漫画が1番高く売れる宅配買取を調べた【同じ本を売ってみた】

『買取サイトよ、決着をつけよう』

ドン!

漫画が1番高く売れる宅配買取

買ってくるぞ!

同じ本を買いまくってきました。
今回は5社を比較するので5冊ずつです。

以下の5サイトに売ります。

  • ブックステーション
  • もったいない本舗
  • ネットオフ
  • 買取王子
  • BUY王

今回売ったものは20アイテム

ゲーム3本とコミック17冊の、合計20アイテム売ります。

買取条件を満たすためにゲームを混ぜています。

ラグナロクオデッセイ

ゲームも同じ種類で統一しました。

ダンボールは自分で用意した

梱包キットを頼まず、自分でダンボールを用意しました。

表向きは「梱包キットを頼んでも査定額は変わらない」ことになっていますが、自分で用意したほうが高く売れそうなので、自分で用意しました。

※BUY王だけは「自分でダンボールを用意すると査定額300円アップする」と書いてあります

結果は……。

1番高かったのはネットオフ

同じ漫画

結論だけ言うと、1番高く売れたのはネットオフでした。

これは意外な結果でした。
前回「ゲームが1番高く売れる宅配買取」のときに、ネットオフが微妙な結果だったからです。

結果まとめ

ネットオフ20点で5465円
買取王子20点で3331円
もったいない本舗20点で3000円以下
ブックステーション20点で3000円以下
BUY王2ヶ月放置
(これを書いてる今も放置)

ネットオフ

今回は、ボーナスがつかない売り方をしたのに、高く売れました。

ネットオフはボーナスによる査定額アップが魅力です。ボーナスがつく売り方をすれば、もっと高く売れていたと思います。

ブックオフと同じ会社(大手企業)なので安全性が高いです。「絶対に詐欺にあいたくない」人には1番おすすめです。

買取王子

漫画セット

かなり頑張ってくれました。

買取王子のメリットは次の2つです。

  • 1点から売れる
  • 発売3ヶ月以内の書籍は定価30%保証

買取王子のメリットを最大限に活かすなら、以下の流れになります。

  1. 新作の書籍を買う
  2. その1冊を売る
  3. 定価30%の買取保証がつく

今回は買取王子のメリットを活かせなかったですが、宅配買取のポテンシャルは高いです。

もったいない本舗

売値はまぁまぁです。

もったいない本舗のメリットは雑誌が売れることです。
2010年以降に発行された&厚さが2cm以内のものです。

週刊少年ジャンプとかは売れません。

ブックステーション

売値はまぁまぁです。
売るときの手順が面倒くさいです。

  1. スマホで申し込む
  2. いったん買取資料を送られてくる
  3. 自分で電話して集荷を頼む
  4. 集荷をして貰う

他の4サイトは、申し込むだけで集荷してくれます。

BUY王

査定が遅いです。
現在進行系で放置されてます。

追記
査定結果のメールから5ヶ月後に入金されました。買取金額は3000円以上だったので高く売れましたが、査定が遅いのでおすすめしません。

以上、漫画が1番高く売れる宅配買取サイトを調べた結果でした。
漫画を売るときの参考にしてください。

消される前に見てね(興味がある人向け)

「密約を結んでない」ので、記事が消される可能性があります。

とくにBUY王はTwitterで少し検索すると、ひどい評判が沢山ヒットします。

それなのに「宅配買取 スピード査定」とかで検索すると、グーグルの1位に表示されてます。

「密約を結んでない」の意味

ユーチューバーで言うところの「案件」ではないってことです。

有名ブロガーになると、企業のほうから案件が来ます。
「体験レポート記事を書いてください」
みたいな感じです。

案件利用しても本当の査定額はわかりません(その時だけ高く査定するかもしれない)。

このブログは体験の案件は1つもないです。生の情報に近いと思います。

査定額の注意点

今回の結果は、あくまで私が売ってみた時点のデータです。

買取サイトには、それぞれ得意な商品があります。
タイミングによって査定額が大幅に変わります。

ゲーム比較のときはネットオフが安かったのに、漫画を混ぜたらネットオフが1番高くなったことからも、何を売るかで1番高く売れるサイトは変わります。

今回の結果は、あくまでも参考程度の査定額だと思ってください。