[音楽配信]Amazonで音楽のダウンロード購入をしてみた結果

この記事の所要時間: 341
Amazonは再ダウンロード不可?
聴き放題のAmazonプライムではなく、デジタルミュージックの単品ダウンロード購入をしてみました。

ページメニュー

音楽を一番安く手に入れる方法
レコチョクでCharaのラブラドールを買ってみた
moraでハナレグミのおあいこを買ってみた
music.jpでAimerの蝶々結びを買ってみた
└Amazonでさユりのフラレガイガールを買ってみた

Amazonの音楽ダウンロードとは

Amazonでは、好きな楽曲を単品でダウンロード購入することができます。

値段は1曲10円~250円程度。

無料配信されてる楽曲もあり、ダウンロード購入の相場からすると安めです。

買った曲はスマホで再生

購入した曲はスマホやパソコンで再生できます。

購入すると、自動的プレイリストが作成されるので、買った曲を流しっぱなしにすることもできます。

Amazonデジタル音楽のメリット

劣化しない

ダウンロードした楽曲はデジタルなので劣化しません。

CDは保管状況が悪いと音飛びしてしまいますが、デジタルではいつも同じ状態で音楽を聞けます。

アルバムを買うより安い

アルバムの中の1曲だけを聞きたい時、1曲を単品購入すればアルバムより安く買えます。

価格設定も10円~なので、全曲買ってもアルバムより安いこともあります。

入手までが速い

普段からAmazonで通販を使っている人なら、30秒くらいで音楽が買えちゃいます。

私は今回1曲買いましたが、買ってから聴くまでに1分かかってないと思います。

Amazonの永続性

何年か前、電子書籍が流行りだした時のことを覚えているでしょうか。

電子書籍を売っていたショップが次々と潰れたんです。

その結果……。

ダウンロードした書籍データを1回なくしてしまうと、ショップがないので再ダウンロードが出来なくなってしまったんです。

Amazonは潰れる確率が低いので、いつでも再ダウンロード出来るという安心感があります。

ファイル形式がMP3

ファイル形式とかよくわからないって人もいると思いますが、これはかなり大きなメリットです。

AmazonのファイルはDRMフリー((デジタル著作権管理))なので、自由にコピーしたり、CDに焼いたりできます。

また、普及率の高いMP3形式なので、ウォークマン、スマホ、パソコンなど、ほぼ全ての音楽デバイスで再生出来ます。

Amazon音楽のデメリット

支払い方法が限られる

音楽ファイルを買う時に使えるのは、クレジットカードかAmazonギフト券です。

Amazonの通販だと、代金引換やコンビニ払いが出来るんですが、ダウンロード購入の場合はそれらが使えません。

音楽だけでなく電子書籍やソフトをダウンロード購入した時も同じです。

ダウンロードは1回だけ

過去、ダウンロードは1回だけで、再ダウンロード不可の時期がありました。

今は、何度でも再ダウンロード可能です。

検索すると、今でもダウンロード回数は1回だけと書いてあるサイトもあるので間違えないようにしましょう。

キャンセル返品が出来ない

音楽を買うとキャンセルすることは出来ません。

間違えて購入しないように、事前に曲名を確認しておきたいですね。

音楽の買い方

Amazonのサイトで買いたい音楽を検索します。

曲の検索

音楽が表示されたら、あとは価格が書かれたボタンをタップするだけ。

アーティスト

最後に注文確定ボタンを押して完了です。

注文の確定ボタン

曲のダウンロード

注文するとそのままダウンロードの画面が表示されます。

スマホの場合

AndroidならGoogleストア、iPhoneならAppストアに行って「Amazon Music」をインストールします。

アプリを起動したら、画面下の[マイミュージック]ボタンをタップし、購入済みリストから曲を再生できます。

パソコンの場合

選択肢が2つ出てきます。

  • AmazonMusicをインストールする
  • 音楽ファイルを直接ダウンロードする

普段使っている音楽プレイヤーで再生したいなら直接ダウンロードを選びます。

Amazonのプレイヤーソフトで再生したい時はインストールを選んでください。

参考
https://setuyaku-up.com/loss-cdrental/

スポンサーリンク

シェアする