけていないと、味方のほとんどの攻撃でのけぞり状態になってしまいます。のけぞり中は動けないのでモンスターから攻撃を受けやすくなります。さらに、攻撃することもできないので火力が下がります。

のけぞりを発生させやすい主な攻撃として以下のようなものがあります。

  • 太刀の攻撃
  • ライトボウガンの攻撃

ひるみ軽減の効果

Lv1のけぞり無効化
Lv2のけぞり無効化
尻もちをのけぞりに軽減
Lv3のけぞり、しりもちを無効化

ひるみ軽減Lv1を発動するとのけぞりを完全無効化できます。

おだんごスキル「ふんばり術」で代用できない

おだんごスキルに「ふんばり術」があります。こちらは、尻もち攻撃を受けたときのリアクションがのけぞりになる効果です。

のけぞり無効化の効果はないので、ひるみ軽減の代わりにはなりません。

ひるみ軽減の必須マナー

味方ハンターが太刀のように攻撃範囲の広い武器を使っていると、連続のけぞりにより何も出来なくなってしまいます。

ここで、太刀使いの人に文句を言うのはマナー違反。

オンラインでは回線状況によってハンターの位置がワープします。ハンターの場所を確実に把握する方法はありません。その状況で、フレンドリィファイア(FF)を回避しながらモンスターだけを狙うのは不可能です。

のけぞりに対して不満がある場合は、ひるみ軽減をつけるのがマナーです。

もちろん、のけぞりを気にしない人ならスキル構成は自由です。効率部屋でもない限り、好みに応じて自由に遊べばいいですよね。

逆に、全員にひるみ軽減必須のルールにして効率化したい場合は、掲示板やディスコードで効率部屋の募集をかけるのがおすすめです。野良よりも圧倒的に速いスピードで狩猟できます。

FPSとモンハンライズの違い

「味方攻撃うざいから太刀を使うな!」「ライトボウガンを使うな」という意見をよく見かけます。

FPSでFFを頻発すると除外投票されてゲームから追い出されますよね。FPSの空気感でプレイしていると上記のような意見が出やすいのかもしれません。

FPSだとFFした側の責任になりますが、モンハンライズだとそうなりません。モンハンライズではFPSと違ってFFでダメージを受けませんし、ひるみ軽減で無効化もできます。

また、太刀でFFしない立ち回りは非常に難しいです。3人のハンターがどこに移動するかわからず、密集した状態で戦うのでFPSとは根本的に違います。

マルチをするときは一応、気をつけてFFしないように立ち回ってはいますが限界があります。そこに文句を言われても困るので、のけぞりに不満がある人はひるみ軽減を推奨します。

ひるみ軽減が発動する装備

最短でスキルを発動できるのはチェーンSベスト(カブレライト鉱石×2・大地の結晶×2)です。上位に上がってすぐ作れます。素材は採掘だけで集まります。

【頭】禍・鎧覇 兜②–ひるみ軽減Lv1
逆恨みLv1
匠Lv1
【腕】マギュルSラーマ②①①ひるみ軽減Lv1
爆破やられ耐性Lv1
【胴】チェーンSベスト①–ひるみ軽減Lv2
防御Lv1
【胴】しまきのむなさきひるみ軽減Lv1
ガード性能Lv1
風紋の一致Lv1
【脚】禍鎧・覇 具足①①-ひるみ軽減Lv1
逆恨みLv1
鬼火纏いLv1
【脚】クロムメタルブーツ③–ひるみ軽減Lv2
【装飾品】耐衝珠スロット1修羅原珠×2
泡狐竜の尖爪×2
(タマミツネ)
雷狼竜の堅殻×2
(ジンオウガ)