弱冷房除湿と再熱除湿の見分け方【リモコンを見て判別】

各メーカーごとに、弱冷房除湿と再熱除湿の見分け方を紹介します。

リモコン見るだけで、どちらの除湿方法なのかを判別できます。

推測じゃなく、確実に見分けたい人は次の2つを試してください。

  • 紙の説明書を見る
  • 型番で検索してネットで説明書を見る

↓2つの除湿の違いを簡単にまとめました。

弱冷房除湿再熱除湿
室温を下げて除湿室温を下げずに除湿
弱い冷房が動き続ける気温が高くて室温が低いときは止まる
電気代が安い電気代が高い

富士通のノクリア

見分け方

「機能」を押して「除湿モード」が出なければ、「弱冷房除湿のみの機種」だと予想できます。

除湿の機能

ソフトクール除湿(弱冷房除湿)
→弱冷房+除湿で程よい涼しさ

ひかえめ除湿
→最初はソフトクール除湿が行われ、冷えると除湿のみに切り替わる(寒くなりにくい)

今回調査したバージョン↓です。

AS-X22J、AS-X25J、AS-X28J、AS-X40J2、AS-X56J2、AS-X63J2、AS-X71J、AS-X80J2

三菱の霧ヶ峰

見分け方

除湿モードのときに▲ボタンを押して、10%ずつ設定が切り替わるなら、再熱除湿に対応した機種だと予想できます。

除湿の機能

再熱除湿
→湿度を10%ずつ設定できる

3モード除湿(弱冷房除湿)
→弱冷房除湿のパワーを3段階から選べる
→強くするほど室温が下がる

今回調査したバージョン↓です。

MSZ-ZWシリーズ、MSZ-ZXVシリーズ

シャープのエアコン

見分け方

J-Xシリーズは再熱除湿に対応していません。

※けっこう色んな機種を調べたんですが、どれも未対応でした

機能について

電力ひかえめ
→各エアコン機能の電力を50%に抑える機能。除湿の種類とは関係なし

今回調査したバージョン↓です。

J-Xシリーズ

ダイキンのエアコン

見分け方

除湿ボタンを押して「除湿」と出れば、再熱除湿。
冷房中に、湿度の▼ボタンを押して、「除湿冷房」と出れば、弱冷房除湿。

除湿の機能

メニューボタン>本体運転設定>除湿自動切替

「入」にすると、自動切替が有効になります。
室温が高いとき、自動的に弱冷房除湿になります。

「切」にすると、再熱除湿のまま固定されます。

今回調査したバージョン↓です。

Rシリーズ

パナソニックのエオリア

見分け方

リモコンの[除湿切替]ボタンを押して、除湿モードにすると再熱除湿。
冷房除湿モードにすると弱冷房除湿。
衣類乾燥モードの動作内容は不明。

除湿の機能

除湿
→設定湿度(しつど)になるように湿度(しつど)を下げる

冷房除湿
→設定温度(おんど)に近づくまでは冷房で冷やし、近づいたら湿度(しつど)を下げる

衣類乾燥
→部屋に人がいないとき用の設定。温度や湿度は細かく設定できない。

今回調査したバージョン↓です。

WXシリーズ

東芝の大清快

東芝のエアコンは「弱冷房除湿のみ」でした。
「再熱除湿」はありません (今回調査した機種) 。

RAS-E225P、RAS-F281M、RAS-4058V、RAS-2819T、RAS-2258V、RAS-E225R、RAS-F221M、RAS-2219T、RAS-F221R

以上、弱冷房除湿と再熱除湿の見分け方でした。エアコンの電気代を節約したいときは「弱冷房除湿」が有効です。参考にしてください。